3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「これから3日間お願いします」を英語で上手に伝える方法

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。日本では、何かを始める際や協力を求める時に「これから3日間よろしくお願いします」というフレーズをよく使います。この一言には、相手に対する敬意と期間限定でのサポートを求める気持ちが込められています。しかし、この日本固有の表現を英語でどのように伝えたら良いのか、迷うこともあるでしょう。この記事では、その英語表現とその使い方をわかりやすく解説していきます。それではまいりましょう。

 

 

「英語表現と使う場面の解説

このフレーズは英語で “I’m looking forward to your support for the next three days.” や “Please support me for the next three days.” と表現できます。

仕事のプロジェクト、イベントの準備、または特定のタスクに取り組む際に同僚や友人に協力を求める状況で使われます。使用頻度は高く、特にチームワークを要するシチュエーションで重宝されるフレーズです。

for the next 〜の意味

同僚へ…

リョウ
I’m going to stop drinking for the next year.
これから1年間禁酒します。

 

 

“for the next 〜”で「これから〜」という意味になり、今日から〜までの時間を表すことができます。冠詞”the”を言い忘れてしまいがちなので、しっかりとつけて言うようにしましょうね。

 

 

無料トライアル実施中

例文

  1. “I’m looking forward to your support for the next three days as we work on this project together.”(このプロジェクトを一緒に進める上で、これから3日間あなたのサポートをお願いします。)
  2. “Please support me for the next three days while I finish this task.”(このタスクを終わらせるため、これから3日間サポートをお願いします。)
  3. “Your assistance over the next three days would be greatly appreciated.”(これから3日間のあなたの協力には大変感謝しています。)

 

 

似たような表現

  1. “I’m counting on you for the next three days.”(これから3日間、あなたを頼りにしています。)

期間限定で相手に依存していることを強調する表現です。

  1. “Let’s work closely together for the next three days.”(これから3日間、密に協力しましょう。)

チームワークの重要性を強調し、共同作業を促す表現です。

  1. “Your cooperation for the next three days is essential.”(これから3日間のあなたの協力が不可欠です。)

任務やプロジェクトの成功に向けて相手の協力が必要不可欠であることを示す表現です。

 

 

関連する語彙

Support(サポート)

“Your support is crucial to our success.”(あなたのサポートが我々の成功には欠かせません。)

Assistance(支援)

“I appreciate your assistance with this matter.”(この件でのあなたの支援に感謝します。)

Cooperation(協力)

“We need your cooperation to complete this project.”(このプロジェクトを完了させるために、あなたの協力が必要です。)

 

 

押さえておきたいポイント

  • 相手への敬意を示しつつ、具体的な期間を明示することで、リクエストの明確性が増します。
  • 状況や関係性に応じて、「support」「assistance」「cooperation」などの語彙を使い分けましょう。
  • 相手に感謝の意を示すことで、良好な関係を維持しやすくなります。

 

 

 

 

挨拶に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「これから3日間よろしくお願いします」というフレーズは、日本特有の表現かもしれませんが、その背後にある思いやりと協力を求める心は普遍的です。この記事を参考にして、英語でのコミュニケーションに役立ててください。どんな状況でも、相手に敬意を払い、協力を求める気持ちを伝えることができれば、より良い関係を築くことができるでしょう。以上が「これから3日間よろしくお願いします」の英語表現2選とその使い方でした。それでは、See you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム