3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語の前置詞を攻略!「at」「in」「on」をスラスラ使おう

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

はじめに

前置詞「at」「in」「on」の重要性

英語の前置詞「at」「in」「on」は、場所や時間を表現する際に非常に重要です。これらの前置詞を正しく使うことで、より自然で正確な英語が話せるようになります。特に、会話や文章での細かいニュアンスを伝えるために、これらの前置詞は欠かせません。

日本人が混乱しやすいポイント

多くの日本人学習者が「at」「in」「on」の使い分けに苦労する理由はいくつかあります。まず、日本語にはこれらに対応する明確な単語がなく、文脈によって使い方が変わるため、直感的に理解するのが難しいことが挙げられます。また、英語では細かな違いを表現するために使い分けが必要ですが、日本語では一つの言葉で表現できることが多いため、違いを意識するのが難しいのです。

例えば、「駅にいる」という表現は英語では「at the station」となりますが、「in the station」と「on the station」の違いも理解して使い分けなければなりません。これが、学習者にとって混乱の原因となります。この記事では、それぞれの前置詞の基本的な使い方と、具体的な例を挙げてわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

無料トライアル実施中

基本の使い方を理解しよう

「at」の基本的な使い方

  • 場所や時間の具体的な点を示すとき
    • 「at」は特定の場所や時間を示すときに使われます。具体的で狭い範囲を指す場合によく使われます。
    • 例:
      • at the station (駅に):
        「He is waiting at the station.」
        (彼は駅で待っています。)
      • at 7 o’clock (7時に):
        「The meeting starts at 7 o’clock.」
        (会議は7時に始まります。)

「in」の基本的な使い方

  • 広い場所や時間の中を示すとき
    • 「in」は広い範囲や長い時間の中を示すときに使われます。空間的に広がりがある場合や時間の中の一部を指す場合によく使われます。
    • 例:
      • in Tokyo (東京に):
        「She lives in Tokyo.」
        (彼女は東京に住んでいます。)
      • in the morning (朝に):
        「I usually exercise in the morning.」
        (私は通常、朝に運動します。)

「on」の基本的な使い方

  • 接触面や特定の日を示すとき
    • 「on」は物が他の物に接触している場合特定の日付を示すときに使われます。
    • 例:
      • on the table (テーブルの上に):
        「The book is on the table.」
        (本はテーブルの上にあります。)
      • on Monday (月曜日に):
        「We have a meeting on Monday.」
        (私たちは月曜日に会議があります。)

これらの基本的な使い方を覚えることで、前置詞「at」「in」「on」を正確に使えるようになりましょう。次に、具体的な例文を使ってさらに理解を深めていきます。

 

 

具体的な例文で理解を深めよう

「at」の例文と解説

  • He is at the park. / 彼は公園にいます。
    • この例文では、「at」は具体的な場所である「公園」を示しています。「at the park」は、公園の特定の場所にいることを意味します。他の例としては、「at the bus stop」(バス停で)や「at the office」(オフィスで)などがあります。具体的な点を示す際に「at」を使います。

「in」の例文と解説

  • She lives in New York. / 彼女はニューヨークに住んでいます。
    • この例文では、「in」は広い場所である「ニューヨーク」を示しています。「in New York」は、ニューヨークという広い都市の中に住んでいることを意味します。他の例としては、「in the room」(部屋の中で)や「in the car」(車の中で)などがあります。広い範囲や中の部分を示す際に「in」を使います。

「on」の例文と解説

  • The book is on the desk. / 本は机の上にあります。
    • この例文では、「on」は接触面である「机の上」を示しています。「on the desk」は、本が机の表面に置かれていることを意味します。他の例としては、「on the floor」(床の上で)や「on the wall」(壁の上で)などがあります。物が接触している面や特定の日を示す際に「on」を使います。

これらの例文を参考にしながら、前置詞「at」「in」「on」の使い方を正確に理解していきましょう。次に、これらの前置詞の使い分けを練習するためのクイズを用意します。

 

 

前置詞の使い分けを練習しよう

短いクイズで理解度チェック

以下の文に適切な前置詞「at」「in」「on」を選んで入れてみましょう。答えは文の下に記載しますので、確認してみてください。

  1. The meeting starts ___ 9 a.m.
  2. He is ___ the library.
  3. She is ___ the phone.
  4. The cat is sleeping ___ the bed.
  5. They live ___ a small village.
  6. The picture is hanging ___ the wall.
  7. I will meet you ___ the airport.
  8. There are many people ___ the park.
  9. We arrived ___ Japan yesterday.
  10. The keys are ___ the table.
  1. at
  2. in
  3. on
  4. on
  5. in
  6. on
  7. at
  8. in
  9. in
  10. on

このクイズを通して、前置詞「at」「in」「on」の使い方をさらに理解していただけたらと思います。日常会話での具体的な使い方を練習することで、自然に使いこなせるようになりましょう。次は、日常会話での応用例を見てみましょう。

 

 

日常会話での応用編

会話の中でよく使うフレーズ

英語の前置詞「at」「in」「on」は、日常会話でも頻繁に使われます。ここでは、日常生活でよく使われるフレーズを紹介します。これらのフレーズを覚えて、自然な会話で使えるようにしましょう。

「at」を使ったフレーズ

  • at work (仕事中)
    • 例: “He is at work right now.”
      (彼は今、仕事中です。)
  • at home (家に)
    • 例: “I will be at home this evening.”
      (今晩は家にいます。)
  • at the supermarket (スーパーマーケットに)
    • 例: “She is at the supermarket buying groceries.”
      (彼女は食料品を買いにスーパーマーケットにいます。)

「in」を使ったフレーズ

  • in a meeting (会議中)
    • 例: “He is in a meeting and can’t be disturbed.”
      (彼は会議中で邪魔できません。)
  • in bed (ベッドの中)
    • 例: “She is still in bed.”
      (彼女はまだベッドの中です。)
  • in the kitchen (キッチンに)
    • 例: “I am cooking in the kitchen.”
      (私はキッチンで料理をしています。)

「on」を使ったフレーズ

  • on vacation (休暇中)
    • 例: “They are on vacation in Hawaii.”
      (彼らはハワイで休暇中です。)
  • on the phone (電話中)
    • 例: “She is on the phone with a client.”
      (彼女は顧客と電話中です。)
  • on the bus (バスに)
    • 例: “I am on the bus heading to work.”
      (私は仕事に向かうバスに乗っています。)

これらのフレーズを覚えて、実際の会話で活用してみてください。次に、記事全体を振り返り、重要なポイントをまとめます。

 

 

まとめ

重要ポイントのおさらい

  1. 「at」の基本的な使い方
    • 具体的な場所や時間を示すときに使用します。
    • 例: at the station, at 7 o’clock
  2. 「in」の基本的な使い方
    • 広い場所や時間の中を示すときに使用します。
    • 例: in Tokyo, in the morning
  3. 「on」の基本的な使い方
    • 接触面や特定の日を示すときに使用します。
    • 例: on the table, on Monday

自信を持って使えるようになるためのアドバイス

前置詞の使い分けをマスターするためには、以下のポイントを意識しましょう。

  1. 実際に使ってみる:
    英語の会話や文章を書く際に、積極的に「at」「in」「on」を使ってみましょう。間違えても良いので、まずは使うことが大切です。
  2. 例文を覚える:
    多くの例文を覚えておくと、使い方が自然と身につきます。毎日少しずつ例文を覚えてみましょう。
  3. ネイティブスピーカーの表現を観察する:
    映画やドラマ、英語のニュースなどを見て、ネイティブスピーカーがどのように前置詞を使っているかを観察しましょう。
  4. 練習問題を解く:
    前置詞の使い分けを練習するためのクイズや問題集を活用して、理解度をチェックしましょう。

読者への感謝

最後に、この記事を読んでいただき、ありがとうございました。前置詞「at」「in」「on」の使い方について少しでも理解が深まったら嬉しいです。英語学習は継続が鍵ですので、これからも頑張ってください。皆さんの英語力向上を心から応援しています!

また、この記事が役に立ったと感じたら、ぜひ友人や同僚にもシェアしてください。今後も英語学習に役立つ情報を提供していきますので、引き続きよろしくお願いします。

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

RYO英会話ジム