3ヶ月で目標達成!講師とカウンセラーが全力サポート!

英語学習者必見!「Live」と「Alive」の違いと使い方をスッキリ解説

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/【代表】横田涼のプロフィール/
セブ&オーストラリアに留学し、7年間の海外勤務を経て、2019年にRYO英会話ジムを起業。

経歴:KLab株式会社で翻訳兼通訳者として勤務し、その後、Unhoop株式会社(大手英会話スクールhanaso)に転職。スタディサプリの有名講師、関正生さんと共同で自社メソッドを開発し、多くのヒット教材を制作。その後、講師やカウンセリングも担当。さらに株式会社Alueに転職し、三菱UFJやUNIQLOなどの大手日系企業向けに短期集中ビジネス英語研修を提供し、数百名以上の「英語が話せる日本人」を育成。

/RYO英会話ジムのアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 業界初!レッスン内で発言内容の可視化&添削
3. 目標レベルまで講師とコンサルタントで伴走
4. 英語コーチング業界最安値

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです英語において、「live」という単語は動詞、形容詞、そして「alive」としても使われます。これらの単語を正しく使いこなすことは、自然な英語表現を身につける鍵となります。今回は、それぞれの単語の使い方をわかりやすく解説していきましょう。それではまいりましょう。

 

 

動詞”live”の使い方

「動詞live」は非常に包括的で、幅広い意味で使われる単語です。この単語を使いこなすことで、生活、目的、感情、健康など、多岐にわたるテーマを表現することができます。

居住地

この用法では、「live」はある場所に住んでいることを表現します。一般的でよく使われる形です。

ウィル
I live in New York.
私はニューヨークに住んでいます。

 

スタローン
They live in a cozy little house by the beach.
彼らはビーチのそばの小さな居心地の良い家に住んでいます。

 

liveは進行形になる?

英語の動詞 “live” は、一般的に進行形になり得ます。例えば、「I am living in Tokyo」といった表現があります。しかし、”live” は状態を示す動詞であり、進行形にするときには文脈によります。

たとえば、「I live in Tokyo」という文は、単に現在の住所や生活状況を述べており、この文脈では進行形を使う必要がありません。

一方で、「I am living in Tokyo for a few months while I study Japanese」という文では、一時的な状況や特定の期間における行動を示しており、進行形が使われています。

要するに、「live」が進行形になるかどうかは、その動詞が表す状態や文脈に依存します。

経験や価値観

「live」は人生の目的や価値観、経験に焦点を当てるときにも使われます。これは、日常的な行動や選択に対する強調手段として利用されます。

マイク
She lives for the thrill of adventure.
彼女は冒険のスリルのために生きています。

 

リョウ
They believe in living a simple and meaningful life.
彼らはシンプルで意味のある生活を重視しています。

 

時間的な側面

「live」は経験やライフスタイルだけでなく、時間的な側面も含むことがあります。これは、ある期間を特定して表現する場合に使います。

マイク
I lived in Paris for three years.
私はパリに3年間住んでいました。

 

リョウ
They have lived happily together for decades.
彼らは何十年も幸せに暮らしています。

 

仕事や職業

「live」は仕事や職業にも関連しており、特に生計を立てる手段としての働き方を表現する際に使います。

マイク
He lives by working as a freelance photographer.
彼はフリーランスの写真家として生計を立てています。

 

ロバート
They live off the income from their small business.
彼らは小さなビジネスの収入で生計を立てています。

 

生存状態や健康

また、「動詞live」は生存状態や健康に関する表現にも使われます。これは、ある期間にわたって生存することや、健康な状態でいることを指します。

アイヴァン
The patient is struggling to live despite the illness.
その患者は病気にもかかわらず生きることに苦しんでいます。

 

マイク
Living a healthy lifestyle contributes to a longer life.
健康な生活を送ることは、より長い寿命に寄与します。

 

生きる意欲や目的

「動詞live」は生きる意欲や人生の目的を強調する場合にも使われます。ここでは、個々の人が何かのために生きる、あるいは何かを追求する様子を表現します。

ロバート
She lives for the happiness of her family.
彼女は家族の幸せのために生きています。

 

リョウ
They want to live a life filled with passion and adventure.
彼らは情熱と冒険に満ちた人生を送りたいと思っています。

 

感情

「動詞live」は経験や感情に焦点を当てる場合にも使われます。これは、特定の瞬間や期間において生きている感覚や感情を表現します。

マイク
Live in the present moment.
現在の瞬間を生きよ。

 

ロバート
They lived through challenging times with resilience.
彼らは強靭さを持って困難な時期を生き抜きました。

 

 

無料トライアル実施中

形容詞”living”の使い方

生活

リョウ
She has a comfortable living room.
彼女は快適なリビングルームがあります。

 

解説: ここでの “living” は「生活の」を指し、部屋が快適で日常的に使われる場所であることを示しています。

生命

イチローのドキュメンタリーをみていて…

マイク
Ichiro is a living legend.
イチローは生きる伝説だよ。

 

“live”と同じように”living”は形容詞で「生きている」という意味で使うことができます。例えば、”living organisms” は「生きている生物」を指し、池の中でバランスの取れた生態系を作り出しています。

 

 

名詞”living”の使い方

生活状態や生計

マイク
The cost of living in this city is high.
この都市での生活費は高いです。

 

“cost of living” は「生活費」を指し、その都市での生活の経済的な側面を示しています。

生きている人々

ロバート
The living need to respect the deceased.
生きている者たちは亡くなった者を尊重しなければならない。

 

“the living” は「生きている者たち」を指し、死者に対して敬意を払うべきであることを表現しています。

居住空間

リョウ
She found a cozy living for her family.
彼女は家族にとって快適な居住空間を見つけました。

 

ここでの “living” は「居住空間」を指し、彼女が家族のために居心地の良い場所を見つけたことを示しています。

生活の手段となる収入

ロバート
Fishing is their main source of living.
漁業は彼らの主な生計手段です。

 

“source of living” は「生計の手段」として、漁業が彼らの主な収入源であることを示しています。

 

 

形容詞”live”の使い方

形容詞 “live” は、通常、色彩やデザインに関して使われ、物事が活気にあふれ、生き生きとしている様子を強調します。この表現は、空間やデザインに生命感を与える際に使われます。動詞と違って、発音が「ライブ」となります。録音されたものではなく、実際現在起こっている生のものに対して、形容詞”live”は使われます。これは和製英語化しているので覚えやすいと思います。

ライブな雰囲気

リョウ
The concert had a live energy.
そのコンサートは生き生きとしたエネルギーがあった。

 

この表現では、「live」が「エネルギッシュで活気に満ちた」といったポジティブな雰囲気を表現しています。音楽やイベントなど、活気があり、観客を引き込むような雰囲気を指しています。

形容詞 “live” は通常、コンサートやイベントなどの現場で使用され、そこに生じる活気や興奮を表現します。この使い方は、ポジティブでエキサイティングな雰囲気を強調する際に適しています。

生き生きとした感じ

ロバート
The colors make the room feel more live.
色彩が部屋をより生き生きとさせる。

 

ここでは、「live」が色彩や環境に生気や活気をもたらす感覚を表現しています。色使いや雰囲気が、部屋をより鮮やかで活発に感じさせるという意味です。

これらの例文から分かるように、「形容詞 live」は主にポジティブで活気ある様子を表現するのに適しています。音楽や色彩、環境など、感覚的な要素に対して使われ、言葉を通じて生動感やエネルギーを伝える効果的な手段となります。

生き物

水族館や海洋生物展示などで、「live shark exhibit(生きているサメの展示)」というように使われることがあります。これは、訪れた人が実際に生きているサメを見ることができる場所を指します。

 

 

形容詞”alive”の使い方

「形容詞 alive」は、生きている、生命がある、存在しているといった意味を持ちます。「alive」は、生物だけでなく様々なコンセプトや状態にも使える柔軟な形容詞です。生命力や活気を表現する際に広く活用され、感情や物理的な状態を表すときにも使われます。

生命がある状態

ロバート
The flowers are still alive.
花はまだ生きています。

感情的な意味

リョウ
Winning the championship made her feel more alive than ever.
チャンピオンシップを勝ち取ることで、彼女はこれまで以上に生きているように感じた。

 

解説: “alive” はここで感情的な側面を表し、チャンピオンシップの勝利によって彼女がこれまで以上に生きているように感じたことを示しています。

物理的な生存状態

ロバート
After the accident, he was grateful to be alive.
事故の後、彼は生きていることに感謝した。

 

解説: “alive” はここで、物理的な生存状態を表し、事故の後に彼が生きていて感謝していたことを示しています。

活動的でエネルギッシュな意味

リョウ
She is an alive and dynamic speaker, captivating the audience with her energy.
彼女は生き生きとしたダイナミックなスピーカーであり、彼女のエネルギーで観客を引き込んでいます。

 

解説: “alive” はここでエネルギッシュで活動的な話し手を指し、彼女のエネルギーで観客を引き込んでいます。

形容詞”live”と”alive”の違い

「形容詞 live」は主にライブな出来事やエンターテイメントに関連して使われ、一方で「形容詞 alive」は生命や生存に焦点を当て、感情的な意味合いが強調されます。

 

 

関連する語彙

Vibrant (形容詞)

  • “The market is vibrant with colorful stalls.”
  • 「市場は色とりどりの屋台で賑わっています。」

Thrive (動詞)

  •  “In a supportive environment, plants thrive.”
  • 「支援的な環境では、植物は繁栄します。」

Resilient (形容詞)

  • “Despite setbacks, she remained resilient and optimistic.”
  • 「逆境にもかかわらず、彼女は強靭で楽観的でした。」

 

 

押さえておくべきポイント

文脈に注意

動詞、形容詞、形容動詞としての “live” は、文脈によって使い分けが必要です。適切な形を選ぶことが大切です。

同義語の違い

“Live” は “exist” とは異なり、より活気やエネルギーを含んでいます。

“Alive” の感情表現

“Alive” は物理的な生命だけでなく、感情や状態も表現できることに注意しましょう。

 

 

 

 

「住む」に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。「Live」と「Alive」の使い方を理解することは、より豊かな表現力を身につける一歩です。動詞の生活や経験、形容詞の活気ある雰囲気、そして「alive」の生命や感情をイメージしながら、自分の表現に取り入れてみましょう。これらの単語を使いこなすことで、より自然な英語スピーキングが可能になります。それではSee you around!

無料トライアル実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1の圧倒的なアウトプット量
・確実な方法で伸ばすレッスンフロー
・あなたのレベルに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた自信の講師陣
・課題を分析!期間内に目標レベルまで伴走

英語学習に行き詰まりを感じてたら、まずは無料コンサルテーションでプロに相談してみませんか?体験後には、現状の課題と改善策を記載したフィードバックメールをお送りしているので、ご検討の参考資料としてご利用いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

RYO英会話ジム