「アウトオブ」卒業!ネイティブの”out of”の発音が聞き取れないのはなぜ?

コンサル x 体験レッスン実施中

コンサル x 体験レッスン実施中

こんにちは、リョウです。

今日は、”out of”の発音方法についてご紹介します。

この記事を読めば、ネイティブのように”out of”を発音することができるようになります。

それでは、まいりましょう。

 

 

まずは聞き取ってみよう

“out of 〜”は「〜の外」という意味です。学校では「アウトオブ」と習ったかと思いますが実際ネイティブは違った発音の仕方をします。まずは会話の音声を聞き取ってみましょう。

友人とカフェでお茶していて…

マイク
I have to go now. I’m out of here.
もう行かなきゃ。帰るね。
ロバート
All right. Take care.
わかった。気をつけてね。

 

 

 

 

ネイティブが普通に発音すると?

二パターン用意しましたがそれぞれ聞き取れましたか?私たち日本人の感覚なら、そのまま「アウトオブ」と発音します。

しかしネイティブが自然に発音すると「アウタブ」のようになります。これは“out”“t”“of”がつながって、「タブ」のような音になっているのです。こちらが1つ目の音声の発音です。

 

 

ネイティブが早口で発音すると?

そして、2つ目の音声で紹介しているのが、早口バージョンです。早口になると“of”の発音がさらに弱くなり「アウタブ」「ブ」の音が消えて「アウタ」という発音になります。

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この二つの発音の仕方をマスターして、実際にネイティブのように話してみましょう。

それでは、また会いましょう。

確認メッセージがご登録されたメールへ送信されます。確認メッセージ内の「購読を承諾する」リンクをクリックすると初めて配信可能となります。

2 件のコメント

    • 小泉洋一様
      コメントいただきありがとうございます。レベルによって伸ばし方が変わってくるのでもしご不明な点等ございましたらどうぞお気軽にご相談ください。

      それではよろしくお願いします。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    RYO英会話ジム

    /弊社のアピールポイント/
    1.業界初ジム系オンラインスクール
    2.月間30万アクセスの優良サイト
    3.海外で通用する英語力が身につく
    4.自信や自由を手に入れたい人を応援

    /代表RYOのプロフィール/
    セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
    株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoopに転職し自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す傍ら講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後すぐに部署リーダーとして大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を排出。