短期集中:パーソナル指導+高品質フィードバック

過去の習慣に使う!Did you use to 〜?の意味とその使い方

こんにちはRYO英会話ジムです。英語を話す際、過去の習慣や経験について尋ねる場面はよくあります。そんな時に役立つのが「Did you use to…?」という表現。この記事では、このフレーズの意味と使い方をわかりやすく解説します。それではまいります。

 

 

使う場面

「Did you use to…?」は、英語で過去の習慣や状態を尋ねる際に非常に役立つフレーズです。この質問形式は、相手の過去における定期的な行動や一時的な状況に関心がある場合に使用されます。以下は、このフレーズを使う具体的な場面についての解説です。

1. 以前の趣味や活動について尋ねる

この文脈で「Did you use to…?」を使用すると、相手が過去に定期的に行っていたが現在は行っていない趣味や活動について尋ねることができます。例えば、相手が以前に特定のスポーツをしていたか、特定の種類の本を読んでいたか、または定期的に訪れていた場所があったかどうかを知りたい場合に適しています。

  • : “Did you use to play soccer in high school?” (高校時代にサッカーをしていましたか?)

2. 過去の職業や居住地に関する質問

人々は時としてキャリアを変えたり、異なる場所に引っ越したりします。このフレーズを用いることで、相手の過去の職業経験や以前住んでいた場所について探ることができます。これは、相手の人生経験や背景を深く理解するのに役立つ質問です。

  • : “Did you use to work as a teacher?” (以前、教師として働いていましたか?)

3. 子供時代や若い頃の習慣に関する話題

子供時代や若い頃は、人生で形成的な時期であり、多くの習慣や趣味が育まれます。この質問は、相手の成長過程での習慣や行動パターン、特に現在とは異なる可能性のあるものについて尋ねるのに適しています。これにより、相手の過去の経験やそれが現在の人格形成にどのように影響しているかについての洞察を得ることができます。

  • : “Did you use to collect stamps when you were a kid?” (子供の頃、切手を集めていましたか?)

「Did you use to…?」は、相手との会話を深め、相手の過去の経験や興味についてもっと知りたいときに非常に役立ちます。この質問を通じて、相手の人生の異なる側面や変遷を探ることができ、より豊かな会話を展開することが可能になります。

 

 

例文

東京に詳しい同僚へ…

アイヴァン
Did you use to live in Tokyo?
以前東京に住んでたんですか?

 

 

早朝の散歩が好きだったという友人へ…

ナオミ
So did you use to get up early in the morning?
じゃあ、以前は朝早くに起きてたの?

 

 

タバコは辞めたほうが得だよ、と同僚から言われて…

マイク
Did you use to smoke?
以前はタバコを吸ってたんですか?

 

 

その他の例文

  1. “Did you use to play any sports in high school?”(高校時代に何かスポーツをしていましたか?)
  2. “Did you use to work in a different industry before?”(以前は別の業界で働いていましたか?)
  3. “Did you use to live abroad?”(以前は海外に住んでいましたか?)

意味

Did you use to 〜?は「以前は〜していたのですか?」という意味です。過去にしていた習慣(今はやっていないこと)に対して使います。

Did you used toとの違い

「Did you use to」と「Did you used to」は共に過去の習慣や状態について尋ねる際に使われる表現ですが、文法的には「Did you use to」が正しい形です。

  1. 「Did you use to」: これは文法的に正しい形です。”Did” が既に過去形の助動詞として機能しているため、”use” は基本形を用います。つまり、”Did” が過去の意味を担っており、”use” は過去の習慣や行為を示します。
  2. 「Did you used to」: この表現はよく使われるものの、文法的には誤りです。”Did” と “used” の両方が過去形であるため、重複しています。正しい形は “Did you use to” です。

日常会話では、多くのネイティブスピーカーが「Did you used to」を使うことがありますが、正式な文書や書き言葉では「Did you use to」を使用することが望ましいです。

Be used to…との違い

ちなみに似たような表現にbe used to 〜がありますが、これは「〜に慣れている」という意味です。間違えないようにしましょう。さらに詳しくは定番フレーズ!「〜に慣れてますか?」の意味とその使い方を参考にしてください。

 

 

似たような表現

これらの表現は、「Did you use to…?」と同様に、過去に関する質問をする際に役立つフレーズです。しかし、それぞれ異なるニュアンスと使用状況を持っているため、状況に応じて適切なフレーズを選ぶことが重要です。

Have you ever…?”

過去に一度でも経験があるかを尋ねます。この質問は、相手の経験の有無に焦点を当てます。

例文: “Have you ever been to Japan?”(日本に行ったことはありますか?)

Were you ever…?

過去に特定の状況や身分であったかを尋ねる表現です。この質問は、相手が過去に特定の役割や状態にあったかどうかを確認するのに適しています。

例文: “Were you ever a student at this university?”(この大学の学生だったことはありますか?)

Do you remember…?

過去の記憶や経験について尋ねるときに使います。この質問は、相手が特定の出来事や経験を記憶しているかどうかを確認するのに役立ちます。

例文: “Do you remember the first time we met?”(私たちが初めて会った時のことを覚えていますか?)

 

 

関連する語彙

Habit

(習慣)

語彙の意味: 「Habit」は、個人が定期的に行う行動や習慣のことを指します。これらはしばしば無意識のうちに行われ、個人の日常生活や性格を形成する重要な要素となります。

例文: “What were your childhood habits?”(子供時代の習慣は何でしたか?)

Pastime

(暇つぶし)

「Pastime」は、自由時間に楽しむ活動や趣味を指します。これには、スポーツ、読書、ゲームなど、楽しみやリラクゼーションのために行われるあらゆる活動が含まれます。

例文:”What pastimes did you enjoy as a kid?”(子供の頃、どんな暇つぶしを楽しんでいましたか?)

Former

(以前の)

「Former」は、過去のある時点で真実であったが、現在はそうではない事柄を指す際に用いられます。これは、以前の職業、居住地、状態など、過去に関連するあらゆる事柄に適用されます。

例文:”What was your former occupation?”(以前の職業は何でしたか?)

 

 

押さえておきたいポイント

  • 「Did you use to…?」は過去形を使って尋ねることに注意。
  • 肯定的な回答は “Yes, I used to…”、否定的な回答は “No, I didn’t use to…” となります。
  • このフレーズは主に非公式な会話で使われます。

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップの豊富な50種のアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に改善されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して、その後添削まですることで何が不自然で文法的に間違えているのかが一目瞭然となりレッスン内で改善まで持っていくことができます。

合わせて実践レベルに沿った実践コースにて様々なスキルを強化することが可能です。だから英語での会議や外国人の前でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることでより効果的に上達します。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

used toに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「Did you use to…?」は過去の経験について話す際に非常に役立つ表現です。この記事を参考に、日常会話で自然に使えるようになりましょう。以上がDid you use to 〜?の意味とその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

人気NO.1
スピーキング短期集中プラン

無料トライアル実施中

こんな方へ
・なかなか英語が伸びず焦っている
・TOEICは高得点でも話せない
・緊急で英語力を上げないとヤバい
・課題と目標が全く見えず放浪してる
・なんとなくの英語学習から抜け出したい

妥協を許さない集中プラン
・最大102時間のアウトプット強化
・確実に伸びるレッスンフロー
・信頼の専属講師とコンサルタント
・今のレベルに合ったカリキュラム設計
・課題が明確になるスピーキングテスト
・目標レベルまで伴走するコーチング

到達可能なレベルにコミットして最も効率的に成長をフルサポートします。今ならダブル保障制度付!まずはお気軽にどうぞご相談ください。

確認メッセージはメールでお送りいたします。メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックいただくことで、配信を開始できます。もしメッセージが受信トレイに届かない場合、迷惑メールフォルダに入っている可能性があるため、そちらもご確認ください。また、配信停止はいつでも可能ですので、ご安心ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
短期集中コース