短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

ビジネス英語で差をつける!”Wrap Up”の上手な使い方

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。ビジネスシーンで頻繁に耳にする「Wrap Up」という表現。この簡潔で効果的なフレーズは、会議やプレゼンテーションの終わりを告げる時によく用いられます。しかし、その使い方や文脈は多岐にわたります。今回は、この「Wrap Up」の正しい使い方とそのニュアンスについて掘り下げてみましょう。

 

 

使い方

状況1: 会議の終結

「Let’s wrap up this meeting」のように、会議やディスカッションを終了する際に使います。

状況2: 仕事の完了

プロジェクトやタスクの終了を示す際に、「I need to wrap up this project by Friday」と表現することができます。

状況3: まとめ

プレゼンテーションやレポートの結論部分を指す時に、「To wrap up, our findings suggest…」という形で用います。

 

 

例文

なかなか会議で話が進まなくて…

ナオミ
Let’s try to wrap up this meeting by 6.
6時にまでにこの会議を終わらせましょう。

 

 

定時が近づいていて…

マイク
I have to wrap this task up.
この業務を終わらせないと。

 

 

会議に出席していた同僚に…

ナオミ
What time did you wrap up?
何時に終わった?

 

 

会議の始めに…

リョウ
I’d like to wrap up this meeting by 3.
3時までにこの会議を終わらせたいです。

 

 

その他例文

  1. 英文: “We’re almost out of time, let’s wrap up this meeting.” 日本語訳: 「時間がほとんどないので、会議を終わりにしましょう。」
  2. 英文: “I will wrap up the report and send it to you by the end of the day.” 日本語訳: 「そのレポートをまとめて、今日の終わりまでに送ります。」
  3. 英文: “To wrap up, our strategy for the next quarter will focus on digital marketing.” 日本語訳: 「まとめると、次の四半期の戦略はデジタルマーケティングに焦点を当てることになります。」

“wrap up”は「(会議や業務など)を終わらせる」という意味でビジネスシーンでよく使われる英語表現です。馴染みのある単語で表現すると”finish a meeting/work”ですね。また2つ目の例文”wrap this task up”のように目的語を間に挟むこともできます。代名詞(itやthem)の場合は”wrap it up”のように真ん中にしかおけないので注意が必要です。

他にもいくつか意味がある”wrap up”ですが、あともう一つよく使われる意味を紹介すると「(プレゼントなどを)包む」ですね。これはイメージつきやすいと思いますが、ラップするなんてよく日本語ではいいますがこの”wrap”から来ています。それをイメージするともう2つ目の意味は覚えられたも同然ですね。

 

 

似たような表現

これらの表現は「Wrap Up」と同じように、ビジネスのさまざまな状況で役立つフレーズです。それぞれの文脈やニュアンスを理解して使い分けることで、より効果的なコミュニケーションが可能になります。特に「Conclude」はフォーマルなシチュエーションで、「Finish up」はよりカジュアルまたは日常的な作業の終わりを示すのに適しています。一方、「Sum up」は、重要なポイントを簡潔に伝えるのに最適な表現です。

これらの表現を適切に使い分けることで、ビジネスシーンにおいて自信を持って、そして明確にコミュニケーションを取ることができるでしょう。

Conclude

(結論づける)

解説: 「Conclude」は、フォーマルな状況で話の終わりや結論を示す際に使います。ビジネスプレゼンテーションや公式なレポートの最後によく使用されます。

  • 英文: “To conclude our meeting, I’d like to reiterate the importance of meeting our sales targets for the next quarter.”
  • 日本語訳: 「会議を結論づけるにあたり、来四半期の販売目標を達成することの重要性を再確認したいと思います。」

Finish up

(終える、仕上げる)

解説: 「Finish up」は、仕事や活動の完了を示す際に使われるカジュアルな表現です。日常的な業務やプロジェクトの終わりに適しています。

  • 例文: “I just need to finish up this email, then I’m free for lunch.”
  • 日本語訳: 「このメールを仕上げるだけで、その後はランチに行けます。」

Sum up

(要約する)

解説: 「Sum up」は、話の要点を簡潔にまとめる時に用いられます。会議やディスカッションでの主要なポイントを簡潔に伝える際に役立ちます。

  • 例文:To sum up, we need to focus on improving customer satisfaction.”
  • 日本語訳: 「要約すると、私たちは顧客満足度の向上に注力する必要があります。」

 

 

関連する語彙

これらの関連語彙は、ビジネスコミュニケーションにおいて重要な役割を果たします。それぞれの語彙は異なるニュアンスを持ち、ビジネスのさまざまな状況で使い分けることができます。例えば、「Finalize」はプロジェクトや契約の最終的な決定に用いられ、「Conclude」はディスカッションや会話のフォーマルな終結を表します。一方、「Summarize」は、長い議論やミーティングの要点を簡潔に伝えるのに適しています。これらの表現を適切に使いこなすことで、より効果的でプロフェッショナルなコミュニケーションが可能になります。

Finalize

(最終決定する)

  • 例文: “Let’s finalize the contract procedures to get everything in place.”
  • 日本語訳: 「全てを整えるために、この契約の手続きを最終決定しましょう。」

Conclude

(結論づける)

  • 例文: “We need to conclude this discussion and move on to the next step.”
  • 日本語訳: 「このディスカッションを結論付けて、次のステップに進みましょう。」

Summarize

(要約する)

  • 例文: “Please summarize the key points of the meeting for the minutes.”
  • 日本語訳: 「議事録のために、会議の重要な点を簡潔にまとめてください。」

 

 

押さえておきたいポイント

「Wrap Up」はビジネスシーンで非常に便利な表現ですが、その使い方は状況によって異なります。フォーマルなビジネスミーティングでの使用とカジュアルな職場の対話での使用では、トーンやニュアンスが変わることを意識することが大切です。また、このフレーズを使用する際は、聞き手が話の終わりや要点を理解できるよう、明確かつ簡潔に伝えることが重要です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

会議に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上、ビジネス英語でよく使われる「Wrap Up」の使い方についてご紹介しました。日常の業務や会議でこのフレーズを使って、効率的かつプロフェッショナルなコミュニケーションを目指しましょう。この記事が皆さんのビジネス英語の理解を深める一助となれば幸いです。

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース