「もう帰るね」の英語表現4選とその使い方【帰り際に】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「もう帰るね」の英語表現4選とその使い方【帰り際に】についてお話します。この記事を読めば帰り際の会話がよりスムーズになります。それではまいりましょう。

 

 

「もう帰るね」を英語で言うと?

「もう帰るね。」と英語で伝えたいときは”I’m leaving now”と言います。退社するときによく使う便利な英会話フレーズです。まずは二人の会話を見てみましょう。Here we go!

別れ際に…

ナオミ
I’m leaving now. See you tomorrow.
もう帰るね。また明日。
マイク
All right. Take care.
わかった。気をつけてね。

 

 

 

「もう帰るね」って未来のことなに進行形なわけ

このフレーズでは現在進行形が使われていますが、「今していること」を表しているのではなくここでは「確実に未来に起こること」を表します。この場合では、実際に行っている最中ではなく「行くこと」が確実に起こるから現在進行形が使われているのです。その他にも同じ意味で”I’m off now.”と言うこともできますよ。”off”は副詞で「離れて」という意味があります。

 

 

“I’m leaving.”を違う場面でも使ってみよう

退社するときだけでなく友人との別れ際や家を出る際も使うことができます。その場合の意味はもちろん「帰るね。」や「もう行くね。」という意味になります。それでは二人の会話を見てみましょう。Here we go!

パーティーで…

マイク
Hey, I’m leaving now. Thank you for inviting me tonight.
ねぇ、もう行くね。今日は招待してくれてありがとう。
リョウ
Thank you, too. Let’s do this again sometime.
こちらこそありがとうね。また今度集まろう。

 

 

 

似たような表現3選

似たような表現をいくつか紹介しておきます。それぞれニュアンスが若干違うので、そのあたりを意識して音読をしましょう。

I’m going home now.「そろそろ帰るね。」

日本語の意味は同じですが、”go home”がついているので、家に帰るときに使う「そろそろ帰るね。」です。”I’m leaving now.”は、家に帰る意味で言っているかもしれないしただその場を去る意味で言っている場合があります。

 

 

I should get going now./I have to go now.「そろそろ行かなくちゃ。」

こちらは義務のニュアンスが入ります。

 

 

It’s time to go home.「帰る時間だ。」

こちらは、時計を見たあとや時間を意識したいときに言う表現です。

 

 

「帰る」に関連する記事

ネイティブがよく使う「仕事を終えて帰る」の英語表現とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「もう帰るね」の英語表現4選とその使い方【帰り際に】でした。それでは、また会いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出