3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ネイティブのように話そう!「not at all」の使い方と発音コツ

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。英語を話す際、「not at all」というフレーズは非常によく使われます。これは「全く問題ない」「とんでもない」といった意味で、礼儀を表す表現として頻繁に登場します。しかし、この短いフレーズの発音にも、ネイティブならではのコツがあります。今回は、その発音方法と使い方を詳しく見ていきましょう。それではまいりましょう。

 

 

“not at all”の意味

まず、”not at all”がなぜ「どうぞどうぞ。」という意味になるかおさらいしておきましょう。“not  ~ at all”で「まったく〜ない」という意味です。“Do you mind if I smoke?”という質問の場合、”not at all.”は”I don’t mind at all.”から来ていて、それを省略して”Not at all.”となります。”mind”は「気にする」という意味で直訳すると「もし私がタバコを吸ったら気にしますか?」となり、それに対して、”I don’t mind at all.”「まったく気にしません。」という意味になり、意訳して「どうぞどうぞ。」となります。

 

 

無料トライアル実施中

聞き取り

ネイティブが発音する”not at all”「全く〜ない」を聞き取るには、ふたつの”t”とその後ろにくる”a”の音のつながりを認識する必要があります。まずは二人の会話を聞いてみましょう!Here we go!

新しい友人とお酒を飲みに行って…

リョウ
Do you mind if I smoke?
タバコを吸ってもいいですか?
アイヴァン
Not at all.
どうぞどうぞ。

 

 

 

「not at all」の発音とそのコツ

  • 発音: [nɔt ət ɔːl]

では、本題の発音の仕方ですが注目したいのは二つの”t”の間にある母音”o”と”a”です。実は”t”が母音にサンドイッチされたとき音が”d”のように発音され、ローマ字で書くと”nodadall”「ナダドール」のようになります。

Tの発音

英語の「t」は、アメリカ英語ではしばしば軽く発音されます。’not’ の t は、舌を上あごに軽く当てる程度で、はっきりとした「t」の音はしません。

リエゾン

‘not’と’at’の間で、t と a の音が自然とつながります。このつながりをスムーズにすることで、より流暢な発音になります。

‘at all’ の強調

フレーズの最後の ‘all’ に強調を置くことで、意味をはっきりさせることができます。

 

 

早口になると?

さらに早口になると、“t”の音が「ラ」のように変わります。

リョウ
Not at all.

 

 

「ナラロー」のように聞き取れましたか?聞き取れなかった場合はもう一度聞き直してみましょう!

 

 

合わせて覚えておきたいリエゾン表現

“I am going to” → “I’m gonna”: 「行くつもりだ」

リエゾンにより「I am going to」は「アイムガナ」と発音され、非常に自然な流れのある表現になります。

“do not know” → “dunno”: 「知らない」

会話では「do not know」が「ダノ」と短縮されることがあります。これもリエゾンの一種です。

 

 

押さえておくべきポイント

  • リエゾンは英語の流暢さを格段に上げる重要な要素です。
  • 「t」の軽い発音や、語のつながりを意識することが大切です。
  • 様々な場面で「not at all」を使って練習し、自然な英語表現を身につけましょう。

 

 

at allに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「not at all」は、英語でのコミュニケーションにおいて重要なフレーズの一つです。今回紹介した発音のコツと使い方をマスターすれば、より自然でネイティブライクな英語が話せるようになるでしょう。日常会話からビジネスシーンまで、さまざまな場で活躍するこのフレーズを、ぜひ活用してください。

以上が今日から聞き取れる!”not at all”のネイティブ発音方法でした。実際に口に馴染むまで何度も繰り返し練習しましょうね。それではSee you again!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム