2人の努力と思い出がワッと溢れた金曜日の夜。Ivanとの日本帰国

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。

今日は、2人にとって、とても特別な日となりました。

去年の末から、僕たち二人にとって大きな人生の変化となる、2つのことに取り組んできました。

1つは、「独立」

そして、二つ目が、「日本帰国」です。

独立に関しては、また別の機会にお話させていただくとして、、、

本日、Ivanの3ヶ月滞在できる日本行きビザが発行されました!

それで?って感じですが、これは僕たちにとっては結構大きなことなのです。

なぜなら国際結婚をしたからといって、妻のIvanが日本に自由に行き来できるようになる、ということではありません。

しっかりと2人の関係が本物であることを証明する必要があるのです。

少しでも必要書類が揃っていなかったり、二人の関係が少しでも疑いがあるものであれば、ビザはおりません。

そんな中で、わざわざ証明しないといけない時点で、二人とももうちょっと苦しいのですが笑、

さらに日本にいくために必要な書類を、軽い冊子ができるくらいの量を用意して旅行代理店に持っていく必要があります。

それを用意するのが、特にIvanは労力がかかったかと思います。

また、ビザ取得にあたって、どのやり方が一番適切なのかもわからず、そんなに多くはいないのですが、とりあえず僕たちと同じように国際結婚をした人に聞いてまわったり、またインターネットで情報の浅い内容の記事を手当たり次第調べたりと、一番スムーズにいく方法をさがしました。

 

そして、ようやくビザが取れました。。泣泣

 

二人ともそれに対して不安を度々感じていたこともあり、取得できたときの開放感がやばかったです。

そういうこともあって、今夜は、二人でリトル東京という場所の近くにある韓国レストランとカフェで軽くお祝いをしてきました。

さっそくマッコリという韓国のお酒を注文しました。

ゴクゴクゴク。美味しいなーー。

努力の甲斐あって、目の前に二人の大きな扉が開きました。

Ivanにとっては、結婚手続きといい、今回2回目の壁を乗り越えた感じだったと思います。

これは国交の問題でもあるので、宿命といえばそれまでですが、自分がIvanの立場に立って考えたとき、自分の好きな人、しかも結婚もしているのに、認めさせないといけないんです。

そのために、普段あまり行かない教会にも行って(笑)ビザがおりるように、わざわざ立ち寄って、祈っていたそうです。

それを聞いたときは、さすがに目頭が熱くなりました。

そんな感情を察したのかIvanも少し目が潤んでいました。

必ずこれからも目の前に小さな障壁があったり、大きな障壁があると思うけど、改めて一緒に乗り越えていきたいと心から思えた1日でした。

 

その後は、日本で二人でやりたいこと、RYO英会話を通して達成したいこと、を話し合ってきました。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上です。

ということで、5月に日本へ帰国することになりました。

ブログという形でみなさんとコミュニケーションさせていただいておりますが、これからもよろしくお願いします。

それでは、See you around!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出