aboutはいる?”discuss 〜”の意味とその使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちはリョウです。

今日はaboutはいる?”discuss something”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば英語力が今日よりさらに少しアップするかと思います。

それではまいりましょう。

 

 

”discuss something”の意味とその使い方

浮気がバレて…

マイク
Don’t be angry. Can we discuss the problem?
怒らないで。問題について話し合わない?

 

同僚が新プロジェクトの状況を聞きたがっていて…

リョウ
Let’s discuss the situation at the next meeting. 
次の会議で状況について話し合おう。

 

友人とハワイ旅行に行くことになり…

アイヴァン
We need to discuss when we should go.
いつ行くかを話し合わないとね。

 

いかがでしたでしょうか。“discuss”は「話し合う」という意味で、何かを決めたり解決するために話し合う際に使われる英語表現です。学習者の間では前置詞aboutをつける人がよくいるのですが、実は”discuss”はつけません。訳が「〜について話し合う」なので紛らわしいですが直後に目的語が必ずきます。1つ目と2つ目のように名詞が来たりまた3つ目のようにWH節(名詞節)がくることもあります。

 

前置詞aboutを使いたいなら?

aboutを使いたい場合は同じ意味の”talk about 〜”を使うとよいでしょう。またdiscussでも”discuss the problem about 〜”のように目的語の直後にaboutを置いてやれば「〜についての問題」のようにaboutを使うことができます。

 

前置詞withと一緒に使える

さらに「誰と」を入れたい場合は前置詞withを使いましょう。

彼氏の酒癖がストレスとになっていると友人が言い出し…

ナオミ
Have you discussed the problem with him?
彼とその問題について話し合った?

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上がaboutはいる?”discuss 〜”の意味とその使い方でした。

それではSee you around!

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。