RYOで学ぶ:パーソナル指導+高品質フィードバック

「試してみても損はない」:「It Can’t Hurt」の便利な使い方

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。日常会話では、さまざまなシチュエーションで相手に安心感を与えたり、提案に対する柔軟な姿勢を示したりするために、「It can’t hurt.」というフレーズがよく使われます。この表現の直訳は「害にはならない」となりますが、実際の使用では「試してみても損はない」「やってみてもいいんじゃない?」といったニュアンスで使われます。今回は、この便利なフレーズの使い方をわかりやすく解説していきましょう。それでは、まいりましょう。

 

 

使う場面

「It can’t hurt.」は、提案やアイデアに対して否定的ではないが、強く肯定するわけでもない中立的なスタンスを示す時に便利な表現です。特に以下のような場面で使用頻度が高まります。

新しいアイデアや提案に対する反応として

相手の提案を受け入れる気持ちはあるが、その結果に対して完全に確信は持てない時に使います。

リスクが低い選択肢を評価する時

何かを試すことによる損失やリスクがほとんどない、または全くない時にこのフレーズを使うと、行動を促すことができます。

 

 

例文

友人が新しいダイエットを試すか悩んでいて…

ナオミ
It can’t hurt to try it.
試したほうがいいわ。

 

 

彼女に今の気持ちを打ち明けるべきか悩んでいる友人が…

マイク
It can’t hurt to tell her how I feel now, right?
僕の今の気持ちを伝えても大丈夫だよね?

 

 

最近部署の予算を削減している同僚へ…

ロバート
It can’t hurt to treat your staff to lunch sometimes.
スタッフにたまにはお昼をご馳走したようがいいよ。

 

 

その他例文

  1. 提案を受け入れる時: “Maybe we should ask for a discount.” / “It can’t hurt to ask.”(「割引を頼んでみてもいいかもしれないね。」「聞いてみても損はないよ。」)
  2. 新しいことを試す勧め: “Should I apply for that job?” / “It can’t hurt to apply.”(「あの仕事に応募してみたらどうだろう?」「応募してみても損はないよ。」)
  3. 意見やアイデアを提案する時: “I think taking a break might help us focus.” / “It can’t hurt to take a short break.”(「休憩を取ることで集中できるようになるかもしれない。」「短い休憩を取ってみても損はないね。」)

 

 

意味と使い方

“It can’t hurt”は、直後によく不定詞を伴って「〜しても問題ない」や「〜したほうがいい」という意味の英語表現です。”should”と似たような意味になりますが、違いとしては“It can’t hurt”は相手または自分がやろうとすることに対して、少し躊躇していたり恐怖心を感じているとに使われます。“hurt”はよく”My leg hurts”「足が痛む」のように肉体的な痛みに対してよく使いますが、今回のように精神的な痛みに対しても使うことができます。

doesn’tやwillなどの使用

また”It can’t hurt”は、doesn’t”や”won’t”、”wouldn’t”そして”couldn’t”などと入れ替えて使うこともよくあります。特に大きな違いはありませんが、確信の度合いが違います。下記のように使い分けるとよいでしょう。“can’t” → “couldn’t”→”doesn’t”→”won’t”→”wouldn’t”

 

 

似た意味の英語表現

No harm in trying.

「試してみることに害はない」という意味で、「It can’t hurt.」と非常に似たニュアンスで使われます

海外留学に行こうか迷っていて…

マイク
There is no harm in trying.
試しても害はないよ。

 

What have you got to lose?

「What have you got to lose?」という表現は、文字通りには「あなたが失うものは何ですか?」という意味になりますが、実際の会話では「試してみて損はないよ」「やってみる価値はあるよ」というニュアンスで使われます。このフレーズは、相手に対して何かを試すよう勧めたり、何か新しいことに挑戦することのリスクが非常に低い、あるいは全くないことを指摘する場合によく使用されます。つまり、その行動を取ることで大きな損失や不利益を被る可能性がほとんどない、だからこそ試してみるべきだ、という意味合いが込められています。

20代の友人が起業するか迷っていて…

リョウ
What have you got to lose?
何も失うものはないよ。

 

Might as well.

「それもまたよし」という意味で、やるべきことが他にない、またはその行動を取ることに対する弱い肯定を示す時に使います。

  • 英文: “It’s already late and we’re not going to finish this project tonight. Might as well go home and get some rest.”
  • 日本語訳: 「もう遅いし、今夜中にこのプロジェクトを終わらせることはできない。だったら家に帰って休んだ方がいい。」

この文では、「Might as well」を使って、現在の状況ではより良い選択肢がないことを示しています。つまり、今夜プロジェクトを終わらせることができないのであれば、休むことが最も合理的な選択だと言っているのです。

 

 

関連する語彙

Feasible

「実行可能な」

「It’s feasible to finish the project within a week.」(1週間以内にプロジェクトを終わらせることは実行可能だ。)

Venture

「冒険する」

「Let’s venture into something new.」(新しいことに挑戦しよう。)

Trial

「試み」

「This trial run will show if our idea can work.」(この試運転で、私たちのアイデアが機能するかどうかがわかる。)

 

 

押さえておきたいポイント

「It can’t hurt.」を使う際は、提案や新しいアイデアに対して柔軟性を持ちつつ、それが必ずしも最善の選択とは限らないことを示す良い方法です。この表現は、相手を尊重しながらも、あまり期待せずに何かを試す価値があることを示す際に役立ちます。

 

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

hurtに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「It can’t hurt.」は、日常生活の中で非常に便利なフレーズです。この表現を使いこなすことで、さまざまなシチュエーションで柔軟かつ積極的な姿勢を保ちながら、新しいことへの扉を開くきっかけにもなります。リスクが低い状況で何か新しいことを試したい時は、ぜひ「It can’t hurt.」を思い出してください。

以上が”It can’t hurt”の意味とその使い方【提案に使える】でした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース