紹介、「仕方ないよ。」と言いたいときの必修フレーズ3選!どうしようもないときは、今日からこららのフレーズを使おう!

「仕方ないよ。」と英語で伝えたいときは、”I can’t help it.”と言います。今の状況を良くしたいけど、どうしてもできないときに使える便利な英会話フレーズです。

 

まずは、二人の会話を見てみましょう。

ナオミ
You’re losing weight, aren’t you? I think you’ve been working too much lately.
痩せてきてない?最近働きすぎだと思うよ。
マイク
I can’t help it. I have a big project now.
仕方ないよ。今大事なプロジェクトがあるんだ。

 

 

 

1:”I can’t help it.”の意味

“help”は動詞で「~を助ける」という意味です。人を助けるときにしか、使わないイメージですが、上の会話のような状況のときに使います。

今回のフレーズを直訳すると、「私はそれを助けることができない。」となりますが、どうすることもできないというところから意訳して「仕方ないよ。」となります。

 

 

我慢したいけど、できないときも使える

ダイエット中で、大好きな食べ物を目の前にしたときは、どうしても我慢できなくなるときってありますよね。そういうときもこのフレーズが使えます。

ダイエット中の友人がケーキを美味しそうに食べていて…

ナオミ
I thought you were on a diet.
ダイエット中だと思ってた。
アイヴァン
I can’t help it. This is so yummy, you know.
仕方ないじゃん。これすっごい美味しいんだよ。

 

 

省略して使うこともできる

実際の会話では、主語の”I”を省略して”Can’t help it.”を言うことがよくあります。ただ、カジュアルな使い方になりますので、場をわきまえて使いましょう。

 

 

過去の話なら”could”を使おう

紹介しているフレーズは現在のことに対して、使われるけど、過去の話をするときは”can”の過去形”could”を使って、”I couldn’t help it.”と言いましょう。

 

 

2:状況がどうしようもないことを伝えるなら、”It can’t be helped.”

自分のどうにかしたいけど、どうにもできないときは、”I can’t help.”ですが、状況がどうにもできないときは、”It can’t be helped.”を使いましょう。

“can’t”の発音が難しい!、という方は、”It cannot be helped.”と言いましょう。”I can’t help it.”は自分の意志が入りますが、”It can’t be helped.”は、自分の意志は入りません。

 

アイヴァン
Hey, can you stop shaking your legs?
貧乏ゆすりやめてくれる?
マイク
It can’t be helped. This is my habit.
仕方ないじゃん。これは僕の癖なんだ。

 

 

3:どうしようもない気持ちを表現するなら、”Oh well”

もう起きてしまったことに、「しょーがないか、しゃーない」のように、どうしようもない気持ちを相手に表現したいとき、ありますよね。

そういうときは、”Oh well”を使います。これは”wow”や”oh”と同じく、間投詞と呼ばれるものなので、どうしょーもない感情を込めながらいうと、よりいいですよ。

 

マイク
Hey, your house is on fire.
おい、お前の家燃えてるよ。
リョウ
Oh well… Wait! Seriously!?
しゃーないね。って、マジで!?

 

 


 

いかがでしたか?機会があれば是非使ってみてくださいね。それでは、また会いましょう!

 

 

友達と「遊ぶ」や「ぶらぶるする」を英語で言うと?今日からすぐ使える「遊ぶ」フレーズ5選!

2018.03.01

「努力する」を英語で何て言う?簡単な単語で表現できるネイティブがよく使うフレーズ5選!

2018.02.13

英語で「雰囲気」="atmosphere"ではありません!「雰囲気」と言いたいときに必ず使える日常英単語3選

2017.01.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

旅行英会話からビジネス英会話まで会話で役立つ情報はもちろん、海外に住んでいるからわかる旬な情報も配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

運営者:RYO。大阪出身。大学在学中に、フィリピン留学とオーストラリアのワーキングホリデーを2年間経験。その後フィリピンに渡り、KLab株式会社にて1年間翻訳兼通訳者として勤務。4年間hanasoオンライン英会話で教材開発、講師、カンセリング、カスタマーサポートを従事。 最後は、Alue株式会社にて大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修をコーディネート。海外滞在歴約9年。現在は、独立しRYO英会話教室を中心に個人事業を展開中。