”bucket list”の意味とその使い方【願望達成に】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”bucket list”の意味とその使い方【願望達成に】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”bucket list”の意味とその使い方【願望達成に】

友人と話していて…

ウィル
Do you have a bucket list?
バケットリストはある?
ナオミ
Actually going to Japan is on my bucket list.
実は日本に行くことが私のバケットリストなんだ。

 

夏が近づいていて…

アイヴァン
What’s on your summer bucket list?
君の夏のバケットリストは何?

 

友人がノートを見ながら…

ウィル
I got too many things on my bucket list.
バケットリストがいっぱいだよ。

 

いかがでしたでしょうか。bucket listは最近ではそのままカタカナでバケットリストということもあるかと思います。訳ではそのようにしていますが、意味としては「死ぬまでに(またはある特定の年齢までに)やっておきたいこと」でカジュアルに使われる英語表現となります。

bucket listは可算名詞なので複数であればone of my bucket listsのようにしましょう。英語で言うとthings that you want to do before you dieです。したいことに関しては何か達成したいことでもいいですし、また経験したいことでもよいです。日本ではよくいウィッシュリストという言葉を聞きますが、それとほぼ同じだと思ってよいでしょう。

 

 

bucket listに関連する記事

”I’m dying to 〜.”の意味とその使い方【願望】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”bucket list”の意味とその使い方【願望達成に】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出