確実な成果を出すならRYO英会話ジム

「That」の驚きの副詞用法:「そんなに〜だとは思わなかった」を英語で表現する方法

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「そんなに〜だとは思わなかった」の英語表現についてお話します。この記事を読めば自分の意見をサラっと伝えることができるようになります。それではまいりましょう。

 

 

「そんなに〜だと思わなかった」を英語で言うと?

まずは二人の会話を見てみましょう。

友人とある映画について話していて…

マイク
I watched “Ghostbusters” last night. It was so good. I want to watch that again.
昨晩「ゴーストバスターズ」を見たんだ。すごい良かったよ。また見たいな。
リョウ
Really? I didn’t think it was that good. It was even boring.
マジで?そんなにいいとは思わなかったな。それどころか退屈だったよ。

 

 

「そんなに〜だと思わなかったよ。」と英語で伝えたいときは、”I didn’t think it was that 〜.”と言います。相手に自分の意見を伝えたいときに使える便利な英会話フレーズです。

使う場面

このフレーズは、以下のシチュエーションで役立ちます:

  1. サプライズや意外性の表現:
    • 例:映画について話しているとき、「I didn’t think it was that interesting.」と言って、期待していたよりも興味深かったことを示します。
  2. 期待と異なる結果の説明:
    • 例:友人の料理について、「I didn’t think it was that spicy.」とコメントすることで、予想外に辛くなかったことを伝えることができます。
  3. 謙虚な否定を使ったフィードバック:
    • 例:仕事のプレゼンテーション後、上司からの質問に対して「I didn’t think it was that clear.」と答えることで、さりげなく自分の表現が分かりやすくなかったかもしれないという考えを伝えます。

このフレーズを使うことで、自分の感想や意見を相手に対して柔らかく、かつ明確に伝えることができます。また、具体的なシチュエーションや対象をフレーズ中の「〜」の部分に入れることで、コミュニケーションがより効果的になります。

 

 

無料トライアル実施中

“I think that ~.”の意味

「I think that~」の構文は自分の意見を表現する際に頻繁に使用される表現です。ここでの「think」は「考える」という動詞で、具体的には「~と思う」という意味になります。このフレーズの基本形は「I think that ~」であり、「that」は接続詞として機能し、「~ということ」と訳されます。また、日常会話では「that」が省略されることが多いです。

例えば、過去形の否定文「I didn’t think that it was that ~」では、「that」が二度登場しますが、最初の「that」は「~ということ」という意味の接続詞です。この表現を理解し、適切に使いこなすことは、英会話スキルを向上させる上で非常に役立ちます。

 

 

副詞の”that”の意味と使い方

副詞”that”を使った例文をいくつか紹介します。

友人から新しくできたお店の料理がすっごい美味しかったと聞いて…

マイク
Was it that delicious?
そんなにおいしかったの?

 

 

友人から、英会話に対して、すごい難しいイメージがあると言っていて…

マイク
It’s not that difficult to speak English.
そんなに英語を話すのは難しくないよ。

 

 

 

この文脈での二番目の「that」は、代名詞や接続詞ではなく、副詞としての役割を果たしています。具体的には、「そんなに」という意味で、形容詞や副詞を強調してその程度を表します。

例えば、「good」(良い)という形容詞を修飾して、「そんなに良い」と表現する場合に用いられます。一般的には代名詞としてのイメージが強い「that」ですが、副詞や接続詞としての用途もあるため、この多様な用法を理解しておくことが重要です。

副詞「that」の例文

  • 英文: “He isn’t that interested in sports.”
    • 和訳: 彼はスポーツにそんなに興味がない。
  • 英文: “The movie wasn’t that good, honestly.”
    • 和訳: 正直、その映画はそんなに良くなかった。
  • 英文: “She didn’t think the test was that difficult.”
    • 和訳: 彼女はその試験がそんなに難しいとは思わなかった。
  • 英文: “It’s not that far from here to the station.”
    • 和訳: ここから駅まではそんなに遠くない。

 

 

 

 

thatに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「そんなに〜だとは思わなかった」の英語表現についてでした。それではまた会いましょう!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム