”be down”の2つの意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”be down”の2つの意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語の表現力がさらにアップします。

それでは、まいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

”be down”の2つの意味とその使い方

友人から映画を見に行かないか誘われて…

マイク
I’m down.
賛成。

 

友人から電話がかかってきて…

アイヴァン
Do you wanna go for pizza later?
あとでピザ食べに行かない?
リョウ
Yeah, I’m down.
うん、いいね。

 

 

“be down”は「賛成する」という意味で、相手の提案に対してYesと言いたい時にカジュアルに使われる英語表現です。”be up for”と同じ意味として使われますが、こちらの表現と比べると”be down”のほうがよりカジュアルと言えるでしょう。なので、使う場面に少し気をつけてくださいね。

また”be down with”と前置詞withと一緒に使うと「〜に賛成する」という意味で使うこともできます。

マイクはパーティーの企画に対してなんて言っているか聞かれて…

アイヴァン
He’s down with the plan too.
彼もその企画に賛成だよ。

 

何がしたいか聞かれて…

ナオミ
I’m down with whatever you prefer.
君に任せるよ。

 

 

落ち込んでいるときも使える

“be down”は、気分的に憂鬱だったり悲しかったりするときにも使うことができます。これについては”feel blue”とも表現することができますがそれについては別記事これ言えたら中級!”feel blue”ってどういう意味なの?で解説していますのでよかったらご覧ください。

ちなみに”down”も”feel”と組み合わせ”feel down”と言うこともできますよ。お好みで使いましょう。

友人が下を向いていて…

アイヴァン
What’s up?
どうしたの?
リョウ
I’m (or feel) a bit down today.
今日は少し落ち込んでんや。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、”be down”の2つの意味とその使い方でした。

それでは、See you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。