確実な成果を出すならRYO英会話ジム

英語で「Supposed To」を自然に話すコツ:ネイティブ発音ガイド

こんにちは、RYO英会話ジムのリョウと申します。本日は、「supposed to」の発音がどのように自然に繋がっていくのか、そのネイティブスピーカーの発音技術についてご紹介いたします。この記事をご覧になることで、あなたの英語の聞き取り能力をさらに高めることができるでしょう。それでは、始めましょう。

 

 

発音のコツ

「be supposed to」の発音にはいくつかのポイントがあります。このフレーズは、日常英会話でよく使われ、「〜することになっている」という意味を持ちます。発音の際には次のコツを意識するとよいでしょう。実際に練習する際には、これらのコツを意識しながら、ゆっくりと明確に発音してみてください。そして徐々に速度を上げていき、自然なフローで話せるようになることを目指しましょう。

「be」の発音

この部分は文脈によって変わりますが、通常は短く、そして弱く発音されます。たとえば「am」「is」「are」はそれぞれ「’m」「’s」「’re」と短縮され、発音が弱まることが多いです。

「supposed」の強調

このフレーズの中で最も強調されるべきは「supposed」の部分です。「su-POSED」のように中間の音節にアクセントを置きます。特に「POSED」の部分を明確に発音しましょう。

「to」の発音の軽減

「to」は非常に軽く発音され、「トゥー」ではなく「トゥ」またはさらに早口では「タ」と聞こえます。しかし、この「to」は文脈上非常に重要なので、完全には省略しないように注意してください。

連結発音

「supposed」の「d」と「to」の「t」は連結して発音されることが多く、「supposed to」は「suppose-to」となります。また、早口で話すときは「d」と「t」の音が融合して「supposta」と聞こえることもあります。

リズムとフロー

英語はリズム言語であり、「be supposed to」を自然に聞こえさせるためには、フレーズ全体のリズムとフローを意識することが重要です。アクセントのある音節を強調し、それ以外の音節は軽く流すように心がけましょう。

 

 

 

無料トライアル実施中

普通の速さだと「サポウストゥ」になる

相手の言ってることがわからなくて…

スタローン
What’s that supposed to mean?
それってどういう意味だよ?

 

 

“supposed to”は、「〜とされている」または「〜する予定である」という意味を持ち、日常会話で頻繁に用いられる表現です。このフレーズでは、”supposed”は「サポーズド」と発音されますが、”to”の直前で発音されることにより、通常は有声の「ズド」が無声化して「スト」と聞こえることが多いです。その結果、「サポウズド トゥー」と発音しがちですが、実際の会話では「サポウストゥー」という発音が一般的です。

 

 

早口だと「サポウスタ」になる

禁酒中で…

マイク
I’m not supposed to drink.
飲んじゃいけないんだ。

 

 

速く話すと、「to」の音がより短縮され、「タ」という音に弱くなり「supposed to」が「サポウスタ」と聞こえることがあります。話速がさらに上がると、「supposed」の「u」の音が省略され、「スポウスタ」という発音になることがあります。このように、発音は話す速度によって変わり、特定の音が省略されることで全体の発音が変化します。

 

 

練習してみよう

では普通バージョンと早口バージョンを両方入れているので、音声を聞きながら聞き分けるようにして声に出して練習してみましょう。

急にスピーチをまかされて…

リョウ
What am I supposed to say?
何を言ったらいいのかな?

 

 

予定がキャンセルされて…

リョウ
I was supposed to leave yesterday.
昨日出発するはずだったんだよね。

 

 

出かける妻へ…

リョウ
What time are you supposed to be there?
何時にそこへ到着する予定なの?

 

 

 

その他覚えておきたいリエゾン表現

リエゾン発音とは、単語と単語が連結して滑らかに発音される現象を指します。英語では、特に日常会話でリエゾンが頻繁に起こり、自然な流れとリズムを生み出します。「supposed to」のようなリエゾンを含むフレーズは他にも多く、以下にその例をいくつか挙げます。

  1. Going to → Gonna: 「going to」が「gonna」として発音されるのは、非常に一般的なリエゾンの例です。特に未来形を表す際によく使われます。
  2. Want to → Wanna: 「want to」が「wanna」として発音されることがあります。これも日常会話で頻繁に見られる現象です。
  3. Got to → Gotta: 「got to」が「gotta」と発音される場合、これは「〜しなければならない」という意味を表します。
  4. Have to → Hafta: 「have to」が「hafta」として発音されることがあり、「〜しなければならない」という義務や必要性を表す際に使われます。
  5. Has to → Hasta: 「has to」が「hasta」として発音され、これも「〜しなければならない」という意味を持ちます。
  6. Did you → Didja: 質問形の「did you」が「didja」として発音されることがあります。

これらの例は、特に口語英語で頻繁に使われる表現であり、ネイティブスピーカーの間で自然なコミュニケーションを促進するために役立ちます。リエゾンの使用は英語のリズムや流暢さを理解する上で重要な要素となります。

 

 

supposed toに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が音がつながる!”supposed to”のネイティブ発音でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム