3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

覚えておこう!”Keep it in mind”の意味と使い方ガイド

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

こんにちは!英会話ブログへようこそ。今日は、英語の表現 “keep it in mind” について詳しく解説します。このフレーズ、実は日常会話やビジネスシーンでとてもよく使われるんです。でも、どういう意味で、どんな場面で使えばいいのか、ちょっと難しく感じることもありますよね。

“Keep it in mind”ってどういう意味?

“Keep it in mind” は直訳すると「それを心に留めておく」という意味です。もっと簡単に言うと、「覚えておいてね」というニュアンスになります。例えば、誰かに何か重要なことを伝えるときや、何かを忘れないように伝えたいときに使われる表現です。

この記事で学べること

この記事では、以下のことが学べます:

  1. “Keep it in mind”の基本的な意味 – 直訳と実際の使い方を分かりやすく説明します。
  2. “Keep it in mind”の使い方 – ビジネスシーンや日常会話での具体的な使用例を紹介します。
  3. 例文で学ぶ”Keep it in mind” – 簡単な例文から応用的な例文まで幅広く紹介します。
  4. “Keep it in mind”を使った会話の例 – ショートダイアログで、会話の中での自然な使い方を学びます。
  5. “Keep it in mind”と一緒に覚えておきたいフレーズ – 類似表現や言い換え表現も一緒に覚えて、英語の表現力をアップさせましょう。

この記事を読み終わる頃には、”keep it in mind” を自信を持って使いこなせるようになるはずです。それでは、一緒に学んでいきましょう!

 

 

無料トライアル実施中

“Keep it in mind”の基本的な意味

直訳と実際の使い方

“Keep it in mind” の直訳は「それを心に留めておく」という意味です。英語のニュアンスとしては「覚えておいてね」や「忘れないでね」といった意味合いになります。主に、何か重要な情報やアドバイスを伝える際に使われることが多いです。

例えば:
  1. 仕事での使い方
    “We have a meeting at 3 PM tomorrow. Keep it in mind.”
    「明日3時に会議があります。覚えておいてください。」
  2. 日常会話での使い方
    “Keep it in mind that the store closes early on Sundays.”
    「その店は日曜日に早く閉まることを覚えておいてね。」

このように、”keep it in mind” は相手に何かを覚えておいてもらいたい時に使う表現です。重要なポイントや注意点を伝えるのに便利です。

他の類似表現との違い

“Keep it in mind” と似た表現には、いくつかのバリエーションがあります。それぞれ微妙にニュアンスが異なるので、適切な場面で使い分けることが大切です。

  1. Remember
    もっと直接的な表現で、「覚えておいて」という意味です。
    例: “Remember to lock the door.”
    「ドアをロックするのを覚えておいてね。」
  2. Don’t forget
    こちらも直接的で、「忘れないで」という意味になります。少し強めのニュアンスです。
    例: “Don’t forget to bring your ID.”
    「IDを持ってくるのを忘れないでね。」
  3. Bear in mind
    これも「覚えておいて」という意味ですが、少しフォーマルな表現です。
    例: “Bear in mind that this is just a preliminary plan.”
    「これはあくまで予備的な計画であることを覚えておいてください。」
  4. Take note
    「注意しておいて」という意味で、書き留めるというニュアンスも含まれます。
    例: “Take note of the new rules.”
    「新しいルールに注意してください。」

これらの表現と “keep it in mind” は、状況に応じて使い分けることで、より自然な英会話ができるようになります。どの表現を使うかは、伝えたい内容や相手との関係性によって変わってきますが、”keep it in mind” は柔らかくも丁寧な印象を与える便利な表現です。

 

 

“Keep it in mind”の使い方

ビジネスシーンでの使用例

ビジネスシーンでは、重要な情報や注意点を相手に伝える際に “keep it in mind” を使うことがよくあります。以下にいくつかの具体例を紹介します。

  1. 会議の前に
    “We need to finalize the project proposal by next Monday. Please keep it in mind.”
    「来週の月曜日までにプロジェクト提案書を最終決定する必要があります。覚えておいてください。」
  2. プロジェクト進行中に
    “When working on the budget, keep it in mind that we have limited resources.”
    「予算を作成する際には、資源が限られていることを覚えておいてください。」
  3. メールでの連絡
    “Our team meeting has been rescheduled to 10 AM. Keep it in mind and adjust your calendar accordingly.”
    「チームミーティングが午前10時に再スケジュールされました。覚えておいて、カレンダーを調整してください。」
  4. プレゼンテーションの準備
    “Keep it in mind that our audience includes several non-technical stakeholders.”
    「私たちの聴衆には、技術的な知識がない関係者も含まれていることを覚えておいてください。」

日常会話での使用例

日常会話では、ちょっとしたアドバイスや注意を伝える際に “keep it in mind” を使うことが多いです。以下にいくつかの具体例を紹介します。

  1. 友人へのアドバイス
    “Keep it in mind that the traffic can be heavy during rush hour.”
    「ラッシュアワーの時間帯は交通渋滞がひどくなることを覚えておいてね。」
  2. 家族への注意
    “Keep it in mind to take out the trash before you leave.”
    「出かける前にゴミを出すのを覚えておいてね。」
  3. 旅行の計画
    “When packing for the trip, keep it in mind that the weather might be cold.”
    「旅行の荷造りをするときに、天気が寒くなるかもしれないことを覚えておいてね。」
  4. 勉強のアドバイス
    “Keep it in mind to review your notes before the test.”
    「テストの前にノートを見直すことを覚えておいてね。」

これらの例からわかるように、”keep it in mind” はビジネスでも日常でも幅広く使える便利な表現です。相手に何かを覚えておいてほしいときに、柔らかく伝えることができます。

 

 

“Keep it in mind”を使った会話の例

ダイアログ 1:

A: “Hey, don’t forget we have a team meeting tomorrow at 10 AM.”

B: “Got it. I’ll keep it in mind. Thanks for the reminder.”

和訳:

A: 「ねえ、明日の午前10時にチームミーティングがあるのを忘れないでね。」

B: 「わかった。覚えておくよ。知らせてくれてありがとう。」

ダイアログ 2:

A: “The deadline for the project is next Friday.”

B: “Thanks for letting me know. I’ll keep it in mind and plan accordingly.”

和訳:

A: 「プロジェクトの締め切りは来週の金曜日だよ。」

B: 「教えてくれてありがとう。覚えておいて、それに合わせて計画を立てるよ。」

ダイアログ 3:

A: “When you give your presentation, keep it in mind that some of the audience members are not familiar with technical terms.”

B: “I understand. I’ll make sure to explain things clearly.”

和訳:

A: 「プレゼンテーションをするときに、聴衆の中には専門用語に詳しくない人もいることを覚えておいてね。」

B: 「わかりました。ちゃんとわかりやすく説明するようにします。」

 

 

まとめ

“Keep it in mind”のポイントおさらい

“Keep it in mind” は、「覚えておいてね」や「忘れないでね」という意味で使われる表現です。ビジネスシーンでも日常会話でも幅広く使える便利なフレーズです。相手に何か重要なことや注意点を伝えるときに使うことで、柔らかく丁寧に伝えることができます。

主な使い方は以下の通りです:

  • ビジネスシーン:会議やプロジェクトの締め切りを覚えておいてほしい時。
  • 日常会話:友人や家族にちょっとしたアドバイスや注意を伝える時。

実践のためのアドバイス

“Keep it in mind” を自然に使いこなすためのアドバイスは以下の通りです:

  1. シチュエーションを意識する:この表現は相手に何かを覚えておいてほしい時に使います。仕事や日常生活の中で、使える場面を見つけてみましょう。
  2. 例文を覚える:この記事で紹介した例文を参考に、自分なりの例文を作ってみてください。実際に使う場面を想定して練習すると効果的です。
  3. 会話の中で使ってみる:練習した例文を実際の会話で使ってみましょう。少しずつ慣れていくことで、自然に使えるようになります。

読者への感謝

最後までこの記事を読んでいただき、ありがとうございました。”Keep it in mind” を使いこなすことで、英語のコミュニケーションがよりスムーズになることを願っています。質問やコメントがあれば、ぜひお気軽にお知らせください。今後も英語学習に役立つ情報をお届けしていきますので、引き続きよろしくお願いいたします!

あなたの英語学習がますます充実したものになるよう、応援しています。Keep it in mind, and happy learning!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム