英語がなかなか話せない方に最適な学習メソッドとは?

JealousyとEnvyの面白いほどわかる違いとその使い方

こんにちはRYO英会話ジムです。今日はJealousyとEnvyの面白いほどわかる違いとその使い方についいてお話します。“envy” and “jealousy”実は2つの異なる意味があることをご存知でしょうか?その違いを探っていきます。それではまいりましょう。

 

 

Envy vs Jealousy

多くの人は、envyとjealousyという言葉をあまり混乱させることなく入れ替えています。アイバンがうらやましい、あるいはアイバンが嫉妬していると言えば、聴衆はほとんどの場合、あなたが伝えようとしているメッセージを理解することができます。

多くの人は、jealousyは自分の持っているものを誰かに取られるのを恐れること、envyは誰かが持っているものを欲しがることだと思っていますが、歴史的な用法を見ると、どちらも「欲しがる」という意味で、他人の所有物を欲しがるという表現では置き換え可能です。

ただし、恋愛感情を表す場合は、”a jealous husband “のように「所有欲にかられる」という意味で使えるのはjealousだけです。

しかし、この2つの単語は異なる意味を持っています。この2つの単語を正確に使い分け、その違いを知っている友達をうらやましがらせたいなら、この記事を読んでみてください。

 

 

envyの意味は?

envy「妬み」とは、誰かが持っているものを手に入れたいと思うことです。それが属性であれ財産であれ、です。妬みには、あなたと他の人の2人だけが必要です。

例えば、他の生徒が試験でいい点を取ったのに、自分は取れなかったからうらやましいと思うかもしれません。

  • Envy は名詞として使うことができます。
アイヴァン
The envy he felt towards his brother getting a new car was apparent.
兄が新しい車を手に入れたことに対する羨望が見て取れた。

 

 

  • また、動詞として使うこともできます。
ウィル
I envied Mike because he got a bike for Christmas and I didn’t.
マイクはクリスマスに自転車をもらったのに、私はもらえなかったから、うらやましい。

 

 

  • envyの形容詞形はenvious
ナオミ
After the ceremony, I was envious of all of Ivan’s accolades.
授賞式の後、私はアイバンのすべての賞賛をうらやましく思った。

 

 

 

jealousの意味は?

feel jealousとは、「すでに持っているもの(特に恋愛的な意味で)に対して脅威、不安、保護を感じること 」を意味します。 envyが2つの当事者を必要とするのに対し、jealousyは3つの当事者を必要とします。例えば、親友の新しい友達に嫉妬するのは、自分が取って代わられるかもしれないと感じるからかもしれません。

  • Jealousは形容詞です。
アイヴァン
My boyfriend gets a bit jealous when I talk to guys he doesn’t know.
私の彼は、私が彼の知らない男子と話すと、ちょっと嫉妬するんだ。

 

 

  • 一方、Jealousyは名詞です。
ナオミ
I couldn’t handle all the jealousy, so after five years of marriage, I asked for a divorce.
私は嫉妬に耐えられず、5年間の結婚生活の後、離婚を申し出た。

 

 

jealousという単語には動詞の形がないことに注意しましょう。

 

 

JealousとEnviousの違いを例文で見てみよう

この2つの言葉のあいまいさは、enviousの代わりにjealousという言葉が文の意味を変えずに使われることがあるが原因です。例えば、次のように言うことができます。

  • The other employees are jealous of the new employee’s success.
  • The other employees are envious of the new employee’s success.

訳:他の社員は新入社員の成功に嫉妬している。
訳:他の社員は新入社員の成功をうらやましがっている。

一方、enviousは、文の意味を変えずにjealousの代わりをすることはできません。例えば、he is a jealous boyfriendは、envious boyfriendと言うのと同じ意味にはならないのです。

これらの言葉を正確に使うために覚えておかなければならないのは、次のようなことです。envy(短い方の言葉)には、2つの当事者が必要です。誰かが持っているものをあなたが欲しいということです。嫉妬(長い方の言葉)には3つの当事者が必要で、自分がすでに持っているものを誰かに取られるかもしれないという脅威や疑念を感じていることを意味します。

 

 

今回話した内容

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

嫉妬に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上がJealousyとEnvyの面白いほどわかる違いとその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出