3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

日常英会話で役立つ!「I’m beat.」の使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウです。日々の生活の中で、「疲れた」という感情を表現する必要がありますよね。英語でその感情を伝える簡単で自然なフレーズが「I’m beat.」です。この記事では、このフレーズの意味から使い方、注意点までをブログ風にわかりやすく解説していきます。それでは、まいりましょう。

 

 

意味

「I’m beat.」は、「私は疲れ果てている」という意味を持つ英語の表現です。このフレーズは、身体的または精神的に非常に疲れた状態を示す際に用いられます。直訳すると「私は打ち負かされた」となりますが、日常会話では「とても疲れた」という感覚を表すのに使われます。非公式の状況で使用され、友人や家族など親しい人との会話に適しています。

注意点

このフレーズはカジュアルな表現なので、フォーマルな場面や上司などには使用を避ける方が無難です。身近な人や友人に対して使うことが適しています。

 

 

無料トライアル実施中

使う場面

  1. 長い一日の仕事や学校の後:一日中働いたり、授業を受けたりした後に、疲れを感じたときに使います。例えば、多くの会議に出席した後や、試験勉強を一日中した後などです。
  2. スポーツや運動の後:ジムでの激しいワークアウトの後や、サッカーやマラソンなど、体力を使う活動をした後に、体が疲れた状態を表現するのに適しています。
  3. 活動的な一日の終わりに:観光やハイキングなど、一日中アクティブに過ごした後に使うことができます。体を動かし続けた後の疲労感を表します。
  4. 精神的に疲れたとき:仕事や個人的な問題で精神的にストレスを感じているときにも、「I’m beat.」を使って、その疲れや消耗感を表すことができます。

これらの場面では、カジュアルな環境でリラックスして自分の感情を表現するために「I’m beat.」を使うことが適しています。フォーマルなビジネスの場面や、上司との会話では避けた方が良いでしょう。

 

 

例文

定時になって…

マイク
I’m beat. I’ll leave now.
疲れた。帰るわ。

 

 

友人から飲みに誘われて…

リョウ
I don’t wanna go out tonight. I’m kinda beat.
今夜は外出したくないんや。ちょっと疲れてるわ。

 

 

夫が仕事から帰ってきて…

ロバート
I had a tough day today at work. I’m totally beat.
今日は仕事が大変だったよ。ヘトヘトだわ。

 

 

その他例文

  1. 仕事の後で: “After working a 12-hour shift, I’m beat.”
    • 和訳: 「12時間のシフトを終えた後、もうへとへとだ。」
  2. 運動の後で: “Just ran 5 miles. I’m beat.”
    • 和訳: 「たった今、5マイル走った。くたくただ。」
  3. 一日の終わりに: “What a day! I’m beat and ready to hit the bed.”
    • 和訳: 「なんて日だ!もう疲れ果てたよ、寝る準備はできてる。」

 

 

返答のバリエーション

これらの返答は、誰かが「I’m beat.」と言ったときに共感を示し、励ましや解決策を提供するために使うことができます。それぞれの返答は、相手への思いやりとサポートの意志を表現するものです。

“Me too. Let’s call it a day.”

和訳: 「私もだよ。今日はこれでおしまいにしよう。」

解説: この返答は、相手が疲れていると言ったときに、自分も同じように感じていることを示し、一緒にその日の活動を終える提案をしています。

“You should take a rest. Want some coffee?”

和訳: 「休んだ方がいいよ。コーヒーはどう?」

解説: このフレーズは、相手に休息を取ることを勧めるとともに、気遣いを示してコーヒーを提供することで、さらに気分をリフレッシュさせる提案をしています。

“Sounds like you need some sleep!”

和訳: 「寝る必要がありそうだね!」

解説: こちらの返答は、相手が疲れていることを認識し、最も効果的な休息方法として睡眠を取ることを勧めています。

 

 

“I’m beaten”はダメ?

正解はダメではありませんが、使われる場面が違います。”beat”は「負かす」や「繰り返し叩く」という意味の動詞としても使えますので、過去分詞”beaten”を使うと”I’m beaten.”で「負けた」という意味になります。そして今回紹介している”I’m beat.”の”beat.”は形容詞で「疲れた」という意味で使われています。ただし、ややこしいのですがアメリカでは”beaten”の代わりに”beat”を使うこともあるので、そのあたりは混同しないように文脈から判断しましょう。

友人へ…

マイク
Dodgers was beat last night.
ドジャースは昨晩負けたよ。

 

 

 

実践的な練習問題

問題: 以下の状況で「I’m beat.」を使って表現してみましょう。

  1. 長時間のドライブの後。
  2. 一日中観光した後。
  1. 長時間のドライブの後
    • 解答: “After that long drive, I’m beat. I need to stretch and rest.”
    • 和訳: 「その長いドライブの後、もうへとへとだ。伸びをして、休む必要がある。」
  2. 一日中観光した後
    • 解答: “We’ve been sightseeing all day; I’m beat. Let’s find somewhere to sit down.”
    • 和訳: 「一日中観光してきたから、もう疲れた。どこか座れる場所を探そう。」

 

 

似た表現

I’m exhausted.

例文: “I’ve been studying for exams all week. I’m exhausted.”

和訳: 「試験勉強を一週間ずっとしてきた。もう疲れ果てたよ。」

解説: 「I’m exhausted.」は「私は疲労困憊している」という意味で、「I’m beat.」と同じく、非常に疲れている状態を表します。こちらは特に精神的、身体的な疲労が積み重なった状態を強調します。

I’m wiped out.

例文: “After the marathon, I’m wiped out.”

和訳: 「マラソンの後、くたくたになったよ。」

解説: 「I’m wiped out.」も疲労を表す表現で、特に何か大きなイベントや活動の後に使われます。このフレーズは、体力やエネルギーが完全に使い果たされた状態を示します。

I’m worn out.

例文: “Dealing with customers all day has me worn out.”

和訳: 「一日中顧客の対応をしていると、疲れ切ってしまう。」

解説: 「I’m worn out.」は「私は使い古されたように疲れた」と直訳でき、長期間にわたる疲労や、繰り返し行う作業による消耗感を表現します。この表現は、精神的な疲れやストレスを含む広範囲の疲労感を指すことがあります。

 

 

関連語彙

これらの語彙は、「I’m beat.」と同様に疲れを表珀する際に使われますが、その強度や文脈によって使い分けられます。「Tired」は一般的な疲れ、「Drained」はエネルギーが枯渇した状態、「Fatigued」は深刻な疲労感をそれぞれ表現します。

Tired

例文: “I’m so tired, I could sleep for a week.”

和訳: 「とても疲れた、一週間くらい寝られる。」

解説: 「Tired」は最も一般的な疲れを表す言葉で、身体的または精神的な疲労を示します。この表現は非常に広範囲に使用され、特定の疲れの程度を問わず、日常的に感じる一般的な疲れを指します。

Drained

例文: “This project has really drained me.”

和訳: 「このプロジェクトは本当に私を疲れさせた。」

解説: 「Drained」はエネルギーまたは精神力が吸い取られたような強い疲労感を表します。この言葉は、何か特定の活動や状況が原因で、人が自分のエネルギーを大量に消費したと感じる場合に用いられます。

Fatigued

例文: “Feeling fatigued is common after a long flight.”

和訳: 「長時間のフライトの後に疲労を感じるのはよくあることだ。」

解説: 「Fatigued」は「疲労」という意味で、特に長期間の活動やストレス後に感じる深刻な疲れを指します。医学的な文脈でも使われ、単に体が疲れているだけでなく、回復に時間が必要なほどの疲れを示すことがあります。

 

 

押さえておきたいポイント

  • 「I’m beat.」は非公式の状況で使われる。
  • 直接的な意味は「打ち負かされた」だが、疲れていることを表す。
  • フォーマルな場面では使用を避ける。

 

 

 

 

「疲れる」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。日常英会話において、「I’m beat.」のようなフレーズを使いこなすことは、自然でリラックスした会話を楽しむために大切です。この記事を参考にして、英語での「疲れた」の表現をマスターしてください。以上が”I’m beat”の意味とその使い方【使えるとかっこいい】でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム