3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「Used to」と「Would」の違いと使い分けマスター!英語学習者必読のガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「Used to」と「Would」は、英語学習者にとって混乱しやすい表現ですが、正しく使えると会話がより豊かになります。今回はこれらの表現の違いと使い方に焦点を当ててみましょう。ぜひ今後会話の幅を広げるために使ってほしいと思います。それでは一つづつ見ていきましょう。

 

 

“used to 〜”は以前の習慣

最近ゴルフを始めた友人から…

マイク
Have you ever played golf?
今までにゴルフしたことある?
リョウ
Actually I used to play golf, but now I’m into basketball.
実は、以前ゴルフをよくしてたんだけど、今はバスケットボールにハマってるんだ。

 

 

“used to 〜”で「以前よく〜した」という意味を表す助動詞。ポイントは過去によくしていたことつまり習慣を表すときに使うんですが、今はもうしていないことをニュアンスに含みます。このように過去と現在を対比します。

 

動作と状態、両方に使う

“used to”の後ろにおく動詞は、動作を表す動詞( go, get, takeなど )を置くこともできるし、また、be動詞や”love”、”feel”といった状態を表す動詞を置くこともできます。例文を二つ用意したのでどうぞ。

本はよく読むか聞かれて…

リョウ
I used to go to a library.
以前よく図書館に行っていました。

 

 

性格を聞かれて…

マイク
I used to be shy.
以前は恥ずかしがり屋だったんだ。

 

 

There used to be 〜.

“there is/are 〜.”「〜がいます、があります」と新情報を伝えるときに使うこのフレーズ。これに対して“used to”と一緒に使われることも多いです。”There used to 〜.”「以前〜いました、ありました。」と言いたいときに使います。このフレーズが役に立つ場面を会話にしてみたのでどうぞ。

友人と地元を歩いていて、以前公園だった場所にアパートが立っていて…

ナオミ
There used to be a park here. I often played tag with friends.
ここ以前は公園だったんだ。よくおにごっこをして遊んだな。
マイク
Oh, you had a time like that, too.
へー、君にもそんな頃があったんだね。

 

 

疑問文や否定文の形

“used to”をもちろん疑問文や否定文で使うことができるのですが過去形の疑問文や否定文と同じ形です。“used”の”ed”の部分を省きましょう。例えば”I used to live in Canada.”という文をそれぞれ、疑問文や否定文にすると、下の例文のようになります。このように”ed”を省きます。ちなみに”used to”も”use to”も、発音は同じです。

カナダの写真をやたらと持っていて…

リョウ
Did you use to live in Canada?
あなたは以前カナダに住んでいましたか?

 

 

カナダに住んでいたか聞かれて…

リョウ
I didn’t use to live in Canada.
以前カナダに住んでいません。

 

 

Did you used to 〜?とI didn’t used to 〜

ネイティブの中には、そのまま、”ed”を残して、”Did you used to 〜?”と”I didn’t used to 〜.”の形を使う人もいますが、厳密に言うと文法的に間違いですが会話では使われることがあります。

 

“be/get used to -ing”と勘違いしないように

同じような形で”be/get used to -ing”がありますが、こちらは、「〜するのに慣れている、慣れる」という意味になるので、今回紹介している”used to”とはまったく違う意味になります。それぞれしっかりと使い分けられるようにしておきましょう。

英語が上手だと言われて…

マイク
I’m used to speaking in English.
英語を話すのに慣れてるんだ。

 

 

先生へ…

リョウ
I’m getting used to speaking in English.
英語を話すのに慣れてきたよ。

 

 

 

無料トライアル実施中

wouldは昔よくしたことを懐かしむ

「Would」も過去の習慣や状態を示すのに使いますが、「Used to」と異なり、特定の状況や条件下での繰り返し行動を表現します。助動詞”will”の過去形”would”も過去の習慣を表して「よく〜した」という意味です。特徴として昔よくしていたことを懐かむときに使います。

子供のときの話になり…

リョウ
Whenever I visited my grandmother, she would cook Okonomiyaki.
おばあちゃんの家に遊びに行ったとき、彼女がよくお好み焼きを作ってくれたな。

 

 

フォーマル

“used to”と比較して過去の習慣を表す”would”はライティングで使われることが多いです。よって”used to”よりフォーマルな響になります。

 

動作には使えるけど状態には使えない

“would”と”used to”は同じような意味で使うことができますが、決定的に違う部分があります。それは”would”は動作を表す動詞には使えるけど、状態を表す動詞とは一緒に使えないのです。だから下の例文のように、状態を表す動詞”love”と一緒に使うことはできません。“used to”はOKです。

マイク
When I was little, I would be shy around strangers .
小さい頃、人見知りだったんだ。

 

 

wouldのその他の使い方

今回紹介している過去の習慣的な行為に対してつかう”would”ですが、意味はそれだけではありません!すでにご存知かもしれませんが“would”は”will”の過去形なので、「過去の推量」に使ったり、また”if”と一緒、あるいは単体で仮定法、そして丁寧な依頼として使ったりできます。

過去の推量

マイク
Ryo said that he would go to Europe next month.
リョウが来月にヨーロッパに行くって言ってた。

 

 

仮定法

リョウ
If I were you, I would tell him the truth.
もし僕が君なら、彼に真実を伝えるだろうな。

 

 

  • 単体で仮定法
マイク
I would think that she didn’t like the food you made.
おそらく彼女はあなたが作った料理が気に入らなかったんだろう。

 

 

丁寧なリクエスト

アイヴァン
Would you mind passing me the salt, please?
塩を取っていただけますか?

 

 

 

過去形で過去の習慣を表現

“would”や”used to”の使い方、めんどくさーい、って感じるかたは、シンプルに過去形で過去の習慣を表すこともできます。ビギナーの方におすすめです。例文を用意したのでどうぞ。

子供のころよくしたことを聞かれて…

リョウ
I often watched TV, when I was little.
小さい頃、よくテレビを見てました。

 

 

海に久々に遊びに来て…

ナオミ
I often went to a beach when I was a kid. 
子供のころよく海に行ったんだ。

 

 

 

関連する語彙

Accustomed to

  • After living in the city for years, she became accustomed to the noise.
  • 都会に何年も住んでいた彼女は、その騒音に慣れてしまいました

In the habit of

  • He is in the habit of exercising before breakfast.
  • 彼は朝食前に運動する習慣があります。

Frequently

  • They would frequently travel to different countries for business.
  • 彼らは仕事で頻繁に異なる国々に旅行していました。

 

 

押さえておくべきポイント

否定文と疑問文の変化

「Used to」は否定形や疑問文では「didn’t use to」になりますが、「Would」は「would not」または短縮形で「wouldn’t」となります。

時間の視点

「Used to」は過去の経験や習慣に焦点を当てますが、「Would」は過去の特定の状況や条件下の行動の繰り返しに焦点を当てます。

 

 

 

 

関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「Used to」と「Would」の違いを理解し、適切に使うことで、あなたの英語表現力は飛躍的に向上するでしょう。過去の状態や習慣を伝える際に、これらの表現を巧みに使って、より自然な英語会話を楽しんでくださいね!それでは、See you next time!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム