無料から有料まで!英語でニュースが読める最強アプリ5選

こんばんは、リョウです。

今日は、僕が日本に帰ってきてから日課にしていることを共有したいと思います。

それは、英語でニュースを読むことです。

もちろん、スマホのアプリを使ってです。

スマホのアプリで見るメリットは、何と言っても、わからない単語を簡単にすぐ調べられることではないでしょうか。

スマホ自体に辞書機能がついているので、少し長押すれば、「調べる」というメニューがあります。

それをクリックすれば、英語と日本語で意味を閲覧することが可能です。

最高!

話を戻しますが、なぜ日課にしているかというと、英語に毎日触れる習慣を作ることと、国内または世界の情報を把握するためにやっています。

日本にいると英語は自然と聞こえてこない環境です。

なので、自分で作っていく必要があります。

でも、正直いうとチェックすること自体少々面倒になるときがあります(汗)

でも、1分でもいいから見るようにするんです。

なぜなら、習慣化にすると半自動的に英語に触れるようになるから。

習慣化するには、だいたい1ヶ月から3ヶ月かかると言われています。

なので、僕はそれを目安に毎日チェックするようにします。

今から紹介する5つのアプリは、僕がもっともオススメするものです。

無料から有料のものまで、レベル別で紹介していきます。

有料もいいけど、やっぱり無料がスキ(笑)

レベルに関しては、中級はTOEIC500〜、上級はTOEIC750〜からを目安にしていただけるといいです。

個人的には、1のNHK WORLDと2のBBC Newsは見まくってます。

今の所、世界の動きがよくわかってとても助かっています。

それでは、一つずつ参りましょう。

 

 

<無料アプリ>

1: NHK WORLD TV(中級〜上級)

NHK WORLD TV
NHK WORLD TV
開発元:NHK (Japan Broadcasting Corporation)
無料
posted withアプリーチ

 

日本人の方なら誰もが知っているNHKが提供している番組、NHK WORLD TVです。

朝は、テレビのほうで妻と見るのですが、それ以外の時間はアプリでも見ています。

海外にいたころから大変お世話になっていました。

海外で働く方にとっては、日本の状況をすばやく察知するのに、必須アプリでもあります。

日本に帰ってからは、もう見ないかなと思っていたんですが、逆に英語で日本を知るというのも新鮮で動画を視聴したり、記事を見続けています。

このアプリのいいところは、日本の視点で日本のニュースを中心にして、世界のニュースを見れるところですかね。

また、ライブ中継で確認することができるので、今の状況が即座にわかって大変便利です。

ただ、すべて英語で書かれており、残念ながら、日本語訳はありません。

ただ文法はシンプルなので、読みやすいです。

TOEIC600点ぐらいから挑戦しておきたい英語のニュースアプリです。

 

 

2: BBC News(上級)

BBC News
BBC News
開発元:BBC Worldwide
無料
posted withアプリーチ

BBCはイギリスのNHK版みたいなもので、イギリスでもっとも人気のあるニュースサイト。

実は、2015年にBBC日本語版もリリースしています。

が、しかしアプリでは英語版のみとなっています。

もし日本語版で見たい方は、サファリかクロムでブックマークもしくはホーム画面にアイコンを追加しておきましょう。

また、動画で見たい場合は、Youtubeの公式ページから見るのがオススメです。

オススメできるポイントとしては、視点が海外目線であることです。

たとえば、2018年6月28日に行われた日本対ホーランドのワールドカップの試合に関して、批判的な意見が書かれていました。

 

It was the “mind-boggling” finish to a game that “tainted” the World Cup.

 

意味は、「ワールドカップを汚すありえないゲームの終わり方だった。」のようになります。

ひどい!ひどい!

でも、日本は戦略的に一番スマートな方法をとったとも言えます。

というように、イギリスはどういう風に物事を見ているのかという外からの視点でニュースを見ることができます。

日本のニュースであれば、まずこんなことは書きませんからね(笑)

 

 

3: Japan Times(上級)

The Japan Times
The Japan Times
開発元:The Japan Times, Ltd.
無料
posted withアプリーチ

すでに知っていると思いますが、日本で一番古い英字新聞、Japan Timesです。

母がすでに新聞紙で購読していた!

120年ほど運営されています。

長いですねー。

こちらも、NHKと同じで日本のニュースから世界のニュースまで配信しています。

日本人だけでなく、日本に住む外国人の方にもよく読まれています。

実際に、僕の実家にきた外国人の方たちは、みんな読んでましたね。

電子版の英字新聞の購読もできるようになっています。

アプリの設定から購読の申し込みができるようになってます。

月に10記事までであれば、無料なので試しにトライしてみるのもありですね。

それ以降は、2プランで900円と3000円に分かれています。

電子版英字新聞のメリットは、紙面と同じ形で届くので、トピックの面積の大きさによってどれがどれだけ重要なのか一目でわかるところですね。

サイトだと、最新のニュースをどんどん上から順に配信されています。

正直どれがどれほど重要なのか、いまいちわからなかったりします。

Japan Timesを読みたいけど、難しい!という方は、英語学習者用のJapan Times alphaをオススメします。

学習者用のサイトなので、なんとうれしい和訳つきです。

TOEIC600点または英検2級レベルの方であれば、ストレスなくインプットできるような内容になっています。

無料会員登録をすると無制限で記事を読めるようになります。

さらに、有料になりますが、購読すると読者限定で英語学習コンテンツが利用できます。

紙面でご希望の場合は、The Japan Times STよりご覧ください。

 

 

<有料アプリ>

4: Wall Street Journal(上級)

The Wall Street Journal.
The Wall Street Journal.
開発元:Dow Jones & Company, Inc., publisher of The Wall Street Journal.
無料
posted withアプリーチ

アメリカでもっとも影響力のあるメディアとして3年連続選ばれたWall Street Jornalの電子版。

略して、WSJです。

さらに、報道や文学、作曲でアメリカでもっとも権威のある賞、ピューリッツァー賞をこれまでに36回受賞しています。

1889年に創刊され、世界最大の経済および金融の専門紙です。

世界のリーダーが愛用する経済紙としても有名なんです。

米大統領の最新情報から、世界情勢までまるわかりです。

WSJの強みは、FRB(日本でいう日銀)や、各国の中央銀行に関しての記事、IT業界の最新ニュースを知ることができます。

また、日本や英語、ヨーロッパ、そしてアジア版もあります。

僕も最近、購読し始めたんですが、ここで紹介している他のアプリには掲載されていないアメリカのニュースがたくさん載っています。

日本語版には、英訳つき。

始めは、英語でみて後で日本語で確認したり、またその逆もしたりして、英語学習に活用しています。

でも、思ったのが英語学習目的であれば、Japan TimesやBBCなどで十分です。

もし、外資系企業に勤めていたり、特にアメリカ支店との業務や欧米圏のお客さんのやりとりが多いという方は、一度購読してみるのはアリです。

いち早く情報を察知できるようになるはずです。

月額は2,260円です。

アプリからではなく、サイト直、ウォール・ストリート・ジャーナルからお申し込みすると夏限定で3ヶ月間100円で購読することができます。

世界的に有名な経済紙がこんな安く読めるのは、めちゃお得w

購読スタートすれば、アプリから見ることができます。

アメリカの情報をもっと詳しく知りたい方は、試しに3ヶ月100円で購読するのは、かなりコスパが高いです。

僕は、英語に触れることが目的というのもあるので、無料で十分でした。

なので、3ヶ月前に購読解約しちゃいました(残念)

ただ、テレビや無料ニュースサイトでは、しれないアメリカの情報がたくさん投稿されていて、

かなり勉強にはなりました。

そこは、さすがWSJ。

解約する場合は、サイトから直接メールではなく、電話のみになっています。

そのあたりは少し不便ですね。

電話では、登録したメールアドレスや名前、住所を聞かれるのみでした。

その後、解約手続き完了のメールで自動更新ストップといった感じ。

 

 

5: New York Times(有料)

The New York Times
The New York Times
開発元:The New York Times Company
無料
posted withアプリーチ

New York Timesは、紙面ではWSJの半分程度になりますが、アメリカでは代表する新聞社です。

通称、The Times。

WSJは、全国紙に対して、The Timesは、地方紙です。

こちらも、これまでにピューリッツァー賞を90回ほど受賞していて、高い評価を受けています。

アプリからは、カテゴリーが細かくされていて、自分がみたい記事をすぐに見つけることができます。

非常に便利。

 

こちらも、WSJと同じで、有料です。

アプリから、950円で読み放題をスタートできます。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

英語のニュースを1日3分でも読む習慣するだけで、1年後のあなたの英語力は全然違ってきますよ。

それでは、See you around!

 

 

リスニングを強化したいあたなにおすすめする、英語字幕ありの映画アプリ!

2018.02.25

実際に読み込んで役に立った英会話のためのおすすめ文法本4選!

2018.02.06

ご紹介、実際に試して効果のあった発音矯正にオススメのリスニング教材とアプリ全部で6選!

2018.02.04

友達にシェアして教えてあげる

RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中