確実な成果を出すならRYO英会話ジム

Heads Upとは?日常会話で使われる便利なフレーズ

こんにちは皆さん、お元気ですか?RYO英会話ジムです。新しい記事の始まりです。「heads up」という表現は、日常会話でよく使われるフレーズです。今回は、「heads up」の意味と使い方についてご紹介します。さあ、それではまいりましょう!

 

 

日常会話で使う「heads up 意味と使い方」

日常会話でよく使われる表現の一つに、「heads up」というフレーズがあります。この表現は、主に警告や情報提供をする際に使用されます。話し手が相手に対して事前に知らせたり、注意を喚起したりするために使われるんです。

例えば、友達との約束の時間が変更になった場合、「Heads up, the meeting has been rescheduled to tomorrow morning.」(ちょっと伝えておくけど、約束の時間が明日の朝に変更されたよ)と言うことができます。これによって相手に最新の情報を伝え、予定の変更を知らせることができます。

「heads up」は、よりスムーズなコミュニケーションを図るために役立つフレーズです。注意を喚起したり、重要な情報を伝える際に活用しましょう。

 

 

無料トライアル実施中

3つの英語の例文

試合の日が迫っていて…

ウィル
He gave his teammates a heads up about the new strategy for the upcoming game.
彼はチームメイトに次の試合のための新戦略を事前に伝えました。

 

 

部下に…

スタローン
Just a heads up, the meeting has been rescheduled to tomorrow morning.
一応伝えておくけど、会議は明日の朝に予定変更されたよ。

 

 

車に乗る前に…

ナオミ
Heads up, there’s a traffic jam on the highway, so you might want to take an alternative route.
ちょっと情報だけ伝えておくけど、高速道路で渋滞があるから、別のルートを使った方がいいかもしれないよ。

 

 

 

関連する語彙

  1. Alert: 警告する、注意を喚起する
    • The weather alert warns us of an approaching storm. (天気警報が近づいている嵐を警告しています。)
    • Be alert when walking alone at night. (夜に一人で歩くときは注意してください。)
  2. Notify: 知らせる、通知する
    • They will notify you by email once the package is shipped. (商品が発送されたら、メールで通知されます。)
    • The school will notify parents of any changes to the schedule. (学校はスケジュールの変更がある場合に保護者に通知します。)
  3. Inform: 情報を提供する、知らせる
    • Can you inform me of the meeting time and location? (会議の時間と場所を教えていただけますか?)
    • The teacher informed the students about the upcoming field trip. (先生は生徒たちに今度の遠足について知らせました。)

 

これらの単語は、それぞれ異なるニュアンスや文脈で使用されますが、警告や通知、情報提供などの意味を持っており、日常会話で頻繁に使われます。相手に必要な情報を伝える際に役立つ表現です。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

関連する記事

 

 


 

以上が「heads up」の意味と使い方についての紹介でした。このフレーズを使うことで、相手に事前情報を提供したり、注意を促したりすることができます。日常会話で活用して、円滑なコミュニケーションを図りましょう。読んでいただき、ありがとうございました!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム