3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

身震いから学ぶ: Goose Bumpsの意味と魅力的な使い方

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウと申します。本日は、「goose bumps」という表現の意味と効果的な使用方法をご紹介します。この内容を理解し、実践することで、あなたの英語表現の幅が格段に広がります。それでは、さっそく学びの旅を始めましょう。

 

 

意味

“Goose bumps”は、激しい冷えや緊張、不安、興奮、恐怖を感じた際に皮膚に現れる細かな突起を指す表現で、アメリカ英語において一般的に用いられます。この表現は、文字通り「ガチョウのこぶ」という意味合いを持ち、「鳥肌」や関西地方でよく用いられる「さぶいぼ」と同義です。

この現象を描写する際には、「goose flesh」や「goose pimples」という表現も同様に使われます。さらに、一部の文化圏では「chicken skin」という言葉で表されることもあります。これらの用語は、身体が反応するさまざまな感情的状況を説明する際に役立ちます。

 

 

無料トライアル実施中

使える言い回し

“Goose bumps”に関連する英語の表現や言い回しには、さまざまなものがあります。以下はその中のいくつかです:

  1. “That gave me goose bumps.”
    直訳すると「それは私に鳥肌を与えた」となり、何かが非常に感動的であったり、恐ろしかったりしたときに使われます。
  2. “I get goose bumps every time I hear that song.”
    「その歌を聞くたびに鳥肌が立つ」という意味で、特定の曲や出来事が強烈な感情的反応を引き起こすことを表します。
  3. “The way he tells that story always sends goose bumps down my spine.”
    「彼がその話をする方法はいつも私の背筋に鳥肌を走らせる」という意味で、何かが非常に恐ろしいか、非常に感動的であることを示します。
  4. “I had goose bumps all over my body.”
    「全身に鳥肌が立った」と表現し、非常に強い感情的な反応や物理的な反応を示します。

これらの表現は、特に物語や映画、音楽、または個人的な体験を語る際によく使用されます。それぞれの文脈において、恐怖、驚異、感動など、強烈な感情を伝えるために用いられます。

 

 

例文

場所がとても寒いくて…

ナオミ
It’s so cold in here. I’m getting goose bumps.
ここめっちゃ寒いわ。鳥肌立ってきた。

 

ホラー映画を見ていて…

リョウ
Anytime I’m scared, I get goose bumps
いつも怖くなると、さぶいぼできねん。

 

スティーブジョブスの演説を聞いて…

マイク
Did you watch the speech?
あのスピーチ見た?
ナオミ
Yeah, it was so touching that I got goose bumps everywhere.
うん、感動して全身に鳥肌たったわ。

動名詞やwhen節との組み合わせ

友人へ…

アイヴァン
I got goose bumps watching that scary movie last night.
昨晩そのホラー映画を見て鳥肌たったわ。

 

ライブに行ったときの話をしていて…

リョウ
I got goose pimples when they played their first song.
彼らが最初の曲を弾いたときさぶいぼ出たわ。

 

このように”bumps”のあとに”in”を省略して動名詞を持ってきたり、when節にして表現してみましょう。

“give me 〜”の言い回し

プロなみの歌唱力を持つ友人の歌声を聞いて…

ナオミ
You’re giving me goose bumps.
鳥肌たつわ。

 

最後ですが、”give me 〜”という言い回しもよく使われますよ。

 

 

ロールプレイ

Person A: “Did you see that performance last night? The moment the singer hit the high note, I got goose bumps!”

Person B: “Absolutely, I felt the same way. It was so powerful and emotional, it sent shivers down my spine.”

Person A: “Yeah, and when the audience started cheering, it was just electrifying. I’ve never experienced anything like that before.”

和訳

A: 「昨夜のパフォーマンス見た? 歌手が高音を出した瞬間、鳥肌が立ったよ!」

B: 「本当に、私も同じ感じだった。とても力強くて、感情的で、背筋に震えが走ったよ。」

A: 「うん、そして観客が歓声を上げ始めたとき、それはただの感電だった。こんな経験は今までしたことがないよ。」

音声

 

 

似た英語表現

“Chills”

  • 英文例: “The ghost story was so scary, it gave me chills.”
  • 和訳: 「その幽霊の話はとても怖くて、身震いがした。」
  • 解説: “Chills”は、恐怖や興奮など、強い感情や低温によって引き起こされる身体的感覚を指します。これは、体が震えるような感覚や、不快感を伴うことが多く、”goose bumps”と似た状況で使われますが、”chills”は体の内部からくる震えや寒気を強調することがあります。

“Shivers”

  • 英文例: “Hearing the eerie sounds at night sent shivers down my spine.”
  • 和訳: 「夜に不気味な音を聞いた時、背筋に震えが走った。」
  • 解説: “Shivers”は、寒さや恐怖によって体が小刻みに震えることを指し、深い恐怖や不安を感じたときに特に使われます。”Shivers down my spine”(背筋に震えが走る)という表現は、非常に強い恐怖や畏敬の念を伴う体験を表すのに用いられ、”goose bumps”よりもさらに感情的な反応の強さを強調します。

これらの表現は、”goose bumps”と同様に、感情や外的要因によって引き起こされる身体的反応を説明するのに有効です。それぞれが微妙に異なる感覚や状況を表すため、文脈に応じて適切な表現を選ぶことが重要です。

 

 

 

 

「鳥肌」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、”goose bumps”の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム