3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

Rumor has it that + 主語 + 動詞の意味とその使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”Rumor has it that + 主語 + 動詞”の意味とその使い方についてお話します。この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。それではまいりましょう。

 

 

“Rumor has it that + 主語 + 動詞”の意味とその使い方

友達が別れたことを聞いて…

マイク
Rumor has it that she cheated on him.
うわさでは彼女が浮気したらしいよ。

 

 

ある同僚の話をしていて…

リョウ
Rumor has it that Jake is leaving the company.
うわさではジェイクは会社をやめるらしいよ。

 

 

“Rumor has it that + 主語 + 動詞”は、「うわさでは〜らしい」という意味で、事実かどうか不確かではあるけれど、聞いたことや読んたことに対して誰かに伝えるときに使われる英語表現です。またそのうわさについては、過去、現在そして未来の事柄のいずれかを指します。

“rumor”の代わりに”word”(この場合、人が発言したこと)や”legend”(伝説はたいてい事実でなかったりする)を使ってもよいですよ。どちらもうわさと同じようなニュアンスがその意味にあります。

クラスメイトが…

ナオミ
Word/legend has it that Fred is seeing Kate.
フレッドがケイトと付き合ってるってうわさされてるよ。

 

他にも同じ意味でいくつか表現することができます。例えば”rumor”を動詞の受け身として使って、“It’s being rumored that 〜.”と表現したり、また“There is a rumor that 〜.”、そして”There is a rumor going around that 〜.”と言うこともできます。これらも合わせて覚えておきましょう。

 

 

 

 

無料トライアル実施中

「うわさ」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”Rumor has it that + 主語 + 動詞”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム