音がつながる!”supposed to”のネイティブ発音

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、音がつながる!”supposed to”のネイティブ発音についてお話します。

この記事を読むとさらにネイティブ発音が聞き取れるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

普通の速さだと「サポウストゥ」になる

スタローン
What’s that supposed to mean?
それってどういう意味だよ?

 

 

“supposed to”は「〜と考えられている」や「〜することになっている」という意味(他にも意味はあるよ)でよく会話で使われるフレーズなんですが、“supposed”で「サポーズド」のような発音になりますが、”to”の音の影響を受け有声音の「ズド」が 無声音の「スト」に変化します。

なので、「サボウズド トゥー」と発音してしまいますが、会話では「サポウストゥー」が普通です。

 

 

早口だと「サポウスタ」になる

禁酒中で…

マイク
I’m not supposed to drink.
飲んじゃいけないんだ。

 

 

さらに早口になると”to”の発音がさらに短くなって「タ」のように弱く発音されることで、「サポウストゥー」から「サポウスタ」のようになります。

さらに早口になると「スポウスタ」のように発音され”supposed”の”u”の音が落ちます。

 

 

練習してみよう

では普通バージョンと早口バージョンを両方入れているので、音声を聞きながら聞き分けるようにして声に出して練習してみましょう。

 

リョウ
What am I supposed to say?
何を言ったらいいのかな?

 

 

リョウ
I was supposed to leave yesterday.
昨日出発するはずだったんだよね。

 

 

リョウ
What time are you supposed to be there?
何時にそこへ到着する予定なの?

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、音がつながる!”supposed to”のネイティブ発音でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。