”split the check”の意味とその使い方【お会計時に重宝する】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”split the check”の意味とその使い方【お会計時に重宝する】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”split the check”の意味とその使い方【お会計時に重宝する】

友人4人で食事に来ていて、お会計時に…

アイヴァン
Let’s split the check. It’s 45 dollars.
割り勘にしよう。45ドルだよ。

 

デートから帰ってきた息子に…

ロバート
Did you treat her to dinner?
彼女に夕食をおごったか?
マイク
No, we split the check.
いや、割り勘にしたよ。

 

前回おごってくれた知り合いとまた夕食をして…

アイヴァン
It’s on me today.
今日は私がおごるわ。
ウィル
No, let me pay this time.
いや、今回は僕に払わせてよ。
アイヴァン
Okay, then let’s split the check.
わかった、じゃあ割り勘にしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。split the checkは「割り勘にする」という意味で、レストランやバーなどお会計の際にお勘定を半分にするときによく使われる英語表現です。時制についてはsplitは過去形でも同じ形なので2つ目の例文のように文脈で判断しましょう。checkは「お勘定」という意味ですが、同じ意味でbillというのもあります。何が違うかというと、checkはアメリカ英語で、billはイギリス英語となります。それぞれ国によって使い分けましょう。イディオム表現で、go dutchで「割り勘にする」という意味もあります。さらに詳しい内容については”go dutch”の意味とその使い方をご覧ください。

「割り勘する」に関して、さらに詳しい内容はお会計がスムーズ「割り勘にしよ」の英語とその関連表現4選をご覧ください。また例文で紹介していますが「おごる」は〜 on me(店のおごりは”on the house”になります)やtreat someoneを使います。こちらに関しても詳しくは”〜 on me”の意味とその使い方【飲み会で使える】よりご覧ください。

 

 

「割り勘」に関連する記事

「この料金はなんですか?」の英語表現とその使い方【お会計で使える】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”split the check”の意味とその使い方【お会計時に重宝する】でした。それではSee you around!

コーチング型ジム系オンラインスクール
無料トライアル実施中

99%の人が知らない「英会話の成功法則」で英語力が2倍速進化します。まずは気軽に無料トライアルからお試いただけます

こんな方へ
・講師からのフィードバックが適当
・取り組むべき課題がわからない
・なんとなくの英語学習から抜け出したい
・抽象的なことしか言えない
・不自然な英語になってしまう
・話すと文法がめちゃくちゃ
・TOEICは高得点だけど話せない
・仕事で使える英語力がほしい

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界トップのアウトプット
・発言内容はすべて見える化
・発言内容の添削とフィードバック
・時間のかかる予習は不要
・話せる成功法則に沿ったレッスンフロー
・とことん寄り添うパーソナルコーチング

コンサルテーションでは課題と目標をご相談してあなたのニーズにあった体験レッスン(評価とフィードバック付き)をご提供中!

最速進化して気持ちまで自由に
短期集中プラン【人気No.1】

到達可能なレベルにフルコミットして最短50日〜最長6ヶ月で最も効率的に成長をフルサポートします

こんな方へ
・周りと圧倒的な差をつけたい
・周りが認める英語力がほしい
・近々海外で働く予定がある
・会社で英語を使う必要がある
・昇進に英語力がどうしても必要

妥協を許さない集中プラン
・最高102時間のアウトプット強化
・発言内容の見える化 X 添削
・専属の講師とコンサルタント
・レベルに合わせたカリキュラム作成
・課題と目標がわかるスピーキングテスト
・心強い定期的なコンサルテーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出