3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

ネイティブスピーカーはどう発音する?「He is/She is」の聞き取り方ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウと申します。本日は、「he is」や「she is」の発音に焦点を当て、ネイティブスピーカーのような発音を目指す方法について解説します。この記事を通して、あなたも「he is」「she is」をネイティブがするような自然な発音で話せるようになるでしょう。さあ、始めましょう。

 

 

発音のコツ

英語において、「he is」と「she is」は発音上「ヒー イズ」と「シー イズ」という形で表されますが、これは決して誤った発音ではなく、正確な表現です。しかしながら、ネイティブスピーカーはこの発音を頻繁に使用するわけではありません。それでは、彼らはどのようにこれらのフレーズを発音するのでしょうか?実際には、ネイティブスピーカーがこれらの表現を自然に発音する際、「is」の音が短縮され、「ズ」という音に近くなります。結果として、「he is」は「he’s」(ヒズ)と、「she is」は「she’s」(シズ)と聞こえます。「he’s」は「his」と音が同じになるため、文脈に基づいてその意味を理解する必要があります。

 

 

無料トライアル実施中

例文

ネイティブが発音する”he is”や”she is”を聞き取るには、”is”の音が短くなることを知っておく必要があります。まずは二人の会話をみてみましょう。

同僚に…

マイク
Do you know where Mr. Robert is?
ロバートさんがどこにいるか知っていますか?
ナオミ
He’s in a meeting right now.
彼は今会議中ですよ。

 

 

友人から…

リョウ
Did you buy something for her birthday?
彼女の誕生日に何か買った?
マイク
Yeah, I did. But I’m not so sure if she’s going to like it.
うん、買ったよ。でも彼女が気にいるかわからないな。

 

 

 

“is”を強調したいときは、そのまま発音する

基本的に会話では、”is”は省略されて発音します。ただ”is”「です、であります」を強調したいときは、そのまま発音します。あと書き言葉でも省略せずにそのまま書きます。

共通の知り合いについて…

リョウ
He doesn’t seem nice.
彼はいいやつそうじゃないね。
マイク
He is a nice guy!
彼はいいやつだよ!

 

 

 

“he has”や”she has”の短縮形と同じ音になるので、注意!

これらの短縮形は、「has」が「’s」として「he」や「she」に接続される形で、日常会話でよく使われます。これにより発話がより自然で流暢になります。

  1. He has become a great musician. → He’s become a great musician.
    • 彼は素晴らしいミュージシャンになった。
  1. She has found her lost cat. → She’s found her lost cat.
    • 彼女は迷子になっていた猫を見つけた。

 

 

“she”は「シー」じゃなくて、「シュ」の音を意識して「シィー」

“she”は、日本人が苦手とする発音の1つだと思います。A, B, Cの”C”の発音で「シー」と言ってしまう人は多いです。そうすると”She is kind.”と言ったつまりが、”C is kind.”と聞こえて、「何?」と言われてしまう可能性はなきにしもあらずです。”she”は「シュ」という音から、伸ばして「ィ」に繋げる感じです。

「シィー」のような発音になります。

  • “C”の発音

 

  • “she”の発音

 

 

似たリエゾン表現

「he is」と「she is」の発音がリエゾン(つながり)によって変化するのと同様に、英語には他にも似たようなリエゾン表現が存在します。リエゾンとは、単語と単語の間で音が滑らかにつながることを指し、特に口語英語において一般的です。以下は、そのような表現の例です:

  1. “I am” → “I’m”: 「アイ アム」が「アイム」と発音され、しばしば「I’m here」は「アイム ヒア」と聞こえます。
  2. “You are” → “You’re”: 「ユー アー」が「ユーア」と発音され、「You’re welcome」は「ユーア ウェルカム」となります。
  3. “They are” → “They’re”: 「ゼイ アー」が「ゼイア」と発音され、「They’re coming」は「ゼイア カミング」と聞こえます。
  4. “We are” → “We’re”: 「ウィー アー」が「ウィーア」と発音され、「We’re going」は「ウィーア ゴーイング」となります。
  5. “Do not” → “Don’t”: 「ドゥ ノット」が「ドーント」と発音され、「Don’t go」は「ドーント ゴウ」と聞こえます。

これらの例では、原形のフレーズが短縮され、より流暢に発音される形に変化していることがわかります。これらの短縮形は、日常会話で頻繁に使用され、言語の自然さと流暢さを高めるために重要な役割を果たします。

 

 

heやsheと関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”she is”と”he is”のネイティブ発音でした。それではSee you next time!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム