【厳選】英会話中級者が必ず読んでおきたいフレーズ本3選

こんばんは、リョウです。

今日は、英会話中級者がからなず読んでおきたいフレーズ本を3つご紹介します。

前回、英会話ビギナー向けのフレーズ本紹介記事の反応がとてもよかったです。

英会話初心者の人が必ず読んでおきたいフレーズ本4選

2018.06.11

 

なので、引き続き第二弾として中級の方向けにも書かせていただきます。

他にもたくさんのフレーズ本はあります。

でも、僕がたくさん見た中で特によかったものを厳選してご紹介しています。

多いと逆に選びにくいですからね。

それでは、まいりましょう。

 

 

対象

中級の方が対象なんですが、中級と言っても幅が広いですよね。

なので、箇条書きでどういった方に、特に効果的なのかお伝えしておきます。

  • 日常会話で使われる基本的な日常フレーズはマスターしている
  • 込み入った場面になると、急にどう伝えていいかわからない
  • ネイティブがよく使う言い回しを使えるようになりたい
  • いつも回りくどい表現ばかりしてしまう

 

といった感じです。

上記に該当する方は、紹介するフレーズ本をしっかりとインプットしましょう。

そうすれば、簡単な日常会話だけでなく、さらに込み入った話しの内容や状況でも、文法や日本語を考えずに、言いたいことがフレーズで出るようになってきます。

 

 

かならず音読すること

では、自然にフレーズが出てくるために具体的にどういった覚え方をすればいいのでしょうか。

答えは、シャドーイングをやりましょう。

根本的には音読のことですね。

最初は、フレーズ本を見ながら音声についていくような感じでリピートしましょう。

慣れてきたらフレーズ本を見ないで、音だけ拾ってリピートしてください。

音だけを拾って音読することをシャドーイングと言います。

なぜシャドーイングがいいのでしょうか。

それは、聞くことでリスニング力が上がるだけでなく、なんども音読することでスピーキング力も上がるからです。

まさに一石二鳥です。

さらに、発音やイントネーションの矯正効果もあります。

僕はこれを2年間やり続けて、日本語発音が完全に抜け、ほとんどネイティブに近い発音を手に入れました。

なので、ぜひ試してください。

音声を聞き流す歳は、必ず音声の発音やイントネーションを真似るようにしてくださいね。

そうしないと効果がでません。

また、ただ単に文をリピートするのではなく、できる限りイメージしながら音読するように心がけてください。

なぜなら、それが英語脳を作る方法だからです。

 

 

1: 英会話なるほどフレーズ100

1と2は、ネイティブが日常で頻繁に使うシンプルなフレーズを収録しています。

しかも、100フレーズと決まりよくまとめているので、モチベーションを下げることなく覚えられます。

僕が海外に出た当時、1と2を定期的に音読していました。

本当に使えるフレーズばかりです。

このフレーズ本の面白いところは、ステージが1〜5まであって、それぞれ名前がついています。

例えば、1だとBabyで、5になるとTeenagerのように少しずつ使うフレーズの難易度が上がっていきます。

とは言っても、単語のレベルにそんな大きな変わりはないです。

モチベーションが保てるように作られているのも魅力ですね。

 

 

2: 英会話きちんとフレーズ100

1の続きになります。

こちらは、ステージ1〜6まであり、モチベーションを保てるように作成されています。

ステージ6になると、Young adultです!

1よりフレーズのレベルが上がります。

なので、1を買ってある程度フレーズが口に馴染んできたら、2を購入するといいと思います。

レベルは上がると言っても、1も2も本当に中学と高校で学んだ単語ばかりが出てきます

ネイティブがいかにシンプルな単語で日常のことを表現しているかがわかります

例えば、「常識だよ。」はネイティブはどんな風に表現するでしょうか。

なんと、”everyone”と”know”という2単語だけ組み合わせて表現してしまいます。

“Everyone knows.”「常識だよ。」でいいんです。

めちゃシンプルですよね。

いつも回りくどい表現になって、結局伝わらないという人にはぜひ読んでほしい2冊です。

 

 

3: ネイティブ英会話フレーズ集3240

3つ目は、ネイティブ英会話フレーズ週3240といって、もうフレーズの辞書です。

言いたいフレーズがここで必ず見つかります。

基本の会話から、日常生活の会話、そして話題別や場面別の会話などが詳細に紹介されています。

英語圏に生活していると、必ず出くわすシーンがすべてここに入っています。

さらにCDが4枚ついてきます。

特徴としては、

  • 日本語から英語の全フレーズ
  • 高速リスニング(1.5倍〜2倍で聞ける)
  • パソコンでテスト

 

しっかりと覚えられたか確認できる穴埋めテストもあるので、大変親切です。

ただ最終的に、使えるようになるのが目標です。

なので、穴埋めテストで全問正解だからOKではなく、実際にそれを口からスムーズに言えるかどうかも確認しましょう。

むしろそちらのほうが大事です。

それでも実際の場面になると、学んだ通りに言えないものです。

だから、失敗する前提で実践の場では使っていきましょう。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、中級向けのオススメするフレーズ本3選でした。

それでは、See you around!

 

 

無料から有料まで!英語でニュースが読める最強アプリ5選

2018.07.01

実際に読み込んで役に立った英会話のためのおすすめ文法本4選!

2018.02.06

ご紹介、実際に試して効果のあった発音矯正にオススメのリスニング教材とアプリ全部で6選!

2018.02.04
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中