“get (someone or something) wrong”の意味とその2つの使い方【カジュアルな表現】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。

今日は、”get (someone or something) wrong”の意味とその使い方【カジュアルな表現】についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

“get (someone or something) wrong”の意味とその使い方

ナオミ
I think you got the instruction wrong.
君、説明を勘違いしてると思うわ。
リョウ
Don’t get me wrong. I didn’t mean to hurt you.
勘違いせんといて。傷つけるつもりはないねん。
ロバート
Did I get it wrong?
俺勘違いしている?

 

“get (someone or something) wrong”は、「〜を勘違いする、取り違える」という意味で、何かまたは誰かにたいして正しく理解できていないときによく使われるカジュアルな英語表現です。

理解できたときに”I got it”というのを聞いたことがあると思いますが、それに”wrong”をおしりにつけてあげれば、「取り間違えた」という意味になるわけです。

その他の単語で置き換えた場合は、”misunderstand”ですね。

 

 

“get me wrong”は、人の考え方に使うよ

“get it wrong”と少し区別しておきたいのが、”get me wrong”です。

“get it(something) wrong”はある物事に対して自分が理解していないというところにフォーカスされるのに対して、“get me (someone) wrong”は、個人的な考え方に対して謝って解釈するときに使います

なので、自分のかぶを下げてしまいそうな内容に対して一緒に使われます。

リョウ
I get annoyed at Cris sometimes.
ときどきクリスに腹がたつんや。
アイヴァン
What happened?
何かあったの?
リョウ
Don’t get me wrong. I like him, but he’s a little bossy sometimes.
勘違いすんなよ。あいつのことは好きやけどたまにちょっと偉そうやわ。

 

 

“all”で強調できる

マイク
You’ve got it all wrong. That’s not how you do.
完全に勘違いしているね。そうやるんじゃないよ。

 

また「勘違い」を強調したいときには”all”を”it”の直後におきましょう。ちなみに例文のように勘違いしていたことに今気づいた場合は、現在完了形”You have got”が使われますよ。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”get (someone or something) wrong”の意味とその使い方【カジュアルな表現】でした。

それでは、See you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。