3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

運命のフレーズ!”It was meant to be.”の意味と使い方を解説

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

「”It was meant to be.”ってどんな意味?」

「”It was meant to be.”」は直訳すると「それはそうなる運命だった」という意味です。このフレーズは、何かが偶然ではなく、運命や必然によって起きたことを示すときに使われます。例えば、重要な出来事や出会いが起きた時に、「これは運命だったんだ」と感じたことはありませんか?そんな時にぴったりの表現です。

このフレーズが使われるシチュエーション

「”It was meant to be.”」は様々なシチュエーションで使われます。以下にいくつかの例を紹介します。

  1. 恋愛や友情のエピソード
    • 長い間会っていなかった友人と偶然再会したり、新しい恋人との出会いが運命的だと感じた時に使います。
    • 例文:
  2. キャリアや仕事の出来事
    • 夢見ていた仕事に就けた時や、困難なプロジェクトが成功した時に、すべてがうまくいったのは運命だったと感じる場合に使います。
    • 例文:
  3. 生活の大きな転機
    • 引っ越し先で素敵な人々に出会ったり、思いがけない出来事が自分の人生に良い影響を与えた時に使います。
    • 例文:

このように、「”It was meant to be.”」は、人生の様々な瞬間に運命を感じた時に使うフレーズです。このフレーズを使うことで、出来事や出会いの特別さを強調することができます。

 

 

無料トライアル実施中

“It was meant to be.”の基本的な意味

フレーズの直訳と意訳

直訳:
“It was meant to be.”を直訳すると、「それはそうなるように意図されていた」という意味になります。

意訳:
このフレーズは、何かが偶然ではなく運命や必然によって起きたことを示す表現です。日本語では「それは運命だった」「そうなるべくしてなった」といったニュアンスに近いです。

このフレーズが持つニュアンスや感情

“It was meant to be.”というフレーズは、以下のようなニュアンスや感情を含んでいます:

  1. 運命的な感覚
    • 何かが計画通りに進んだり、思いがけない偶然が重なった時に使います。このフレーズを使うことで、出来事があらかじめ決まっていたような感じを伝えます。
  2. 安堵や安心感
    • 何かがうまくいったり、困難な状況が良い方向に進んだ時に、運命を信じて安心する気持ちが含まれています。
  3. ポジティブな視点
    • 過去の出来事や現在の状況に対してポジティブに捉える姿勢を示します。失敗や挫折も運命の一部と考え、前向きに受け入れることができます。
  4. 感謝の気持ち
    • 良い結果がもたらされた時に、その出来事や人々に対する感謝の気持ちを込めて使うことが多いです。

例えば、長年夢見ていた仕事に就くことができた時、「この仕事に就けたのは偶然ではなく運命だった」と感じる場面で使います。また、偶然の再会や新しい出会いに対しても、「これは運命だったんだ」と感じることができます。

例文
  • “Meeting you here today feels like it was meant to be.”
    • 「今日ここであなたに会うのは運命だった気がする。」
  • “Despite all the challenges, I believe this success was meant to be.”
    • 「すべての困難にもかかわらず、この成功は運命だったと信じている。」

このように、「It was meant to be.」は、出来事の背後にある運命や必然性を感じ、ポジティブな気持ちや安心感を持って使うフレーズです。

 

 

使い方の例文

日常会話での具体的な使用例

  1. 恋愛や友情に関する例:
    • “I never thought I’d meet someone like you. It was meant to be.”
      • 「あなたのような人に会えるなんて思ってもいなかった。これは運命だったんだね。」
    • “After all these years, we found each other again. It was meant to be.”
      • 「こんなに長い間離れていたのに、またお互いを見つけたね。これは運命だったよ。」
  2. 生活の転機に関する例:
    • “We moved to this new city and everything fell into place. It was meant to be.”
      • 「新しい街に引っ越して、すべてがうまくいった。これは運命だったんだ。」
    • “Getting that job offer just when I needed it most—it was meant to be.”
      • 「一番必要な時にその仕事のオファーをもらえたなんて、これは運命だったんだ。」

ビジネスシーンやカジュアルな場面での使い分け

ビジネスシーン:

  • プロジェクトの成功時:
    • “Despite the challenges we faced, the project succeeded. It was meant to be.”
      • 「直面した課題にもかかわらず、プロジェクトは成功した。これは運命だったんだ。」
  • 良い人材の採用時:
    • “Hiring her was the best decision. It was meant to be.”
      • 「彼女を採用したのは最高の決断だった。これは運命だったんだ。」

カジュアルな場面:

  • 旅行先での出会い:
    • “Meeting those amazing people during our trip felt like it was meant to be.”
      • 「旅行中に素晴らしい人たちに出会えたのは運命だったように感じた。」
  • 偶然の出来事:
    • “I lost my old phone and found a new one with better features. It was meant to be.”
      • 「古い携帯を失くして、新しいのを見つけたら機能が良かった。これは運命だったんだ。」

 


これらの例からわかるように、「It was meant to be.」は様々な場面で使うことができます。ビジネスシーンではプロジェクトの成功や良い人材の採用に対して、カジュアルな場面では旅行中の出会いや偶然の出来事に対して使うことで、その出来事が運命であったことを強調し、ポジティブな意味合いを持たせることができます。

 

 

よくある誤解と正しい使い方

よく間違えやすい使い方の説明

  1. 日常の些細な出来事に対して使う:
    • 誤解:日常の些細な出来事やあまり重要でない場面でも「It was meant to be.」を使ってしまうことがあります。
    • 例: “I found a parking spot right away. It was meant to be.”
      • 「すぐに駐車スペースを見つけた。これは運命だった。」
  2. 否定的な出来事に対して使う:
    • 誤解:否定的な出来事や失敗に対しても使ってしまうことがありますが、一般的にこのフレーズはポジティブな出来事に使います。
    • 例: “I failed the exam. It was meant to be.”
      • 「試験に落ちた。これは運命だった。」

正しい使い方を解説

適切なシチュエーションで使う:

  1. 重要な出来事や転機に対して:
    • 正しい使い方:人生の重要な出来事や転機に対して使うことで、その出来事が特別であることを強調します。
    • 例: “Meeting my best friend was meant to be. We’ve been inseparable ever since.”
      • 「親友に会えたのは運命だった。私たちはそれ以来ずっと一緒だ。」
  2. ポジティブな出来事に対して:
    • 正しい使い方:ポジティブな出来事や成功に対して使うことで、その結果が必然的だったことを示します。
    • 例: “Getting the promotion felt like it was meant to be after all my hard work.”
      • 「昇進したのは、私の努力の結果として運命だったと感じた。」
  3. 運命的な出会いや出来事に対して:
    • 正しい使い方:運命的な出会いや特別な出来事に対して使うことで、その瞬間の特別さを強調します。
    • 例: “We met by chance, but it felt like it was meant to be.”
      • 「偶然に出会ったけれど、それは運命だったように感じた。」

ポイント:

  • 「It was meant to be.」は特別な出来事やポジティブな結果に対して使うと効果的です。
  • 些細な出来事や否定的な出来事にはあまり使わないようにしましょう。
  • このフレーズを使うことで、出来事の特別さや運命的な要素を強調することができます。

これらのガイドラインを守ることで、「It was meant to be.」を正しく使い、英語の表現力を高めることができます。

 

 

類似表現との比較

似た意味の他の英語表現

  1. “It was destined to happen.”
    • 意味:これも「それは運命だった」という意味で、「It was meant to be.」と非常に近いです。
    • 使用例: “Our paths crossed again after many years. It was destined to happen.”
      • 「何年も経ってまた私たちの道が交差したのは運命だった。」
  2. “It was fate.”
    • 意味:これも「運命だった」という意味で、より直接的に運命を指します。
    • 使用例: “We ended up at the same place at the same time. It was fate.”
      • 「同じ場所で同じ時間に会ったのは運命だった。」
  3. “It was written in the stars.”
    • 意味:「星に書かれていた」という表現で、運命や宿命を意味します。詩的な響きがあります。
    • 使用例: “From the moment we met, it felt like it was written in the stars.”
      • 「私たちが出会った瞬間から、それは星に書かれていたように感じた。」

それぞれの違いと使い分け方

  1. “It was meant to be.”
    • ニュアンス比較的カジュアルで、日常的な運命感を示します。具体的な出来事が起きた時に、それが必然だったと感じる場合に使います。
    • 使用例:偶然の出会いや予想外の成功など、身近な運命的な出来事に対して使うことが多いです。
  2. “It was destined to happen.”
    • ニュアンス少しフォーマルで、予言や予見された運命を強調します。計画された運命や避けられない出来事に対して使います。
    • 使用例:より大きな出来事や、長い時間をかけて結果が現れた場合に使うことが多いです。
  3. “It was fate.”
    • ニュアンスシンプルで直接的。運命を強く信じていることを示します。無駄のない表現で、強い感情を込めたい時に使います。
    • 使用例:運命を強く感じる瞬間や、シンプルに運命を表現したい時に使います。
  4. “It was written in the stars.”
    • ニュアンス詩的でロマンチック。星に書かれているという表現は、運命が決まっていることを美しく表現します。
    • 使用例:ロマンチックな状況や感動的な出来事、映画や文学の引用などで使うことが多いです。

これらの表現を使い分けることで、状況や感情に応じて適切なニュアンスを伝えることができます。「It was meant to be.」はカジュアルで広範囲に使える表現ですが、他の表現を使うことで、より具体的な感情や状況を表現することができます。

 

 

まとめ

要点まとめ

  • 意味:
    「”It was meant to be.”」は直訳すると「それはそうなる運命だった」という意味で、運命や必然によって起きた出来事を示すフレーズです。
  • ニュアンス:
    このフレーズは、運命的な出来事やポジティブな結果に対して使われ、特別な瞬間や安心感、感謝の気持ちを強調します。
  • 使用例:
    日常会話やビジネスシーン、カジュアルな場面での使用例として、恋愛や友情のエピソード、キャリアの転機、偶然の出会いなどが挙げられます。
  • 誤解と正しい使い方:
    些細な出来事や否定的な状況には使わず、重要な出来事やポジティブな結果に対して使うのが正しい使い方です。
  • 類似表現との比較:
    “It was meant to be.”はカジュアルで広く使われますが、”It was destined to happen.”、”It was fate.”、”It was written in the stars.”などの類似表現も適切な状況に応じて使い分けることで、より豊かな表現が可能です。

読者への励ましのメッセージ

英語の表現を学ぶことは、時に難しく感じるかもしれませんが、それぞれのフレーズには素敵な意味やニュアンスが詰まっています。「It was meant to be.」のようなフレーズを覚えることで、英語のコミュニケーションがより豊かで感情豊かなものになります。

大切な出来事や出会いを英語で表現できるようになると、世界が広がり、新しい視点が得られます。日々の生活の中で、運命的な瞬間を感じたら、ぜひこのフレーズを使ってみてください。皆さんが英語の学びを通じて、新たなチャンスや出会いに恵まれることを心から願っています。それもきっと、運命だったのだと思える日が来るでしょう。

これからも一緒に英語の学びを楽しみましょう!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム