短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

「My Two Cents」をマスターしよう!日常英会話で役立つ表現ガイド

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。英語学習者の皆さん!今回は、英会話でよく耳にするフレーズ「my two cents」について、その意味と使い方をわかりやすく解説します。この表現を上手に使えば、日常の英会話がもっと豊かで自然になりますよ。それでは、まいりましょう。

 

 

意味

「my two cents」という表現は、自分の意見や考えを謙虚に述べるときに使います。直訳すると「私の2セント(少額の意見)」となり、自分の意見がそれほど重要ではないかもしれないが、というニュアンスを含んでいます。特に議論や会話の中で、自分の考えをさりげなく提供したい時に便利です。

もともとが”my two pennies worth”で、この場合”penny”は”cent”のことで”worth”は「価値」ですね。それが短くなって”my two cents”と表現されることが多くなりました。

 

 

例文

同僚が色々意見を発言した後に…

マイク
You didn’t ask for my two cents, but there are a few things I wanna tell.
僕の意見を求めてなかったけど、いくつか伝えたいことがある。

 

 

服ばかりにお金を使う友人へ…

リョウ
I think you should spend money on books. Well, that’s just my two cents.
本にお金使ったほうがいいと思うよ。まぁ、僕の意見だけど。

 

 

部署の会議で…

ナオミ
Just to add my two cents, but hiring Mike would be a better idea.
僕の意見を加えると、マイクを採用するのはよりいい考えだと思うな。

 

 

その他例文

  1. “Well, that’s just my two cents, but I think we should invest more in marketing.”(私の意見だけど、マーケティングにもっと投資すべきだと思うよ。)
  2. “I’m not an expert, but my two cents is that we should start the project sooner rather than later.”(専門家ではないけど、プロジェクトを早めに始めた方がいいと思うよ。)
  3. “Just to add my two cents, but maybe we could try a different approach.”(私の意見を少し加えるけど、別のアプローチを試してみてはどうだろう。)

 

 

代替表現

For what it’s worth

それが何の価値があるかわからないけど

  • 例文:”For what it’s worth, I believe we should update our software more frequently to stay competitive.”
  • (それが何の価値があるかわからないけど、競争力を維持するためにもっと頻繁にソフトウェアを更新すべきだと思います。)

In my humble opinion

私の謙虚な意見では

  • 例文:”In my humble opinion, starting the meeting earlier could help us manage our time better.”
  • (私の謙虚な意見では、会議を早めに始めることで、私たちの時間管理がより良くなると思います。)

Just a thought

ちょっとした考えだけど

  • 例文:”Just a thought, but maybe we could use social media more effectively to increase our brand awareness.”
  • (ちょっとした考えだけど、ブランド認知度を高めるためにソーシャルメディアをもっと効果的に利用できるかもしれません。)
他にもあるよ

会議で意見を伝えた後に…

マイク
That’s my opinion./thoughts.
それが僕の意見だよ。

 

 

同僚へ…

スタローン
That’s what I think about it.
それがその件について僕の考えていることだ。

 

 

 

関連する語彙

Input

貢献、意見

  • 例:Your input is always valuable.
  • あなたの意見はいつも価値がある。

Feedback

フィードバック、反応

  • 例:I would appreciate your feedback on this report.
  • このレポートに対するあなたのフィードバックをいただければ幸いです。

Perspective

視点、見解

  • 例:His perspective on the issue was quite unique.
  • 彼のその問題に対する見解はとてもユニークだった。

 

 

押さえておくべきポイント

  • 「my two cents」は謙虚な意見の表現です。
  • 他人の意見を尊重しつつ、自分の考えを提供する際に使います。
  • 文脈によっては、軽いアドバイスや提案としても使用できます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

「意見」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。「my two cents」は、英会話で自分の意見を表現するのに非常に便利なフレーズです。この表現を使いこなすことで、より自然で礼儀正しい英語が話せるようになります。ぜひ積極的に使ってみてください!以上が”my two cents”の意味とその使い方でした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース