“You’d better + 動詞”の意味とその使い方【shouldとの違いもわかる】

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”You’d better + 動詞”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“You’d better + 動詞”の意味とその使い方

運動せずにどんどん太っていく友人を見て…

ナオミ
You’d better exercise. 
運動したほうがいいよ。

 

責任者マイクを通さずに先に自分に質問されて…

リョウ
I think you’d better ask Mike first.
まずマイクに聞いたほうがいいと思うで。

 

大雨が降る予報が出ていて…

スタローン
You’d better take an umbrella.
傘を持って行ったほうがいいぞ。

 

“You’d better + 動詞”で、「〜したほうがいいよ。」という意味で、特定の行動に対してアドバイスをするときやそうしたほうがいいときによく使われる英語表現です。”You’d”は”You had”の省略形で、会話では基本的にこのように省略されます。

さらにカジュアルになると”had”自体を省き、下記例文のように表現することもよくあります。

リョウ
You better go now.
今行った方がええで。

 

“should”と”had better”の違いは?

「〜したほうがいいよ」の”should”は単なるアドバイスなのに対して、“had better”はアドバイスしたことをしないとマイナスな結果を招くことをほのめかします。

なので緊急性を伴うアドバイスとなります。

 

 

“had best”も使えるよ

または同じ意味で”had best”とも表現することができ、こちらの場合は緊急性を伴いつつも”had better”より柔らかい響を持たせることができます

ナオミ
You’d best be careful next time.
次は気をつけたほうがいいわ。

 

 

“had better”の否定形は”didn’t have better”?

“had better”の否定形ですが、”didn’t have better”とするのではと思いきや、こちらは”will”や”can”などの助動詞と同じように“had better”の前に”not”をおいてあげるだけでよいです。

リョウ
I’d better not tell Ivan.
アイヴァンに言わないほうがいいな。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”You’d better + 動詞”の意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。