”stuck in traffic”の意味とその使い方

毎月100名様限定

毎月100名様限定

こんにちはリョウです。

今日は”stuck in traffic”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば英語の表現力がさらにアップします。

それではまいりましょう。

 

 

”stuck in traffic”の意味とその使い方

待ち合わせに遅刻して…

マイク
Sorry, I was stuck in traffic.
ごめん、渋滞にハマってたんだ。

 

帰宅途中の妻が夫に電話をして…

ナオミ
Are you almost home?
もう家の近く?
マイク
Yeah, but I’m stuck in traffic.
うん、でも渋滞にハマってるよ。

 

いつも何時に帰宅するか聞かれて…

リョウ
I hate getting stuck in traffic. So I usually go home after rush hour.
渋滞に巻き込まれるのが大嫌いなんだ。だからラッシュアワーの後に帰るんだ。

 

夫から電話がかかってきて…

スタローン
I’ll be home late. I’m stuck in traffic.
家に帰るの遅れるよ。渋滞にハマってるんだ。

 

いかがでしたでしょうか。“stuck in traffic”で「渋滞にハマった」という意味で、交通渋滞で身動きが取れなくなったときによく使われる英語表現です。少しフレーズを分解してお話すると”stuck”は過去分詞で「ハマった」状態のことをいい、”traffic”は「交通」ですね。交通の中にハマったということになりますね。例文を見るとわかりますがよくbe動詞やまた動詞getと使われることが多いです。

また”traffic jam”という単語も「交通渋滞」という意味ですが、こちらを使って“get stuck in a traffic jam”と言うこともできますよ。とくに大きな違いはありません。例文の中でも使っている”rush hour”という単語は、渋滞を話すシーンでもよく使われるので一緒に覚えておきましょうね。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が”stuck in traffic”の意味とその使い方でした。

それではSee you around!

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。