「ネコ好き」や「イヌ好き」の英語とその関連表現3選

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、「ネコ好き」や「イヌ好き」の英語とその関連表現3選についてお話します。

この記事を読めば、猫派か犬派についてスムーズに話せるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

「ネコ好き」や「イヌ好き」を英語で言うと?

cat person

マイク
Are you a cat person or a dog person?
猫好きですが?それとも犬好きですか?

 

dog person

マイク
I think I’m more of a dog person.
どちらかと言うと犬好きかな。

 

そのまま訳すと猫人間?犬人間?と意味不明ですが、”dog/cat person”で犬や猫が好きな人のことを表現できます。

 

“lover”と”people”と入れ替えれるよ

リョウ
There are more dog people than cat people.
猫派の人より犬派の人のほうが多いよ。
ナオミ
She’s a dog lover.
彼女は犬派だね。

 

“person”の他にも複数名詞の”people”や、また”lover”を代わりに使うことができますよ。

あと独身女性でたくさん猫を飼っている人のことを”cat lady”と呼んだりします。

 

フレーズ3選で表現してみよう

1. “prefer A to B”

アイヴァン
I prefer cats to people.
私は人より猫が好き。

 

人と比べるんかい!ツッコミ入れていただけてたら嬉しいですが、“prefer A to B”で「BよりAを好む」という意味です。

 

2. “like A better”

ナオミ
I like dogs better.
私は犬派だよ。

 

“I like A better.”もよく使われますね。

“better”の直後には”than 〜”が正しくはきますが会話上明確なので省かれることが多いです。

 

3. “If I had to say, 〜”

スタローン
If I had to say, I’m a cat person.
どちらかといえば、猫好きかな。

 

どちらが好きか聞かれたときには”If I had to say, 〜”をサラっと言えるとかっこいいですね。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が「ネコ好き」や「イヌ好き」の英語とその関連表現2選についてでした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。