短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

英語での”死”の表現:「die」と「pass away」の使い分け

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。英語で「死」を表現する際、多くの人が「die」と「pass away」という言葉を使います。しかし、これらの言葉はどのように異なり、どのような場面で使われるのでしょうか?この記事では、それぞれの言葉の意味と使い方について詳しく解説していきます。それではまいりましょう。

 

 

使い分け

  • Die:直接的で、やや生々しい表現です。日常会話やニュース報道でよく使われます。「He died in a car accident(彼は交通事故で亡くなった)」のように具体的な死因を伝える場合によく使用されます。
  • Pass away: より柔らかく、敬意を表す表現です。特に故人に対する敬意を表す場合や、感情的なトピックを扱う際に用いられます。「She passed away peacefully(彼女は穏やかにこの世を去った)」のように、穏やかで優しいニュアンスを伝えたいときに適しています。

 

丁寧に言うならpass away

まずは二人の会話を見てみましょう。

友人へ…

アイヴァン
I’ve got a funeral to attend this weekend. The father of my friend passed away last night.
今週末葬式に出席してくるね。友達のお父さんが昨夜亡くなったんだ。
リョウ
Okay. I’m sorry to hear that.
わかった。それはお気の毒だね。

 

 

「〜が亡くなる」と英語で伝えたいときは、”〜 pass away.”を使います。「死ぬ」という言葉が少し直接的なので、それを和らげたいときに使える便利な英会話フレーズです。”die”も”pass away”も意味に違いはありません。日本語でも同じですが、「〜が死んだ。」というのと「〜が亡くなった。」というのでは響が違ってきますよね。「〜亡くなった。」というほうが直接的でなくソフトに聞こえます。英語も同じで、直接的な表現を避けるときや、また丁寧な表現として使われます。

 

お葬式では100%〇〇を使う

お葬式では”die”ではなく必ず”pass away”を使います。これは英語圏ではある種の常識のようなものになっています。”die”だと直接的または、冷たい感じがするからです。なので、もし海外もしくは外国人の友人のお葬式に出席するようなことがあれば”pass away”を使いましょう。

 

新聞では〇〇がよく使われる

一方で”die”は新聞でよく使われます。もちろん”pass away”も使われますが、ニュースでは字数に制限があるため、”pass away”より”die”のほうが好まれるそうです。

 

went to live with God

キリスト教徒の人たちや、または文章では、”pass away”や”die”のかわりに”went to live with God”や”went to live with angels”といった表現をすることもしばしばあります。グーグルで”went to live with God”を検索してみると180万件もヒットしました。まぁまぁ使われているということです。

 

「健在です」は何て言う?

ちなみに「健在です。」と言いたいときは、”〜 is still alive.”ではなく、“〜 is still around.”と表現します。肯定文で紹介していますが、もちろん疑問文で、「〜はご健在ですか?」と聞きたい時は、”Is 〜 still around?”となります。

 

 

似たような表現とその解説

Kick the bucket

非公式で少しユーモラスな表現。「彼はバケツを蹴った」のように死を比喩的に表します。

Departed

よりフォーマルで、故人を指す際に使われることが多い。「The departed was a well-respected man(故人は尊敬される人物でした)」といった使い方をします。

Go to a better place

死をより抽象的で柔らかい表現で伝える。「彼女はもっと良い場所へ行った」という意味です。

 

 

関連する語彙

Funeral (葬儀)

  •  “We attended his funeral last week.”
  • (先週、彼の葬儀に参列しました。)

Condolences (哀悼)

  •  “I offer my deepest condolences.”
  • (心から哀悼の意を表します。)

Bereaved (遺族)

  •  “The bereaved family received many messages of support.”
  • (遺族は多くの支援のメッセージを受け取りました。)

 

 

押さえておきたいポイント

  • 「die」は直接的であり、事実を伝える際に適しています。
  • 「pass away」はより柔らかく、敬意を表すニュアンスがあります。
  • 文脈に応じて、これらの言葉を選んで使用しましょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

dieに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、”die”と”pass away”の違いと使い分けでした。「die」と「pass away」は英語における「死」を表す基本的な言葉です。これらの言葉を正しく使い分ける機会があれば使ってみましょう。それでは、See you again!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース