”bring 〜 up”の3つの意味とその使い方【意味が全く変わる】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は”bring 〜 up”の3つの意味とその使い方【意味が全く変わる】についてお話します。この記事を読めば今日より少し英語力がアップするかと思います。それではまいりましょう。

 

 

bring 人 up

家庭環境について話していて…

ウィル
I was brought up by my grandmother actually.
実は俺は祖母に育てられたんだ。

 

家の猫を友人に見せて…

マイク
I brought up this old cat from a kitten.
子猫からこの(年老いた)猫を育てたんだ。

 

bring 人 upで「(人)を育てる」という意味で、(raiseと同じ)人だけでなくて例文のように動物に対して使うこともできます。形については、be + 過去分詞の形で「育てられてる」という意味でも頻繁に使われます。名詞の位置については、代名詞であれば必ずbringとupの真ん中へ、そして名詞であればそれらの真ん中でもupの直後に置いてbring up my kidのように言うこともできます。その他の意味についても名詞および代名詞の意味は同じ要領です。

 

 

bring もの up

持ち出す

同僚が会議の時間が長すぎると言っていて…

スタローン
Why don’t you bring it up at the meeting?
会議でその話を持ち出してみたら?

 

友人が….

ナオミ
My husband always bring up work at home.
夫がいつも家で仕事の話を持ち出すの。

 

まず一つは「ある話を持ち出す」という意味です。日常だけでなく、特にビジネスの場でも使われる表現です。これについては別の記事”bring もの up”の意味とその使い方【会議で使える】でさらに詳しく説明しているのでご覧ください。

 

吐く

きのうめちゃくちゃ酔っていたね、と言われて…

ウィル
Yeah, I brought up my dinner in the toilet after I went home.
うん、帰宅した後に(晩ご飯を)吐いたよ。

 

もう一つは「吐く」という意味でカジュアルに使われます。胃の中から自分に向かってくるというイメージをもつと、ここまで違う意味も覚えやすいかと思います。他の置き換え可能な英単語だとthrow up(こちらもカジュアル)やvomitになりますね。vomitは「バミット」のように発音します。

 

 

bringに関連する記事

簡単!”bring”と”take”の違いとその使い方

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が”bring 〜 up”の3つの意味とその使い方【意味が全く変わる】でした。それではSee you around!

facebookで
最新記事を受け取る

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出