今日から使える!「なんとか~できたよ」を英語で何て言うと?

英語で「なんとか〜できたよ。」と伝えたいときは、”I managed to ~.”と言います。

困難だったり、大変な状況の中、工夫したり努力してやりとげたときに使える便利な英会話フレーズです。

 

まずは二人の会話をみてみましょう。

友人の昨日の飲み会について話していて…

リョウ
What time did you leave the bar last night?
昨晩は何時にバーを出たの?
マイク
Around 12. I managed to catch the last train.
12時あたりかな。なんとか終電に間に合ったよ。

 

 

 

“manage to 〜”には努力のニュアンスが入る

“manage”は動詞で、「〜を管理する」という意味です。

“to”は不定詞で、未来志向を表し、「〜に向かって」のようなニュアンスを含みます。

先にあることに向かって、管理している状況が、「なんとか〜できました」という意味になるイメージです。

 

 

“was able to 〜”も同じように使える?

同じような表現として、過去形で”was able to 〜”「〜することができた」がありますが、「努力をした」というニュアンスは入りません。

なので、単に「できたこと」を伝えたいときに使いましょう

また、”can”の過去形”could”「〜できた」がありますが、こちらは、過去の1回のできたというニュアンスがなく、過去の継続的な能力を伝える時に使います。

“was able to”と”could”の違いについては、下の記事をご覧ください。

中学では学べない!"was able to"と"could"の違いと使い方

2017.04.22

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

機会があれば、是非どんどん使って行きましょう。

それでは、See you again!

 

 

【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

2018.07.10

「努力する」を英語で何て言う?簡単な単語で表現できるネイティブがよく使うフレーズ5選!

2018.02.13

会話力アップ!"I know you ~."の意味と使い方!

2017.05.10
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中