3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

直前!「まさに~するところだった」を英語で表現する方法【前置詞aboutを活用】

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”about”で「まさに~するところだった」の英語表現とその使い方についてお話します。この記事を読めばさらに表現力がアップします。それではまいりましょう。

 

 

英語表現

was about to…

電話で…

スタローン
Hello, Jacob. How have you been?
やぁ、ジャコブ。元気してた?
ジャコブ
Hey, I was about to call you.
やぁ、ちょうど電話をかけるところだったんだ。

 

 

英語で「ちょうど~するところだったんだ。」と言いたいときは過去形で”I was about to ~.”を使います。何かしようとしていたけど、結局しなかったときによく使う便利な英会話フレーズです。

“Be about to” は、「まさに〜しようとしている」という意味で、直後に何かが起こることを示す表現です。このフレーズは、非常に近い将来に予定されているアクションやイベントについて話すときに使用されます。”Be about to” の後には、基本形の動詞が来ます。

使用例

  • “I am about to leave the house.”
    (私はまさに家を出ようとしています。)
  • “She is about to start her new job.”
    (彼女は新しい仕事を始めようとしています。)

この表現は、直接的な行動の前や、何かが始まる直前の状況を強調するために便利です。

aboutの品詞

“be about to” の構成における “about” は前置詞(preposition)です。

通常、前置詞の直後には不定詞を置くことはできませんが、”be about to” は固定されたフレーズであり、特定の意味を表すために例外的にこの構造が用いられます。この表現は「〜する直前である」または「まさに〜しようとしている」を意味し、前置詞 “about” の後に動詞の原形を伴う “to” (不定詞を作るための “to”)が来る特殊なケースです。

したがって、”be about to” の “about” は文法的な慣用句の一部として機能し、英語の一般的な規則「前置詞の後には不定詞を置かない」には当てはまりません。このフレーズは、即座に起こりそうな行動や出来事を指し示す際に使用されます。

“about”のコアイメージをしろう

aboutには「周辺」というコアイメージがあります。上の例文で言うと「電話をかけるために周辺にいた。」→「まさに電話をかけるところだったんだ。」となります。

 

 

無料トライアル実施中

“be going to do”との違いは?

友人から電話がかかってきて…

リョウ
I was going to call you now.
今君に電話を掛けようとしていたところだよ。

 

 

いつ電話するか聞かれて…

リョウ
I’m going to call him tomorrow.
彼に明日電話する予定です。

 

 

be going to

  • 意味: 「〜するつもりである」「〜する予定である」。未来の計画や意図、または確実性がある出来事を示します。
  • 使用例: “I am going to visit my grandparents next weekend.”(来週の週末に祖父母を訪れるつもりです。)
  • ニュアンス: 計画や意図、または将来的な出来事の予測。”be going to” は “be about to” よりも広範囲の未来を指すことができ、即時性はそれほど強くありません。

まとめ

  • 即時性: “be about to” は直近の未来、つまり何かが「今すぐにでも」起こりそうな状況を表すのに対し、”be going to” は将来の計画や予定、予測に使われ、即時性はそれほど強くありません。
  • 用途: “be about to” はその場で間もなく発生する行動や出来事に限定されますが、”be going to” はより広い範囲の未来をカバーし、計画や意図を示すのに適しています。

これらの違いを理解することで、未来に関する正確なニュアンスを表現する際に適切なフレーズを選択できます。

 

 

似た英語表現

Was about to” に似た英語表現としては、直前に何かをしようとしていた状況を示すいくつかのフレーズがあります。これらの表現は、予定していた行動が何らかの理由で中断されたか、または実行直前の状況を示す際に役立ちます。

1. 表現: “Was going to”

  • 例文: “I was going to call you, but I got busy.”
  • 和訳: 「あなたに電話しようと思っていたんだけど、忙しくなってしまった。」
  • 解説: “Was going to” は、「〜するつもりだった」という意味で、計画されていたがまだ実行されていない行動を示します。

2. 表現: “Was on the verge of”

  • 例文: “He was on the verge of leaving when he received an important call.”
  • 和訳: 「彼は出かけようとしている寸前で、重要な電話を受け取った。」
  • 解説: “Was on the verge of” は、「〜する寸前だった」という状況を強調し、何かが実際に起こる直前の瞬間を表します。

3. 表現: “Was just about to”

  • 例文: “She was just about to eat dinner when someone knocked on the door.”
  • 和訳: 「彼女はちょうど夕食を食べようとしていたときに、誰かがドアをノックした。」
  • 解説: “Was just about to” も「まさに〜しようとしていた」という意味で使われ、”was about to” に非常に近いニュアンスを持ちますが、“just” が加わることでその瞬間がより直接的に迫っていることを示します。

4. 表現: “Was ready to”

  • 例文: “They were ready to start the project, but the funding was cut.”
  • 和訳: 「彼らはプロジェクトを始める準備ができていたが、資金がカットされた。」
  • 解説: “Was ready to” は、「〜する準備ができていた」と表現し、何かを始める直前の準備完了を示します。

これらの表現はすべて、予定されていたがまだ実行されていない行動や、実行直前の状況を伝える際に有用です。それぞれ微妙なニュアンスの違いがあるため、状況に応じて適切な表現を選ぶことが重要です。

 

 

関連語彙

1. Just before

  • 例文: “The call came just before I was about to leave.”
  • 和訳: 電話がかかってきたのは、ちょうど私が出かけようとしていた直前でした。
  • 解説: 「Just before」は「直前」を直接的に表す表現で、特定の行動や出来事の直前に何かが起こったことを示します。

2. Moments before

  • 例文: “Moments before the accident, everything seemed normal.”
  • 和訳: 事故の数瞬前、すべてが普通に見えました。
  • 解説: 「Moments before」は、非常に短い時間の「直前」を指し、しばしば予期せぬ出来事や重大な変化の直前の状況を強調します。

3. On the verge of

  • 例文: “He was on the verge of tears when he heard the news.”
  • 和訳: 彼はそのニュースを聞いたとき、涙を流そうとしている寸前でした。
  • 解説: 「On the verge of」は、感情的な反応や特定の行動を起こそうとする「直前」の状態を示す際に使用されます。

4. On the brink of

  • 例文: “The company was on the brink of bankruptcy.”
  • 和訳: その会社は破産の寸前だった。
  • 解説: 「On the brink of」は、何か重大な出来事や変化が起ころうとしている「直前」を表すのに使われ、しばしば危機的な状況や大きな転機を示します。

5. Seconds before

    • 例文: “Seconds before the explosion, a strange noise was heard.”
    • 和訳: 爆発の数秒前、奇妙な音が聞こえました。
    • 解説: 「Seconds before」は、文字通り数秒の「直前」を指し、直前の瞬間に何かが起こったことを示すのに用います。

 

 

 

 

aboutに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”about”で「まさに~するところだった」の英語表現とその使い方についてでした。機会があれば是非使ってくださいね。それでは、また会いましょう。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム