「アウトオブ」卒業!ネイティブの”out of”の発音が聞き取れないのはなぜ?

“out of 〜”は「〜の外」という意味です。学校では「アウトオブ」と習ったかと思いますが、実際ネイティブは違った発音の仕方をします。

 

まずは会話の音声を聞き取ってみましょう。

マイク
I have to go now. I’m out of here.
もう行かなきゃ。帰るね。
ロバート
All right. Take care.
わかった。気をつけてね。

 

 

 

 

ネイティブが普通に発音すると?

二パターン用意しましたがそれぞれ聞き取れましたか?

私たち日本人の感覚なら、そのまま「アウトオブ」と発音します。

しかし、ネイティブが自然に発音すると、「アウタブ」のようになります。

これは“out”“t”“of”がつながって、「タブ」のような音になっているのです。

こちらが1つ目の音声の発音です。

 

 

ネイティブが早口で発音すると?

そして、2つ目の音声で紹介しているのが、早口バージョンです。

早口になると、“of”の発音がさらに弱くなり、「アウタブ」「ブ」の音が消えて「アウタ」という発音になります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いかがでしたか?

この二つの発音の仕方をマスターして、実際にネイティブのように話してみましょう。

それでは、また会いましょう。

 

 

ご紹介、実際に試して効果のあった発音矯正にオススメのリスニング教材とアプリ全部で6選!

2018.02.04

ネイティブ発音のコツが分かる、RYO英会話教室のリエゾントップ記事6選!

2017.05.13

ネイティブ発音を身に着けるなら、必ず知っておきたいリエゾン3選!

2017.05.08
RYO英会話のニュースレターを購読してみませんか?

英語お役立ち情報から、海外で通用する本物の英語力を身につけてもらうために、必要な情報を配信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

RYO英会話教室

投稿者:RYO
KLab株式会社にて、翻訳兼通訳者として1年間勤務。オンライン英会話hanasoに転職。カスタマーサポートと翻訳業務の傍、hanasoメソッドを共同開発し数々のヒット教材を生み出す。仕事の幅を広げ、講師やカンセリングにも従事。ここで4年間勤務。
Alue株式会社に転職。大手日系企業20社以上に短期集中型ビジネス英語研修を提供。退職の半年前には部署のリーダーにも抜擢。現在は独立して、RYO英会話教室を運営中