3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

「いつ?」ではなく「How soon?」でスマートに英語表現!【How early、How fast、How longとの違いも理解できる】

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。「How soon…?」というフレーズは、英語圏で日常的に使われる表現の一つです。具体的には「どれくらい早く…?」という意味で、時間的な期待や疑問を尋ねる際に使います。この記事では、この便利なフレーズの意味と使い方をわかりやすく解説します。それではまいりましょう。

 

 

「How soon…?」の意味と使い方

「How soon」は、直訳すると「どれほど早く」という意味です。主に、何かが起こるまでの時間を問い合わせる際に使用します。よく使われる表現をいくつか紹介します。

  • How soon can you get here?
    到着までどれくらいかかりますか?
  • How soon will it be ready?
    それはいつ頃準備が整いますか?

 

 

無料トライアル実施中

例文

先週最終面接を受けた会社から電話がかかってきて…

マイク
How soon can you start working?
早くていつから働けますか?
アイヴァン
I can start on Monday.
月曜日から働けます。

 

 

インターネットが繋がらなくなり電話で…

リョウ
How soon can you come?
どのくらい早く来れますか?
ナオミ
Let me check my schedule.
スケジュールを確認させてください。

 

 

上司から…

ナオミ
How soon can you finish this project?
どのくらい早くこの企画終わらせれる?
アイヴァン
I can finish it by Friday.
金曜日までにできます。

 

 

 

 

Very soonはどのくらいすぐ?

「Very soon」という表現は具体的な時間を示すものではありませんが、一般的には非常に短い期間を意味します。このフレーズを使用する際、それが指し示す具体的な時間は文脈や状況によって異なります。たとえば、ビジネスの環境では数時間から数日、個人的な約束事では数分から数時間を想定している場合が多いです。

「Very soon」が示す期間の一般的な解釈:

  • ビジネスの文脈: 数時間から数日以内
  • 個人的な用事や日常生活の文脈: 数分から数時間以内
  • イベントや活動の計画: 数日から一週間程度

例として:

  • 「How soon can you complete the report?」への返答: “Very soon, I’ll have it done by the end of the day.”(非常に早く、今日の終わりまでには完成させます。)
  • 「How soon will the product be available?」への返答: “Very soon, it should be in stock within a week.”(非常に早く、一週間以内には在庫に入る予定です。)

このように「Very soon」は、迅速な対応や行動を示唆する際に使われますが、具体的な時間を知りたい場合は、より詳細な情報を求めるフォローアップの質問が必要になることがあります。

 

 

「How soon…?」という質問への返答

「How soon…?」という質問への返答は、質問の文脈や求められている情報に応じて変わります。以下に、一般的な返答の形式と例を示します。

1. 具体的な時間や日付を提供する

  • 返答例: “We can deliver it by tomorrow morning at the latest.”
    • 和訳: 「遅くとも明日の朝までには配達できます。」

2. 相対的な時間を用いる

  • 返答例: “I’ll have it ready in about two hours.”
    • 和訳: 「約2時間で準備できます。」

3. 状況に応じた条件付きの回答

  • 返答例: “As soon as I get the parts, I can fix it within a day.”
    • 和訳: 「部品が手に入り次第、1日以内に修理できます。」

4. 不確定な状況を伝える

  • 返答例: “It’s hard to say right now, but I’ll update you as soon as I know more.”
    • 和訳: 「現時点では言い難いですが、詳細が分かり次第すぐにお知らせします。」

5. 速やかな行動を約束する

  • 返答例: “I’ll start working on it right away and let you know the progress.”
    • 和訳: 「すぐに取り掛かり、進捗状況をお知らせします。」

「How soon…?」への返答では、具体性と明確性が重要です。相手が期待する情報を正確に伝えることで、コミュニケーションをスムーズにし、誤解を避けることができます。また、状況に応じて柔軟に対応し、可能な限り具体的な時間枠を提供するよう心掛けましょう。

 

 

how longとの違い

同僚から…

リョウ
How long will it take to finish the project?
この企画を終わらすのにどのくらいかかりますか?
マイク
I think it takes about a week.
1週間ぐらいだと思います。

 

 

「How long」は、ある活動やイベントが開始してから終了するまでの期間や時間を尋ねる際に使います。これは、持続時間に関する質問であり、活動がどれだけの時間を要するかに焦点を置いています。たとえば、ある作業を完了するのに必要な時間、旅行の所要時間、ある状態が続く期間などを尋ねる場合に使用されます。

まとめ

  • How long: 活動やイベントがどれくらいの時間続くか、または完了するのにどれくらい時間がかかるかについて尋ねる際に使います。
  • How soon: 現在から何かが開始されるまでの期間、つまりどれくらい早く何かを始めることができるか、またはいつ利用可能になるかについて尋ねる際に使います。

 

 

How earlyとの違い

How early

  • 使用例: “How early should we arrive at the airport?”
  • 意味: 「どれくらい早くに到着すべきか?」
  • 解説: 「How early」は、特定の時間よりも前に何かをする必要がある場合に使用されます。具体的なアクティビティやイベントの開始時刻よりも前に行動を開始するのにどれくらいの余裕があるべきかを尋ねる際に使います。この表現は、早めに到着することの重要性を強調することが多いです。

まとめ

  • 「How early」は、予定されている時間やイベントの開始時刻よりも前に行動を開始することの重要性に焦点を当てた質問に使われます。
  • 「How soon」は、現在から将来にかけての最短時間を尋ねる際に使用し、緊急性や速やかな対応が必要な状況に適しています。

 

 

How fastとの違い

How fast

  • 使用例: “How fast can this car go?”
  • 意味: 「この車はどれくらいの速さで走れますか?」
  • 解説: 「How fast」は、速度や速さを尋ねる際に使用されます。これは物事がどれくらい迅速に行われるか、または物の移動速度に関する質問です。例えば、車の最高速度、人が走る速さ、仕事を完了する速度など、速度が重要な指標となる状況で用いられます。

まとめ

  • How soon: 何かがいつ起こるか、またはいつ完了するかに焦点を当てた質問で、時間的な即時性や期間に関するものです。
  • How fast: どの程度の速度で何かが行われるか、物の移動速度に焦点を当てた質問で、速さや効率性に関するものです。

 

 

言い換え可能な表現

「When can you…?」

  • 例文:When can you start the new project?”
  • 和訳: 「いつ新しいプロジェクトを始められますか?」
  • 解説: 「When can you…?」は、相手が特定の活動やタスクを開始できる時期を尋ねる際に使用します。この質問は、相手のスケジュールや利用可能な時間に関する情報を得るために役立ちます。

「What is the earliest…?」

  • 例文:What is the earliest you can deliver the documents?”
  • 和訳: 「最も早いのはいつ書類を届けられますか?」
  • 解説: 「What is the earliest…?」は、可能な限り最速で何かを行うことができる時点を尋ねる際に用います。これは、緊急性が高いタスクやプロジェクトにおいて、相手がどれだけ迅速に対応できるかを知るために使われます。

「By what time…?」

  • 例文:By what time do you need the report finished?”
  • 和訳: 「何時までにレポートを完成させる必要がありますか?」
  • 解説: 「By what time…?」は、特定の活動やタスクを完了する必要がある具体的な時間を尋ねる際に使用します。この質問は、期限や締め切りを設定し、タスクの優先順位を決定する上で重要です。

 

 

関連する語彙とその例文

「How soon」と関連する他の有用な語彙を以下に紹介します。

Immediately(直ちに)

  • 例文: “I need the files immediately.”
  • 和訳: 「ファイルが直ちに必要です。」
  • 解説: 「Immediately」は、遅延なしに、すぐさま行動を起こす必要がある状況を示します。この表現は、緊急性が高く、待つ余裕がない時に使われます。ビジネスの文脈では、タスクや要求が可能な限り早く、そして遅れることなく完了することを期待していることを伝えるために用いられます。

Eventually(最終的に)

  • 例文: “They will arrive eventually.”
  • 和訳: 「彼らは最終的に到着します。」
  • 解説: 「Eventually」は、何かが将来のある時点で起こることは確かだが、その正確な時期は不確か、またはすぐには起こらないことを示すために使用されます。この表現は、結果や発生が遅れる可能性があるが、最終的には実現することを表すのに適しています。忍耐や待機が必要な状況でよく用いられます。

Shortly(まもなく)

  • 例文: “The meeting will start shortly.”
  • 和訳: 「会議はまもなく始まります。」
  • 解説: 「Shortly」は、非常に近い将来に何かが起こることを示します。この表現は、「immediately」ほどの緊急性はないものの、それでも比較的短い時間内に行動やイベントが始まることを期待している場合に用いられます。会議やイベントの開始、サービスの提供など、すぐに起こる予定の事柄を指すのに適しています。

 

 

押さえておくべきポイント

「How soon」を使う際は、具体的な時間を尋ねているのか、あるいは一般的な期間を尋ねているのかを明確にしましょう。また、文脈に応じて適切な言い換え表現を選ぶことも大切です。

 

 

 

 

How soonに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”How soon 〜?”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム