短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

英会話で役立つ!「half-way through」の使い方完全ガイド

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。日常会話やビジネスシーンでよく耳にするフレーズ「half-way through」。この表現は、物事が中途半端な状態や進行中であることを示す際に便利です。では、この多用途フレーズをどのように活用できるのでしょうか。それではまいりましょう。

 

 

意味

「half-way through」は「〜の半分を過ぎたところで」という意味です。物事が完了する過程の中間点にあることを示すのに使われます。頻繁に使われる言い回しとしては、読書中、仕事のプロジェクト、または映画やシリーズ物の視聴などがあります。

 

 

例文

昨日買った本をどこまで読んだか聞かれて…

ナオミ
I’m half way through.
半分まで。

 

 

映画はどうだったか聞かれて…

マイク
Boring. I left half way through it.
退屈だったわ。映画の途中で退席したよ。

 

 

引っ越しは終わったか聞かれて…

リョウ
No, we’re half way through.
いや、途中だよ。

 

 

英会話のレッスンはどうか聞かれて…

アイヴァン
I’m half way through an intensive course.
短期集中コースの中間まで来たよ。

 

 

例文を見ていただくとわかりますがthroughのあとに名詞がくるパターンとこないパターンがあります。どちらも自然な表現ですが、使い分けとしては話題の対象が明確であれば名詞をおかずに、また不明確であれば名詞を置くようにしましょう。ちなみに直後に名詞を置く場合は前置詞(句)となり、名詞を置かない場合は副詞として働きます。

aboutの使用

また「半分ぐらい」と言いたい時は”about”を使って以下のように言いましょう。

仕事の進捗を聞かれて….

スタローン
We are about half way through the project.
私たちは企画の半分ぐらいまで終えてるよ。

 

 

その他例文

  1. I’m half-way through the book, and it’s getting really interesting.
    • その本の半分を読み終わったところですが、だんだん面白くなってきました。
  2. We’re half-way through the fiscal year, and our sales targets are on track.
    • 会計年度の半ばに差し掛かっており、私たちの売上目標は順調です。
  3. I realized I forgot my wallet half-way through the movie.
    • 映画の途中で財布を忘れたことに気づきました。

 

 

似たような表現

Midway through

「〜の中間で」

例文:”Midway through the semester, I decided to change my major.” – 学期の中間で、専攻を変えることに決めました。

In the middle of

「〜の真ん中で」

“I was in the middle of a meeting when you called.” – あなたが電話したとき、私は会議の真っ最中でした。

Half done

「半分終わった」

“The painting is only half done, but it looks promising.” – 絵はまだ半分しか完成していませんが、期待できそうです。

 

 

関連する語彙

Complete

(完成させる): “I hope to complete the project by next month.” – 「来月までにプロジェクトを完成させたいと思っています。」

Progress

(進行中): “We are making good progress on the new website.” – 「新しいウェブサイトの開発が順調に進んでいます。」

Finish

(終える): “I can’t wait to finish this book and see how it ends.” – 「この本を読み終えて、どう終わるのか見るのが待ちきれません。」

 

 

押さえておきたいポイント

「half-way through」は非常に便利で、多くの状況で使える表現です。このフレーズを使って、物事の進行状況を具体的に示すことができます。似た表現も覚えておくと、会話がより豊かになります。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

half way throughに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「half-way through」の使い方を理解し、日常会話に取り入れることで、言語表現の幅が広がります。この表現を使って、進捗や感想を共有することで、より明確で効果的なコミュニケーションが可能になるでしょう。以上が”half-way through”の意味とその使い方【何かをしている最中に】でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース