今日から使い分けれる!”marry”と”get married”、”be married”の違いと使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、使い分けが少々ややこしい”marry”と”get married”、そして”be marreid”について簡単にご紹介したいと思います。

この記事を読めば、さらに英語感覚が高まります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは会話を見てみよう

それでは、まずは先生たちの会話を見てみましょう!

  • marry
リョウ
Would you marry me?
僕と結婚してくれますか?
アイヴァン
Let me think about it… kidding! Yes, of course.
考えさせて。。って冗談だよ!うん、もちろん。

 

  • get married
マイク
Ryo and Ivan got married last August.
リョウとアイヴァンが去年の8月に結婚したんだ。
ナオミ
Yeah, I got surprised.
うん、驚いたよ。

 

  • be married to
スタローン
Are you married?
結婚してますか?
リョウ
Yes, I’m married. It’s been less than a year though.
はい、結婚してます。1年もたってませんが。

 

 

 

“marry someone”の意味と使い方

“marry”は後ろに目的語をおいて「〜と結婚する」という意味です。

“marry”はフォーマルな場面、目上の人やビジネスの場面で使います。

よくある文法の間違いパターンですが、”marry”のあとに前置詞をおいて、”I married with her.”や”He married to her.”のようには言いません。

 

 

“get married”の意味と使い方

“get”「手に入れる」という動詞の後ろに、形容詞または形容詞的な過去分詞をおいて、「〜になる」と表現することができます。

“get “という動作動詞からきていますが、”get married”という場合、「結婚していない状態」から「結婚している状態」への変化を表すときに使います。

そこからわかるように、”get married”で「結婚する」という意味です。”marry”と違って、カジュアルな場面で使われますので、友人や同僚との会話では、こちらを使う方が自然でしょう。

 

 

前置詞”to”や”in”でさらに具体的に

「〜と結婚しました」や「〜で結婚しました」のように表現したい場合は、前置詞”to”や”in”を使いましょう。

 

「〜と」と誰となのか聞きたい、または伝える場合は、前置詞”to”を使って、

マイク
He got married to Sara recently.
彼はサラと最近結婚したんだ。

 

 

 

“get married with”はダメ?

一般的には、前置詞”with”を使うのは間違いとされてきましたが、最近では、アメリカ英語として受け入れられています。

なので、個人的には”get marreid with”を使っても全然OKだと思います。

 

「〜で」とどこでなのか聞きたい、または伝えたい場合は、

マイク
I got married in Hawaii.
ハワイで結婚しました。

 

 

 

これから結婚するってときは、このフレーズ

もう結婚が決まっていて、例えば、3ヶ月後に式をあげるのが確定しているような状況であれば、確定した未来のことにも使える現在進行形で表現しましょう。

 

リョウ
You know what? I’m getting married
ねぇ、聞いて。結婚するんだ!
マイク
Are you kidding me? When?
冗談でしょ?いつ?

 

 

 

“be married”の意味と使い方

こちらは、”get married”とは違って、「変化」ではありません。

それが過去なのか、現在なのか未来なのかは、時制によって決まってきますが、「状態」を表します。

個人的には、日常生活の中では、”I was married.”や”I am married.”という2パターンがもっともよく使われるかと思います。

下のフレーズでどのように使うか紹介していますので、一緒に見てみましょう。

 

 

“Are you married or are you single?”はよく使うよ

これは、もう定型句として覚えるといいと思います。

相手を知る過程で必ず聞かれる、もしくは聞くフレーズです。

答え方はとしては、もうシンプルでいいと思います。

 

リョウ
I’m married. How about you?
結婚しています。あなたは?

 

 

 

リョウ
I’m single, but I was married before.
独身ですが、以前結婚していました。

 

 

 

女性によく聞かれるというわけではありませんが、挨拶の中で、僕はもうなんども聞かれてきました。

ただ単に答えるのもつまらなくなり、”Guess which one.”のようにジョークも踏まえて返事しています笑

 

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上が、”marry”と”get married”、そして”be married”の違いと使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。