「これから3日間よろしくお願いします」の英語表現2選とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は「これから3日間よろしくお願いします」の英語表現2選とその使い方についてお話します。この記事を読めば英語表現がさらにアップします。この「よろしくお願いします」というのは日本語独特なので、場面によってそれに適切な英語の表現も変化していきます。それではまいりましょう。

 

 

「これから3日間よろしくお願いします」を英語で言うと?

マイク
I’m looking forward to working with you for the next three days. 
これから3日間よろしくお願いします。

 

 

ビジネスの場面で、研修や出張などで新しい同僚と働くような場合に使えるフレーズです。ここでの「よろしくお願いします」は、“look forward to -ing”「〜するのを楽しみにしています」を使うのが一番適切です。またポイントとしてこの場合の“to”の直後には動名詞ingがくることを覚えておきましょう。”look forward to -ing”「〜するのを楽しみにしています」についてさらに詳しく知りたい方は下記カードをご覧ください。

ビジネスで使える”looking forward to ~”の意味と2つの使い方

2016年7月26日

 

“for the next 〜”は形で覚えよう

リョウ
I’m going to stop drinking for the next year.
これから1年間禁酒します。

 

 

“for the next 〜”で「これから〜」という意味になり、今日から〜までの時間を表すことができます。冠詞”the”を言い忘れてしまいがちなので、しっかりとつけて言うようにしましょうね。

 

 

「お世話になる」というニュアンスを含ませるなら?

マイク
I would appreciate your support and assistance for the next three days.
これから3日間よろしくお願いします。

 

 

「世話になる」というニュアンスを含めるなら“support”「支援」と”assistance”「手伝い」とまたそれに対して謙虚な気持ちを表して”would appreciate”を使うのがもっとも適切です。”Please take care of me.”と紹介するサイトもあったりしますが、これは日本語を直訳しただけの表現なので英語的には不自然となります。

 

 

挨拶に関連する記事

出会い際の挨拶「やっと会えました」の英語表現2選とその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が「これから3日間よろしくお願いします」の英語表現2選とその使い方でした。それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。