確実な成果を出すならRYO英会話ジム

野球界のレジェンド、イチローの英語力と公の場で話さない理由

こんにちはRYO英会話ジムのリョウです。今日は、つい最近現役を引退した野球界のレジェンド、イチローの英語力と公の場で話さない理由についてお話します。この記事を読めば、英語へモチベーションがさらに高まります。それでは、まいりましょう。

 

 

イチロー選手の英語力

基本的には通訳者を介してインタビューを受けるのがイチロー選手ですが、その中でも英語でインタビューをしている動画がありましたのでご紹介させていただきます。

ジョークも取れるイチローの英語

イントネーションは日本人の特徴が見られるものの、発音は非常にクリアです。ジョークを言う際の流れるような滑らかさは、まるでその場面を完璧に模倣しているかのようです。

通訳者を介しての英語インタビュー

こちらは優秀な通訳者アラン・ターナーさんを介してのインタビューです。

イチロー選手が出演したCM

アメリカで放送されたCMにイチロー選手が出ています。

公での最後のスピーチ

 

 

無料トライアル実施中

イチロー選手の英語力を評価してみる

レベル評価定義スコア換算
ステージ7どれかがD以下基本的に受け身の姿勢でよい関係性を構築するのは難しいけど自然なコミュニケーションはできるTOEIC600点〜800点
TOEFL60〜90点
IELTS5.5〜6点
CEFR B2
ステージ8すべてC以上所々でまだ消極的ではあるが必要最低限の関係構築や自己主張そして会話を多少はリードすることができる
ステージ9すべてB以上関係構築を意識して論理的に自己主張をしながらある程度会話全体をリードできるTOEIC800点〜990点
TOEFL90〜120点
IELTS6.5〜8点
CEFR B2/C1
ステージ10すべてA以上関係構築を常に意識して論理的に積極的な自己主張をしながらとてもスムーズに会話全体をリードできるTOEIC800点〜990点
TOEFL90〜120点
IELTS8〜9点
CEFR C2

動画の観察によれば、彼は英語のジョークを理解するレベルであり、高度な英語能力を持つだけでなく、アメリカ文化にも深く浸透しているようです。発音と聴解能力に関しては、所々にアメリカ訛りが見受けられますが、全体としては日本語の訛りやイントネーションが顕著です。

通訳を介したインタビューでは、稀に通訳者に確認を求める場面も見られますが、ほとんどは内容を理解しており、最終的な確認のために通訳者に頼っている様子がうかがえます。これは、ネイティブスピーカーの速度での会話にも対応可能な聴解力を示唆しています。

試合前のチームメンバーとの会話や雑談、さらに球団からの人間的な信頼と評価の高さを踏まえると、私たちのスピーキング能力レベル評価ではステージ9〜10に位置付けられるでしょう。

 

 

公の場で英語を話さない理由

多くの人が、イチロー選手が公の場で英語を話すことが少ないため、彼が英語を十分に話せないのではないかと考えているかもしれません。しかし、アメリカで18年以上過ごしてきた彼は、コミュニケーションを取る上で何の問題もない程度に英語を習得しています。

公に英語を話さない理由には複数の側面があります。一つには、イチロー選手というブランドの価値を守り、誤解を招く情報を避けるためです。また、彼のような著名な選手に対しては、わずかな発音の違いにも批判が寄せられることがあるため、優秀な通訳を雇用することが賢明だと考えられています。さらに、イチロー選手の日本語でのインタビューには、選び抜かれた表現や言い回しが見られることから、英語でのインタビューにおいても同じく高い水準を求める完璧主義者であることが伺えます。

「米国に行ってから、日本語の深さや美しさを自分なりに感じるようになり、日本語をきれいに話したいと思い始めた。日本語でも自分の感覚や思いを伝えることは困難だと感じている。それが外国語となれば、不可能に等しい。英語で苦労する以前に、僕は日本語で苦労している」

by イチロー

その場合当然ネイティブ以上の英語力が求められるので、本業が野球ですのでそこでわざわざストレスをかけたくないというのが心理でしょう。

英語と日本語の語彙量の違いは、言語を学ぶ上で重要な考慮点です。日常会話をこなすために必要な単語数は、英語では約3000単語ですが、表現力が豊かな日本語では約10000単語とされています。この差により、同一レベルの表現を達成するのは英語の場合、より挑戦的です。そのため、私は、英語でのコミュニケーションに対する過度のこだわりを持たず、もっと積極的に英語でインタビューを受けることを推奨します。このような努力は、アメリカの人々にも伝わり、文化間の距離感を縮める一助となるでしょう。

 

 

 

 

スポーツ選手の英語力に関連する記事

 

 


 

最後まで読んでいただきありがとうございます。以上が、野球界のレジェンド、イチローの英語力と公の場で話さない理由についてでした。それでは、See you around!

無料体験レッスン実施中

無料トライアル実施中

こんな方へ
・オンライン会議でうまく発言できない
・楽しいだけのレッスンで終わってしまう
・色んな学習を試したけど成長感がない
・アウトプットを今までやってこなかった
・言いたいことがうまく伝わらない
・込み入った会話になると話せない

こだわり抜いたレッスンスタイル
・業界No.1のアウトプット量
・確実に伸びるレッスンフロー
・ニーズに合わせた実践コース
・豊富な料金プラン(サブスク、短期など)
・選びに選び抜いた講師陣
・目標レベルまで伴走するコーチング

じっくりご検討いただけるように合わせて無料コンサルテーションのご提供と体験後にフィードバックメールをお送りしております。まずはお気軽にどうぞご相談ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています。プライバシーポリシー利用規約が適用されます

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

ABOUT US
アバター画像
RYO英会話ジム代表: 横田涼
/弊社のアピールポイント/
1. アウトプット専門オンラインスクールNo.1
2. 9割の方が英語レベルアップを実現
3. 最短で英語が話せる
4. コーチング業界最安値

/代表RYOのプロフィール/
セブ&オーストラリア留学→マニラ勤務→起業
株式会社KLabにて翻訳兼通訳者として勤務。株式会社Unhoop(大手英会話スクールhanaso)に転職してスタディサプリの有名講師関正生さん監修元、自社メソッドを共同開発し数々のヒット教材を送り出す。またその後講師やカンセリングにも従事。株式会社Alueへ転職後、三菱UFJやUNIQLOなど名だたる大手日系企業対象に短期集中ビジネス英語研修を提供し数百名以上の「英語が話せる日本人」を輩出
RYO英会話ジム