「すぐに〜します」の英語とその関連表現2選

こんにちは、リョウです。

今日は、「すぐに〜します」の英語とその関連表現2選についてお話します。

この記事を読めば、さらに表現力がアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

「すぐに〜します」を英語で言うと?

それでは早速アイヴァンとリョウの会話を聞いてみましょう。

  • 日常会話
アイヴァン
You haven’t washed the dishes yet.
まだお皿洗ってないんだね。
リョウ
Don’t worry. I’ll do it right away.
大丈夫。すぐにやるよ。

 

  • ビジネス会話
スタローン
Your e-mail had no attachment.
メールに添付ファイルがついてなかったよ。
リョウ
Sorry, I’ll do it again right away.
すみません、すぐに送り直します。

 

 

このように「すぐに〜します」を英語で言う場合、”I will do 〜 right away.”となります。

 

 

意思を表す場合は”will”を使う

ここでは、意思を表す助動詞”will”を使います。会話では省略して”will”は”ll”となります。

未来の予定を表す”be going to”でもいいじゃない?って思う方もいるかと思いますが、この場合は”will”が自然です。

なぜなら、“will”はそのときに思ったことを未来に向けて「必ず〜する」という意味を表すからです。

“be going to”はそのときに思ったことをというよりそれ以前に考えいたことを予定として行う場合に使います

なので、”I’m going to do it right away.”だと、すでに予定していたことを相手にイメージさせる言い方になります。

 

 

その他に使える「すぐに」の副詞

“immediately”も使える

スタローン
I’ll send a report to you immediately.
君にレポートをすぐに送るよ。

 

“right away”「ただちに」の変わりに”immediately”も同じ意味で使うことができます。

何が違うかというと、“right away”は比較的カジュアルな表現で、その一方で”immediately”はフォーマルな表現になります。

なのでビジネスシーンで使うなら、特に会議や上司でも直属以上の場合は、”immediately”を使ったほうがよいでしょう。

 

 

“right now”も使える?

リョウ
I’ll be there right now.
すぐにそこへいきます。

 

“right now”も同じ意味で使えそうですが、少しニュアンスが変わります。

今は「今すぐ」になるので、「今」やるんです。

でも”right away”は、今やるのではなく、今から少し経ってからです。

この少しというのは人によって時間差はあるかと思いますが、1分から数分のレベルだと思っていいかと思います。

なので似たような意味では使えますが、同じ意味として使えません。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、「すぐに〜します」の英語とその関連表現2選についてでした。

それでは、See you around!

 

 

【初級から中級】超効率的に英会話フレーズを暗記するならhanaso英会話スクールがオススメ

2019.01.08

【初級〜中級対象】おすすめしたい無料で使える英語学習アプリ3選

2018.07.31

英会話初心者の人が必ず読んでおきたいフレーズ本4選

2018.06.11

「いいね!」で
最新情報を受け取る

他の人に教えてあげる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中