確実な成果を出すならRYO英会話ジム

diamond in the roughとは?英語のフレーズから学ぶ意味と使い方

こんにちはRYO英会話ジムです!今日は「diamond in the rough」という英語表現についてご紹介します。「diamond in the rough」とは、粗削りのダイヤモンドのように、見た目や環境が良くないにもかかわらず、本質的に価値のあるものや素晴らしい才能がある人を指す表現です。それではまいりましょう!

 

 

diamond in the roughの意味と使い方

「diamond in the rough」は、「見た目や環境が良くないにもかかわらず、本質的に価値のあるものや素晴らしい才能がある人」を指す表現です。例えば、ある人が社交的でないように見えても、実は親切で面白い話し手であることがあるように、見た目や環境が悪くても、本当は優秀で素晴らしい才能を持っていることがあります。

 

 

無料トライアル実施中

3つの例文

部下のジョンについて…

アイヴァン
John may not have a fancy degree or a polished resume, but he’s a diamond in the rough when it comes to marketing.
ジョンは派手な学位や洗練された履歴書を持っていませんが、マーケティングに関しては本当に優秀で素晴らしい才能を持っています。

 

 

人気のレストランについて…

スタローン
The restaurant may not look like much from the outside, but the food they serve is a diamond in the rough.
レストランは外から見るとそれほど良くないかもしれませんが、彼らが出す食べ物は本当においしいです。

 

 

お騒がせな歌手に対して…

ウィル
She may be a little rough around the edges, but she’s a diamond in the rough when it comes to singing.
彼女はちょっと荒っぽいところがあるかもしれませんが、歌唱に関しては本当に素晴らしい才能を持っています。

 

 

 

同じ意味の英語表現

「diamond in the rough」の同じ意味の英語表現としては、「hidden gem」や「rough diamond」があります。「hidden gem」や「rough diamond」は、一般的には、何らかの形で未発見、未知、または未評価の素晴らしい品物、場所、人物、アイデア、または機会を指します。

「hidden gem」は、ある場所やものが知名度が低いにもかかわらず、価値が高いことを表し、「rough diamond」は、まだ磨かれていないダイヤモンドの原石を表す隠語として使われているため、何かがまだ完成形に至っていないにもかかわらず、大きな潜在的価値があることを表します。

これらのフレーズは、旅行やアート、音楽、映画、食べ物など、さまざまな分野で使用されます。例えば、ある都市で「hidden gem」のレストランを見つけたという場合、それは人々には知られていないが、非常に美味しい食事を提供するレストランを指すことができます。また、「rough diamond」の才能を持ったアーティストについて語る場合、その人物はまだ成功していないが、将来的には大きな成功を収める可能性があることを示しています。

  • This restaurant is a hidden gem. It’s tucked away in a side street, but the food is amazing. (このレストランは隠れた名店だよ。裏通りにひっそりとあるんだけど、食べ物がすごくおいしいんだ。)
  • She’s not the most refined singer, but she’s a rough diamond. With some training, she could be a star. (彼女は最も洗練された歌手ではないけど、宝石の原石だよ。トレーニングをすれば、スターになれるかもしれないよ。)

 

 

一緒に覚えておくと良い英語表現

  • rough around the edges:荒々しい端がある、まだ仕上げが必要な状態である
    • Since he has only been with the company for a few weeks, his work is still rough around the edges.(彼が入社してから数週間しか経っていないため、まだ彼の仕事には荒々しい端がある。)
  • work in progress:進行中の仕事、未完成の作業
    • My novel is a work in progress and needs a lot of editing.(私の小説はまだ進行中で、まだたくさんの修正が必要です。)

 

「rough around the edges」は、「まだ仕上げが必要である」という意味で、何かが未完成または未熟な状態であることを表します。具体的には、人物やプロジェクト、アイデアなどが、細部にまで行き届いていない、まだ洗練されていない、または不完全であることを示します。

「work in progress」は、「未完成の作業」という意味で、何かが現在進行中であることを示します。このフレーズは、プロジェクト、アート作品、音楽の制作、ライティングなど、さまざまな分野で使用されます。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

関連する記事

 

 


 

以上で「diamond in the rough」についての説明を終わります。皆さん、未磨のダイヤモンドという言葉から「まだ完全ではないが潜在的な可能性を秘めたもの」という意味が理解できたと思います。ぜひ、今回紹介した表現や類義語を覚えて、適切な場面で使ってみてください。それではまた次回の記事でお会いしましょう!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム