“stab in the back”の意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”stab in the back”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。それでは、まいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

“stab in the back”の意味とその使い方

友人が裏で自分の愚痴を言っていて…

マイク
I don’t want to be friends with him anymore. He really stabbed me in the back.
彼とはもう友達やめたいな。まじで騙されたわ。

 

友人が別れたばかりの元彼と付き合っていて…

アイヴァン
I can’t believe that she stabbed me in the back.
彼女が私を裏切るなんて信じられないわ。

 

芸能界で活躍する友人が…

スタローン
you need to expect to be stabbed in the back many times if you work in this world.
この世界で働くならはめられることなんて日常茶飯事だぜ。

 

“stab in the back”は、「背中をさす」というそのままの意味ではなくもちろんイディオムなので意味は「裏切る」です。特に友人関係で使われることが多いです。

“stab”は動詞として紹介していますが、こちら名詞で表現することもできます

信用していた同僚にポジションを奪われて…

リョウ
It was a real stab in the back.
マジで裏切りだったね。

 

友人がFacebookの友達リストから自分を削除していたことを知り…

ナオミ
I feel like a stab in the back
裏切られた気分。。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”stab in the back”の意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。