確実な成果を出すならRYO英会話ジム

声に出して vs 大声で: LoudlyとAloudの使い分け

こんにちはRYO英会話ジムです。今日は知ってる?loudlyとaloudの違いとその使い方についてお話します。どちらも似たようなスペルで同じ副詞なので使い方に混乱しますが、意味が全然違います。知らない方はこの機会に是非使いこなせるようになっておきましょう。それではまいりましょう。

 

 

違い

  • aloudは「声に出して」という意味で、通常は読書や発表など、文字を声に出して人に聞かせる行為を指します。内心で考えるのではなく、口を動かして音として発することを意味します。
  • loudlyは「大声で」「やかましく」という意味で、声の大きさや強さを表します。音量が高い状態、つまり周りに響き渡るほどの声の大きさを指し、時には騒がしいほどに聞こえる場合もあります。

 

 

無料トライアル実施中

aloud

友人が何か言ったような気がして…

アイヴァン
Nothing. I was just thinking aloud.
何もないよ。ただの独り言。

 

 

先生から…

ウィル
Please read aloud.
声に出して読んでください。

 

 

その他例文

  • 英文: “Please read the instructions aloud so everyone can hear.”
    • 和訳: 「説明書を声に出して読んでください、皆が聞けるように。」
  • 英文: “The teacher asked the students to think about the question before answering aloud.”
    • 和訳: 「先生は生徒たちに、声に出して答える前に質問について考えるように頼みました。」
  • 英文: “He practiced his speech aloud in front of the mirror to improve his delivery.”
    • 和訳: 「彼は配信を改善するために、鏡の前でスピーチを声に出して練習した。」

「aloud」という単語は、特に思考や読書など内面で行われる活動を声に出して行うときに用いられます。これにより、内部で処理している情報を外部に表現するプロセスを示します。例えば、「think aloud」は自分の考えや思考過程を声に出して他人に聞かせることを意味し、「read aloud」は文字や文章を声に出して読むこと、すなわち朗読を指します。

これらの表現は、個人が内面的に経験していることを外部化し、聞き手に伝える手段として用いられます。「wonder aloud」のように、疑問や思索を声に出して表現することも、この「aloud」の使用例に含まれます。これらの表現は、コミュニケーションの一環として、または自己反省の過程で使用されることがあります。

out loudの意味と使い方【thinkやreadと一緒に使える】

 

 

loudly

友人について…

アイヴァン
I like how loudly you laugh.
君が大声で笑うのが好き。

 

 

クラスメイトに…

マイク
Can you stop talking so loudly?
やかましく話すのやめてくれない?

 

 

その他例文

  • 英文: He laughed loudly in the middle of the library, attracting everyone’s attention.
    • 和訳: 彼は図書館の真ん中で大声で笑い、皆の注目を集めた。
  • 英文: She spoke loudly to be heard over the noise of the crowd.
    • 和訳: 彼女は群衆の騒音に負けないように大声で話した。
  • 英文: The dog barked loudly every time someone passed by the house.
    • 和訳: 誰かが家の前を通るたびに、その犬は大声で吠えた。

aloudは単に声に出すことを指すのに対して、loudlyはその声の大きさや強度に焦点を当てた表現です。したがって、同じ文を読む場合でも、それを「aloud」読むときは単に声に出しているだけですが、「loudly」読むときは大きな声で読んでいることになります。

 

 

関連する英単語

「loudly」と「aloud」に関連する英単語には、声の大きさ、聞こえ方、または発声の仕方に関する単語が多く含まれます。以下はそれぞれの単語に関連する例とその意味です。

Loudlyに関連する単語

  1. Loud (形容詞): 音量が大きく、はっきりと聞こえるさま。
  2. Boisterous (形容詞): 騒がしくて活動的、特に人が大声で話したり笑ったりするさま。
  3. Vociferous (形容詞): 意見や要求を大声で、しばしば怒って表現するさま。

Aloudに関連する単語

  1. Verbalize (動詞): 思考や感情を言葉で表現すること。
  2. Articulate (動詞): 明瞭にはっきりと言葉を発すること。
  3. Narrate (動詞): 物語や出来事を口頭で語ること。

これらの単語は、それぞれが音の出し方や発声のスタイルに関連するニュアンスを持っています。例えば、「loudly」に関連する単語は、音の大きさやその影響力を強調します。一方で、「aloud」に関連する単語は、声に出して何かを伝える行為の方法やその過程を表します。

 

 

 

 

loudlyに関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が知ってる?loudlyとaloudの違いとその使い方でした。それではSee you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム