“sooner or later “の意味とその使い方

無料コンサルと体験レッスン実施中

無料コンサルと体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”sooner or later “の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“Sooner or later “の意味とその使い方

彼女と付き合って3年になる友人が最近海外勤務が決まり…

リョウ
Sooner or later, I have to tell her.
近いうちに彼女に話さないといけないな。
マイク
I’m worried that sooner or later his business will fail.
彼のビズネスがいずれ失敗するのが心配だよ。
ロバート
Sooner or later, you have to face the fact.
遅かれ早かれ君は事実と向き合わないといけないよ。

 

“sooner or later”は、「近いうちに」や「そのうち」、「早かれ遅かれ」という意味で、特定した日はわからないけど遠い未来ではなく近い未来にあることが起こることを伝えたいときによく使われるイディオム表現です。

 

 

“eventually”も覚えておこう

“sooner or later”と同じ意味として使えるのが副詞の”eventually”です。

ナオミ
Eventually she will find out your mistake.
そのうち彼女は君のミスに気づくよ。
アイヴァン
I’ll be graduating from school eventually.
近いうちに大学を卒業するよ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”sooner or later “の意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

「いいね!」で
最新情報を受け取る

友人にシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
海外に通用する本物の英語を身につけて、自信や自由を手に入れたい人を応援するためRYO英会話ジムを運営中。「使える英語」の専門家として活動しています。セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業。現在はマニラを拠点にして海外を旅しています。

KLab株式会社にて翻訳兼通訳者として勤務。オンライン英会話hanasoに転職後、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。さらに講師やカンセリングにも従事。Alue株式会社へ転職後、部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。