ネイティブ英語!”let it go”の意味とその3つの使い方

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、ネイティブ英語!”let it go”の意味とその使い方についてお話します。

この記事を読めば、英語感覚がさらにアップします。

今回ご紹介するのが”let it go”のすべての意味ではありませんが、常にコアイメージから考えるとスムーズに意味を落とし込めると思います。

コアイメージは「それを自分のところから去るのを許す」といった感じです。

そのあたりをイメージしながら一つずつ見ていきましょう。

 

 

1. 気にしない

リョウ
Just let it go. Everything will be fine.
気にすんなって!どうにかなるよ。

 

日々の中で経験する心配ごとや嫌なことを気にせずに忘れるってときに「気にしない」という意味で使われます。

 

 

2. これ以上言わない

マイク
I don’t agree with all you said, but I’ll let it go.
あなたの発言にすべて同意できないけど、これ以上言わないよ。

 

自分の意見を主張しすぎず、あえて何も言わないほうがいいってときありますよね。

そういうときにも”let it go”を使うことができます。

 

 

3. 売る

ナオミ
Since the car is getting old, I decided to let it go.
車が古くなってきてるから、売ることにしたの。

 

最後は、”let it go”で自分のもや何かを売るという意味で使うこともできます。

またこの3つの意味以外にも「息を吐く」や「(動物を)放す」などという意味になることもあり、意味が多すぎて使いにくさを感じるかもしれませんが、大事なのはコアイメージを意識しながら聞いたり使ってみることです。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上が、ネイティブ英語!”let it go”の意味とその3つの使い方でした。

それでは、See you around!

 

 

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話ジム

/弊社のアピールポイント/
1.業界初ジム系オンラインスクール
2.月間30万アクセスの優良サイト
3.海外で通用する英語力が身につく
4.自信や自由を手に入れたい人を応援

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。