「聞く」”hear”と”listen to”の違いとその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「聞く」”hear”と”listen to”の違いとその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“hear”は自然と耳に入ってくる音に使う

マイク
I heard a strange noise outside.
外から変な音が聞こえたな。
リョウ
Can you hear me?
私の声が聞こえますか?

 

“hear”は意識しなくても自然と耳に入ってくる音に対して使われます。

2つ目の例文の場合だと、自然に聞こえるほど自分の声が十分に出ているかというようなニュアンスになるわけです。

 

進行形では使わないよ

マイク
I’m hearing someone coming.
誰がくるのが聞こえる。

 

このように”hear”を進行形にして使うことはしません。

アメリカ英語であれば、”I hear”と現在形にして使いますし、イギリスであれば”I can hear”と”can”と一緒に使うことが多いです。

 

 

“listen (to)”は集中して聞こうとするときに使う

マイク
I heard them talking upstairs, but I didn’t really listen to their conversation.
彼らが上で話しているのは聞こえたけど、別に会話の内容は聞こうとしなかったよ。
アイヴァン
I didn’t hear the phone because I was listening to some music.
音楽を聞いてたらから電話が鳴ったのは聞こえなかったわ。

 

一方で”hear”は無意識に自然と聞こえてくるものに使うのに対して、“listen (to)”は意識的に耳を傾けて聞く場合に使われます。

さらに言うと”hear”と比較して行動的でもあります。

1つ目の例文の場合だとおそらく注意深く彼らの会話の内容を聞こうとすれば聞けたということがうかがえます。

だから”listen”を使う場合、集中して聞こうとするイメージを与えることになるんですね。

 

“listen”と”listen to”

リョウ
Listen (to me)!
聞いて!

 

目的語を省略して使うこともあり、その場合は前置詞の”to”も一緒に省きます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、「聞く」”hear”と”listen to”の違いとその使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。