3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

シチュエーション別!「もし〜ならどうする?」の英語表現10選と具体例

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!今日は「もし~ならどうする?」という仮定のシチュエーションで使える英語表現についてお話しします。英語の会話では、仮定の質問をすることで、相手の意見や対策を引き出すことができます。例えば、旅行の計画を立てるときやビジネスでのリスク管理など、さまざまな場面で役立ちます。

このブログ記事では、以下の内容を詳しく説明します:
  • 基本的な英語表現
  • カジュアルな表現
  • 丁寧な表現
  • ネイティブがよく使う表現
  • 実際の会話例

各セクションでは、それぞれの表現の使い方と具体的な例文を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。これらの表現をマスターして、英語でのコミュニケーション力をさらに高めましょう!

 

 

無料トライアル実施中

基本の英語表現

What if…?

「What if…」は、仮定の状況を提示する際によく使われるフレーズです。この表現を使うことで、相手に対して特定の状況が起こった場合にどう対応するかを尋ねることができます。以下に具体的な例文とその解説を紹介します。

例文

  • What if it rains tomorrow?
    • 日本語訳:もし明日雨が降ったらどうする?
    • 解説:この例文では、「もし明日雨が降ったら」という仮定の状況を提示し、その場合の対応策について尋ねています。

使い方のポイント

  • 可能性を示す:何かが起こる可能性について質問する際に使います。
  • 未来のシチュエーション:未来の出来事についての仮定を述べるのに適しています。
  • 柔軟な応用:日常会話からビジネスシーンまで、幅広い場面で活用できます。

他の例文

  • What if we miss the bus?
    (もしバスに乗り遅れたらどうする?)
  • What if I forget my lines during the presentation?
    (プレゼン中にセリフを忘れたらどうする?)

このように、「What if…」は非常に使い勝手が良く、さまざまなシチュエーションで活用できる表現です。次に、カジュアルな表現について見ていきましょう。

音声付き例文

友人へ…

リョウ
Do you wanna go to the beach this Saturday?
今週の土曜日に海に行かない?
アイヴァン
Sure, but what if it’s cloudy?
いいよ、でも曇りだったらどうする?

 

 

ポジティブなことネガティブな内容両方に使える!

“what if ~?”のif以降の内容には、ポジティブなことネガティブなこと両方入れても大丈夫です。

例えばネガティブなことなら…

リョウ
What if nobody comes to my birthday party?
僕の誕生日パーティーに誰も来なかったらどうしよう?

 

 

ポジティブなことなら…

リョウ
What if you have another chance?
もう一度チャンスがあるならどうする?

 

 

可能性の高いこと低いことに使える

“what if ~?”を使って、可能性の高いことや低いことを相手に問いかけることもできます。可能性の高いことを言う場合は、if以降に現在形の文を置きます。反対に可能性の低いことを相手に伝える場合は、if以降に過去形の文を置きます。

滞在先のリゾートホテルの外に出て..

リョウ
Did you bring your phone with you?
携帯持って来た?
アイヴァン
No, I left it in our room.
いや、部屋に置いて来たよ。
リョウ
What if someone stole it? You have to be careful.
誰かが盗んだらどうするの?気をつけないといけないよ。

 

 

“stole”と過去形にすることで「誰かが盗む」ことは可能性が低いということが伝わりますね。

過去形には2つ使い方がある!

過去形は”I went to bed at 11.”「11時床に就きました。」のように物理的な過去の時間を伝えるときにも使います。またif以降の”stole”のように、それとは別に可能性の低いこと、実現しないようなことにも使ったりすることができるんです。

“What if 〜?”の形は省略されている

“what if”と聞くと文法的にどうなっているのか分かりにくいですよね。実はこの形省略されています。もともとは、“What are you/am I going to do if ~?”という形です。それが会話では省略して”What if ~?”という形になります。

 

 

カジュアルな表現

Suppose…

「Suppose…」は、カジュアルな会話で使われる仮定の表現です。このフレーズを使うことで、仮にある状況が発生した場合にどうすべきかを尋ねることができます。「What if…」よりも少し柔らかい印象を与える表現です。

例文

  • Suppose we miss the train. What should we do?
    • 日本語訳:もし電車に乗り遅れたらどうする?
    • 解説:「Suppose」を使うことで、「もし電車に乗り遅れたら」という仮定の状況をカジュアルに提示し、その場合の対応策を尋ねています。

使い方のポイント

  • カジュアルな仮定:友人や同僚とのカジュアルな会話でよく使われます。
  • 柔軟な質問形式:未来のシチュエーションや起こりうる出来事について柔軟に質問できます。
  • 簡単な確認:「Suppose」を使うことで、相手に特定の状況を想定してもらいやすくなります。

他の例文

  • Suppose it rains during the picnic. What will we do?
    (ピクニックの最中に雨が降ったらどうする?)
  • Suppose we don’t get the job. What’s our backup plan?
    (仕事が決まらなかったら、次の計画はどうする?)

このように、「Suppose…」はカジュアルでありながら、具体的な仮定の状況を提示するのに非常に便利な表現です。次に、丁寧な表現について見ていきましょう。

 

 

丁寧な表現

In case…

「In case…」は、仮定の状況を丁寧に伝えるための表現です。このフレーズを使うことで、特定の状況が発生した場合の対応策を丁寧に尋ねることができます。ビジネスシーンやフォーマルな場面でもよく使われます。

例文

  • In case you need help, what should we do?
    • 日本語訳:もし助けが必要な場合、どうしますか?
    • 解説:「In case」を使うことで、相手に対して「もし助けが必要になった場合」という仮定の状況を丁寧に提示し、その際の対応策を尋ねています。

使い方のポイント

  • 丁寧な仮定:ビジネスやフォーマルな会話で適しています。
  • 対応策の確認:何かが起こった場合の対策や手順を確認するのに便利です。
  • 事前の準備:「In case」を使うことで、事前に状況に備える意図を伝えることができます。

他の例文

  • In case it rains, what should we do about the outdoor event?
    (もし雨が降った場合、屋外イベントはどうしますか?)
  • In case you cannot attend the meeting, who will take your place?
    (もし会議に出席できない場合、誰が代わりに出席しますか?)

このように、「In case…」は丁寧でありながら、明確に仮定の状況を伝えるのに非常に役立つ表現です。次に、ネイティブがよく使う表現について見ていきましょう。

 

 

ネイティブがよく使う表現

Let’s say…

「Let’s say…」は、ネイティブスピーカーが日常会話でよく使う仮定の表現です。このフレーズを使うことで、仮にある状況が発生した場合にどうするかを自然に尋ねることができます。カジュアルな場面からビジネスシーンまで幅広く使用できます。

例文

  • Let’s say you get lost. What would you do?
    • 日本語訳:仮に迷子になったら、どうする?
    • 解説:「Let’s say」を使うことで、「仮に迷子になったら」というシナリオを提示し、その場合の対応策を尋ねています。非常に自然で使いやすい表現です。

使い方のポイント

  • 自然な仮定:カジュアルな会話からフォーマルな場面まで幅広く使えます。
  • 具体的なシナリオ:相手に具体的な状況を想像させ、その場合の行動を考えさせることができます。
  • 応用範囲の広さ:「Let’s say」を使うことで、どんなシチュエーションでも自然に仮定を提示できます。

他の例文

  • Let’s say we arrive late. What should we do then?
    (仮に遅れて到着したら、どうする?)
  • Let’s say the project fails. What’s our next step?
    (仮にプロジェクトが失敗したら、次のステップはどうする?)

このように、「Let’s say…」はネイティブらしい自然な表現で、相手に仮定の状況を提示しやすいフレーズです。次に、会話の具体例を見ていきましょう。

 

 

会話の具体例

友人同士の会話

A:What if we can’t find a taxi?
B:We can always use a ride-sharing app.

日本語訳

A:タクシーが見つからなかったらどうする?
B:いつでもライドシェアのアプリを使えるよ。

解説:この会話では、「What if…」を使って仮定の状況を提示し、友人間での対策を話し合っています。Bは代替案としてライドシェアアプリの使用を提案しています。

ビジネスシーン

A:In case the client changes their mind, what’s our backup plan?
B:We have a secondary proposal ready.

日本語訳

A:クライアントが考えを変えた場合、バックアッププランはどうしますか?
B:第二の提案を用意しています。

解説:この会話では、「In case…」を使って、クライアントが考えを変えた場合の対策について話し合っています。Bは、すでに第二の提案を用意していることを伝え、対応策を示しています。

これらの具体例を通じて、仮定の状況での英語表現がどのように使われるかを実際の会話で確認できます。次に、記事のまとめに移りましょう。

 

 

まとめ

おさらい

今回の記事では、「もし~ならどうする?」という仮定の質問をするための英語表現を紹介しました。以下に、それぞれの表現のポイントをまとめます。

  • What if…?
    • 何かが起こる可能性を示す基本的な表現。
    • 例:What if it rains tomorrow?(もし明日雨が降ったらどうする?)
  • Suppose…
    • カジュアルに仮定の状況を表現。
    • 例:Suppose we miss the train. What should we do?(もし電車に乗り遅れたらどうする?)
  • In case…
    • 丁寧な仮定の質問をする際に使用。
    • 例:In case you need help, what should we do?(もし助けが必要な場合、どうしますか?)
  • Let’s say…
    • ネイティブらしい自然な仮定の表現。
    • 例:Let’s say you get lost. What would you do?(仮に迷子になったら、どうする?)

これらの表現を使い分けることで、状況や相手に応じた適切な仮定の質問ができるようになります。

練習問題

次に、いくつかのシチュエーションを提示します。これらの状況に対して、適切な表現を使って質問を作成してみましょう。

シチュエーション:あなたが友達と旅行を計画していますが、飛行機がキャンセルされた場合を考えています。

質問例:What if our flight gets canceled?
(もし飛行機がキャンセルされたらどうする?)

シチュエーション:同僚とプロジェクトの進行について話していますが、重要なデータが紛失した場合を想定しています。

質問例:In case we lose the important data, what’s our plan?
(重要なデータを失った場合、どうする?)

シチュエーション:家族と週末のピクニックを計画していますが、天気が悪くなる場合を考えています。

質問例:Suppose it rains during the picnic, what should we do?
(ピクニックの最中に雨が降ったら、どうする?)

シチュエーション:ビジネスミーティングで、プレゼンがうまくいかない場合の対策を考えています。

質問例:Let’s say the presentation doesn’t go well. What would be our next step?
(プレゼンがうまくいかなかったら、次のステップはどうする?)

これらの練習問題を通じて、実際の状況で使える英語表現を身につけてください。英語の会話力を高めるために、これらの表現を日常的に練習してみましょう。質問や感想があれば、ぜひコメントしてください!

 

 

最後に

今回紹介した「もし~ならどうする?」という仮定の英語表現を使って、英語の会話力をさらに高めてください。これらの表現は、日常生活やビジネスシーンなど、さまざまな場面で役立つものです。ぜひ、練習して実際の会話で使ってみてください。

また、質問や感想があれば、ぜひコメント欄にお寄せください。皆さんのフィードバックをお待ちしております!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム