知ってた?”fortnight”の意味とその使い方【一言でtwo weeksを表現できちゃう】

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は知ってた?”fortnight”の意味とその使い方についてお話します。タイトルで意味を推測できたかもしれませんがfortniightを使えば一言でtwo weeksを表現することができます。とても便利な英単語なので覚えて帰ってくださいね。それではまいりましょう。

 

 

Youtubeで聞く

 

 

知ってた?”fortnight”の意味とその使い方【一言でtwo weeksを表現できちゃう】

彼女とどのぐらいの頻度で会うのか聞かれて…

ウィル
I see her once a fortnight.
彼女には2週間に1度会うよ。

 

日本に訪れる予定の外国の友人が…

アイヴァン
Do you know how much it costs to hire a car for a fortnight?
2週間車をレンタルするのにどのくらいかかるか知ってる?

 

フランスに旅行で訪れたと話す友人へどのくらい滞在したのか聞くと…

リョウ
I spent a fortnight in France.
フランスには2週間過ごしたよ。
ウィル
Cool. When did you come back from France by the way?
いいね。ところでフランスからはいつ帰ってきたの?
リョウ
A fortnight ago.
2週間前だよ。

 

いかがでしたでしょうか。fortnightで「2週間」という意味です。例文のように使う際は冠詞のaを言い忘れないようにしてください。発音は「フォートナイト」のようになります。two weeksの代わりとして使える表現です。fortnight自体はfourteen days and nightsから来たと言われています。また1週間 one weekを表す言葉としてsennightという単語もあります。こちらもseven days and nightsから来ています。一緒に覚えておくとよいでしょう。

それではfortnightとtwo weeksはどちらが一般的により使われるのかと言うと、それはやはりtwo weeksのほうがより一般的ですね。さらに具体的に言うと、アメリカでは比較的に古風な単語として扱われる一方でイギリスでは現在でも普通に使われています。fortnightはやはり一単語で表現できるので便利ですね。

two weeks(青)のほうが使用頻度は多い結果となりました

 

 

まとめ

two weeksという表現しか使ったことない方は、今回ご紹介したfortnightをぜひ会話で使ってみましょう。そのためにまずはレッスンや実践の場でアウトプットしていきましょう。

 

 

効率的にアウトプットする方法

RYO英会話ジムの業界トップのアウトプットトレーニングをすると、英語でのコミュニケーションが大幅に完全されます。理由は生徒さんの発言内容を講師がすべてドキュメントに瞬時に文字化して添削することで、何が不自然で間違えているのかが一目瞭然となります。さらにその後、講師からフィードバックをもらうことで改善へと繋げることが可能です。だから実践でも堂々と自信を持って話せるようになっていきます。プラスで音読トレーニングもレッスン外でやることで効果が倍増しますね。

サンプル画像

今すぐ業界トップのアウトプットトレーニングを体験してみたい方は無料トライアルページをご覧ください。

 

 

「日」に関連する記事

「再来週」の英語表現とその使い方【next next weekは間違い?】

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が知ってた?”fortnight”の意味とその使い方【一言でtwo weeksを表現できちゃう】でした。それではSee you around!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

/弊社のアピールポイント/
1.コーチング型ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出